Forget Nothing.

I started my job hunting yesterday. Actually, I’m just making my resume as Riku taught me. I had no idea that I need to hand in resumes both in Japanese and in English. I thought it was enough to submit that in Japanese cuz Japan’s companies will join. Additionally, that kinda resume is completely different from that Japanese graduates submit to Jap companies. That’s da significant opportunity to learn about such a strategy of job hunting.

I planed to play hoops at 2 thru 4pm. I went to da gym and played for a while. I wanted keep playing b-ball, but my eyes hurt suddenly. I don’t know why. Fortunately, they don’t hurt now, giving me da feeling of relief. I stooped it to care them, going home. I’m sorry, Riku. I wanna play more.

I was back to PSU gym to watch da game sponsored by a radio station FM95.5. It cost $10-, although, it was not worth, I feel. In reality, I look forward to tmrrw baseball game at PGE Park at 2pm.

I was home again and asked Yusuke to go to da PSU field next to that gym. Da event was held by American Cancer Society. The theme is relay for life. We joined them at 10:00pm when we thought too late to close’em up. Besides, it was heavily rainy. It’s da first time for me to feel American regret/mourning for those who died by cancer. I’ve seen American enjoy/laugh every time since my coming here. However, I’ve never seen them feel those feelings. I had a holy experience tonight.

<訳文>
少女が泪を流している。泪は泪を誘い、悲しさを抱く。数人の少女が集まり、紙袋で作られ、ライトアップされたお墓に向かっている。その光る紙袋の数は、有に100を越していただろう。その紙袋には、Momや、Granpa、Dadの文字が並ぶ。彼女たちは、癌との闘病生活をしている子たちなのだろうか、それとも家族を癌で亡くした子たちなのだろうか。

肩を寄せ合って、泣いていた。そんな風に見えた。

ヒトが亡くなる。とても悲しい。でも、自分の身近なヒトが幸いにも元気なので、その感情を味わわずにいまのところ済んでいる。

それでも高1のときは、悲しかった。部活に入部したての頃だった。突然、監督が亡くなった。病状を、オレら選手に正確に伝えていなかったので、突然に感じたのだろう。現に、監督は、歳もそれなりにとっていらっしゃった。夏は、元気の塊だった。部活の指導を休んでまで、家族で海外旅行に行っていた。工作も好きだった。バスケの試合で、選手の交代やタイムアウトのときの宣告をする際に、オフィシャルが使うブザーがある。かなりデカい音が出る。ある日、監督が、作って持ってきた。今でもそれは学院で使われている。

東京の白山でしめやかに行われた告別式に、現役選手のほかに、歴代の教え子たちも足を運んだ。式の最後、霊柩車に運ばれているころ、OBの代表の方が、監督に最後のエールを送った。目から溢れる泪を我慢できなかった。

式の帰り、オレはひとりで家まで歩いて帰ることにした。監督の思い出が、走馬灯の如く蘇ってきた。また涙がこぼれる。

時間が経っても忘れてはいけないものが絶対にあると思う。人の記憶。薄れていく記憶に拍車をかけるように、人々がその記憶を他の人に伝えないでいると、その記憶も自然と薄れていく。今の学院の現役選手たちは、このブザーを誰が持ってきたのか知らない。これが当たり前だと思っている。だからオレは、あのとき流した泪を一生忘れない。そして後輩に伝えていく。それが今は亡き監督にたいしてすることが出来る唯一のことだと思うから。
c0073161_17433812.jpg

↑少女は毎年こうしてその人との記憶を忘れないだろう。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-08 17:41 | @Portland

<< Identity in For... Engage Myself i... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE