Right Way is Not Seen.

I chatted w/ a lady friend from University. I don’t know when the last time to talk to her is. Was that three months ago/more? She’s gonna study abroad to England this next month, anyway. I was taking the same English class last year. I met her there. Her major also is Economics, of course. I remembered her English was pretty good. Now that she’s quite busy for finals in Waseda. I hope she achieved the success in England.

I got outside Epler in order to study at the library. Un-/Fortunately, I met Riku, and he asked me to go to Broadway, one of on-campus dorms. It’s the second time to be there. Anyway, I researched about Boston Career Forum at Broadway. Especially, I’m searching where to stay for three/four nights. As u know, it’s hard to look for the cheaper, nearer, and more comfortable hotel. Riku keeps his job hunting w/ no care while my researching. I stayed there from 6 to 9:30pm.

After that I met one businessperson by Riku’s invitation, who is working at NIKE Japan here, whose name is Marcus. The Bilingual speaker, 31, arrived at Bush Garden located in downtown. We were there before his arrival at 10:00pm. Our chat like an interview was two hours long. Although he is American-Japanese and so he can speak Japanese very well, he spoke briefly English. It was not hard to listen/understand, so I could ask smth I wanna quest, my question was in Japanese, though.

After all let me think about what the job hunting is. Marcus gave us the advice: “Don’t run fast. Take it easy.” I wanna be like him. That’s the business person I’m very proud of. Such a perfect man has a memorable dream, going his way w/ no look at all. He thinks the family is significant in a life. So do I.

<訳文>
初めて就活らしいことをした。たぶん今夜のは、OB/OG訪問に分類されるだろう。NIKE Japanに入社し、駐在員として現在ポートランドで勤めている。勤めるといっても、そのクラスがすごい。USのNIKE(本社はBeaverton)はそもそもPresidentが2人いる。一般的に言われる社長と、デザイン専門の社長。NIKEは、スポーツメーカーの大手。そのデザインやコンセプトで、お客さんのニーズに応え、シェアーを増やしていく。シューズ、パンツ、シャツ、サングラス、キャップ、リストバンドなど【デザイン】命の商品しか扱わない。この社長2人体制は、デザインの重要性を示唆している。

今夜お話をしていただいたマーカスさんは、オレらと同じくらいの歳のときに、コンピュータ関係の企業で、プログラミングの仕事に精を出していた。そんなある日NIKEからのオファー、いわゆる引き抜きがあった。それが縁で、現在のデザインマネージャーの彼がいるわけです。

どんな毎日を送っているのかというと、週に3日はゴルフしているらしいです。風邪ですと小学生並みのウソで偽り、会社を休んでまで、自宅でドラクエをしていたときもあった。自分の好きなことを好きな時にして、お金をもらえることほど幸せなことはない。これだけの紹介では、マーカスさんがただのサボリ社員だと誤解されるかもしれない。ルックスも、普段日本と違ってスーツを着ることもないので、成田空港で、NIKEの社長を国内を案内するときに、空港職員から疑いの目で見られ、困ったというエピソードもあったほど。

だが、デザインや、日本人トップデザイナーとのコネの話になると、目の色が変わる。31歳という若さで、人脈はすでに幅広く深い。ナイキジャパンは、原宿の人々を今世代・次世代のターゲットにしているため、原宿などのファッションの発信地にも目を配る必要がある。日本のファッション雑誌の裏話や、吉田カバンの偉大さなどで話は盛り上がった。というか止まらない。

(中略)

最後にリクが、就活する若人たちへ何かアドバイスくださいって頼んだ。
焦っちゃダメ
これをしきりに言っていた。確かに今オレらは焦っているのかもしれない。焦らなければいけない。就活の期間は限られているから。それでも、妥協で決めた会社の内定をもらって、自分のやりたいものとはかけ離れた職に就くことだけは、してほしくないと言いたかったのだろう。オレも自分の人生自分の好きなように決めたいと思う、決して焦らずに。

*以上の内容は、今夜の会談をもとにしており、拙い英語力で理解したため、実際とは内容が異なる可能性があります。そんなことはないけど、ご了承ください。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-11 09:59 | @Portland

<< Only One Camp. Something Scary... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE