Female is closer.

I went shopping to Goodwill; da used clothing & house store along Burnside near PGE park. I got on streetcar & Max there in approximately 30min. It was pretty easy to find Goodwill. Da quality there was better than that of both Ross & Nordstrom. It was quite like that of Japan, taking me to da casher w/ three items. They are suits-shirts, leather bag and three-piece (inner).
I met Miu by chance at Fred Meyer and came home together. I wore whole items shortly. I went to show’em to Keiko, lol. Suddenly she laughed at me after telling her my new items. The real reason she laughed at me is she had no idea I wear’em rite now.

We went to eat Pad Thai after studying individually adding Misa. Now I’m writing down this. I’ll talk about human atmosphere in differences between male & female. As you know thr my talk one day, every animals has each atmosphere, or warning area. They may want to warn or escape inside or outside their area. The most interesting is the size of male is bigger than that of female. Thus most women talk and speak to others closer than men.

<訳文>
これから話す「男女の空間」は大学1年のときの「科学史・科学概論」の講義に基づく。
先日話したように、熊だけでなく人間にも、◎のような空間は存在する。考えてみてもらえば、分かるように、外の空間よりも外部(A)にいれば、ヒトは何もしない。つまり、その人の行動や言動に何の興味も持たない。ただし、異常な声、大声などはさすがに何らかの反応は示す。
もう一つ内側の空間(B)に入ってくれば、その人が知人ならば、声をかけ、挨拶をする。他人ならば、ぶつからないように配慮し、通り過ぎる。
一番内側の空間(C)に自分以外の人間が入ってきた場合、どのような行動をとるだろうか? 他人が顔から数インチの距離で話しかけてきたら、1歩、2歩後ずさりし、一定の距離を保とうとするはず。これが、知らず知らずのうちに、やっている動物の本能。

前にも言ったように、A・B・Cの距離には個人差がある。「男女」にも差がある。
一般的に「男の方が、女よりも距離が大きい」と言われている。女の子どうしが、話をしているところを見たことがあるだろうか。男の目からすれば、「くっつきすぎじゃない?」と違和感を抱くだろう。でも、その当事者や、他の女の子は「フツー」だよと言うだろう。この感覚の差が、「空間の差」。女の子の方が、危険を感じる空間が中心(自分)に近い。だから、危険を感じるギリギリまで他人を入れることが出来る。
ここで、教授は「デート」について述べた。
デートはご存知の通り、男女が2人で一緒の空間を共有する場。でもこの「空間の差」によってうまくいかない仕組みになっている。女の子はいつも通りに、男の子に対して、「女の子の距離」で話しかけているのに、男の子はちょっと嫌な気分になることがある。当然である。「女の子の距離」は男の子にとって、Cであるからだ。今にも逃げ出したいという気持ちは少なからずある。Bにいてくれれさえいれば、男の子も心地よいデートを続けることができる。

この「空間の差」は、本能だから完全に消えることはないが、「努力・我慢」によって多少の融通は利く。女の子が、CやBを広げようとするかもしれないし、反対に男の子が、狭めようとするかもしれない。
最後に教授が、「今度、女の子とデートして、空間の差を体験し、レポートを書きなさい。」←教授が学生の頃に、当時の先生に出された課題だったみたい。

今日の講義はここまで。デートは距離を考えて。Good Luck!!
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-10 16:14 | @Portland

<< One Film one week♪ Globalization a... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE