One Shot is Enough.

Howl’s Moving Castle reminds me of November 20, 2004. Who knows this secret? It’s my neighborhood. However, I’m not sure she remembers still. I’ll stop here. I want only this memory to appear on my weblog.

I watched this Japanese film, giving me da impression again. When I watched it in Japan before studying abroad here, I got da same feeling.

I went to Abercrombie & Fitch near Pioneer Square. Do u know? Actually, I knew yesterday where it is. It was da first time for me to see this word “Abercro” in Yusuke’s blog. I was surprised what a fashionable shop is. It reminds me of several shops in Shibuya/Daikanyama. In spite of Sunday afternoon there are few customers in that shop. I like that. I dislike that many people look for something in one shop. This situation always makes me hurry up. I wanna look for something I want for a while, no, for a long time. For da first time I enjoyed shopping in Portland, to be honest. I bought one basketball pans and V necked T-shirts. I’m gonna keep go there whenever I go shopping.

Something good is still going on. Spurs won Pistons in Game 5 at Detroit. Spurs would get da triumph of NBA Champion if they win once more game. Today’s hero was, absolutely, Robert Horry. His whole points were born after halftime. He scored the biggest three pointer w/ 5.9 seconds left of over time. That led da victory of Spurs, 96 – 95. I couldn’t believe my eyes. I jumped up in my room when he achieved. I’m looking forward to next Tuesday, Game 6 at San Antonio.

<訳文>
今日はホントに幸せな1日だった。誰にも会ってないけどさぁw。Spursが奇跡的に勝った。部屋で飛んだ!!Horryのあの1本のシュートが、試合を決めたんだもんね。ホントバスケって面白いです。

こっちでハウル見に行った。鑑賞者はほぼ大人。若者はいなかった。家族で見に来ているのも、ちらほら。やっぱり笑うところは笑うんだね。日本でも同じ!荒地の魔女が魔力を失ってよぼよぼになるの分かる?あのときにソフィーにかける声がほとんど笑いを誘うw。面白かった。日本では初日の初日、午前0時のオールナイトで見たんだけど、その時は上映が終わって「拍手」が起こることはなかった。日本の映画館でそんな瞬間に遭遇したことが、まだ一度もない。でもこっちではいきなり遭遇できた。感動した。

こっちの人は、純粋に笑い、純粋に涙し、純粋に拍手をささげると思う。こんなこといくらでも皮肉ることも出来るが、今はその行動が羨ましい。絶対に日本人に必要な感性だと思う。

キムタクが声優を担当した主人公ハウルは、USでは20年のキャリアをもつ人が担当した。正直おじさんだった。でも最後にはコレがUS版ハウルなんだなぁ~、って軽く洗脳されかかっていたw。声優と言えば、US版はソフィーを2人1役で演じていた。要するに、若いときの声と、おばあちゃんのときの声を担当する人を別々にしたってわけ。日本では倍賞千恵子が、一人で演じきったがWolt Disneyではこうした。2人で演じるのは一見正解のような気がするが、個人的な意見からすると、一人でやった方がいい!という印象。

というのもソフィーはすんごく繊細で、感情ひとつで年齢がコロコロと変わる。2つの年齢構成では表せない。だから一人が集中して、ソフィーを完全に理解し、自分ならこのときはこの年齢、でも次のシーンでは、恋していないからさっきよりもちょっと年をとらせて、といふうに演じることが出来る。そう考えると、初めダメだ!この声と思っていた倍賞千恵子の声も、洗脳で、「コレがソフィー」と認識することが出来る。

姉がハウルのDVDが出たら買って送ってくれるといので、今はそれが待ち遠しくて仕方ない。
[PR]

  by tkpsu | 2005-06-19 17:25 | @Portland

<< Mates are new. Ridiculous Time... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE