I Don’t Want You To Forget.

I got up early at 7am caz I play 3 on 3 @Rose Garden. Unfortunately, Non, Japanese, one of members, was late lol, missing da game that we lost, 5 for 16. I noticed that our practice was quite short. Talking about myself, as it was da first time for me to play outside on a hard court, I couldn’t fit da game. As it was too sunny to make a shot, I couldn’t fit da game. To be honest, that’s my poor excuse.

Our mind was changing at a higher speed by da 2nd game. The first started at 9:30am, and the second did at 11:30am. We discussed what to do next. We conclude that all we have to do is a triumph. Our next opposing team won da 1st game. I have no time to care about it. Non came, played and scored 10 of 16 we need to win. I netted a big 2-point shot from arc cuz nobody can score 3-point shot in the rule of Street Jam, leading us to 1st victory.

We thought we passed da qualification after winning the 3rd game. That was our biggest misunderstanding. I can’t concentrate any more. Da score is 10 to 12, 2 down. We didn’t catch up w/ them. Da limited time, 15 minutes, was over. We lost it, 13 to 15. We went home w/ feeling disappointed.

We had a party for Clint who is gonna to work in Japan as well as Dan. It was held at Bush Garden at 10:00pm. At first, there were several friends of Clint from da same high school: Michael, Bro, Cameron, Clint’s younger sister. Japanese crews were late, but I can listen about their high school life. It was fun. An’ then his best friends arrived: James and Kyle.

Finally, I gifted him a postcard saying that I don’t want you to forget smth important, such as Portland, friends and parents who have supported, and why u r in Japan.

Good Luck, Clint !!

<訳文>
昨日に引き続き【 感動経験 】。今日は中学校時代。

相変わらず学校行事好きだったオレは、自慢の運動神経をそのまんま運動会にぶつけていた。100m走、200m走、リレー、クラス対抗応援合戦、組体操、ダンス、大百足、障害物競走と競技は盛んだった。3年生にもなると、だいたいの流れが分かっているせいか、盛り上がる場所も知っていて、楽しい1日を過ごした。A、B、Cと学年に3クラスしかない中で、優勝争いをしていた。

運動会には何故かリハーサル、予行なるものがあって、本番さながらの熾烈な争いを演じていた。当日と違うのはタダ保護者、父兄がいないだけだった。各競技の点数もきっちり集計して、予行での優勝チームもちゃんと決める。その日に勝っても、当日奇しくも負けるクラスはあった。その逆も。

オレら3年A組は、その奇跡を起こそうとしていた。優勝の鍵は、オレが出場した男子400mリレーにかかっていた。予行では、あっさり1位を獲得していた。それが今考えると誤算だったのかもしれない。このレースで1位を取れば、優勝が我々の手の中に。という状況。

本番は、何が起こるか分からない。4人で構成されるチームのうち、2人が連続してバトンゾーンで転倒した。でもオレらは、きっちりルール(バトンを落とした時に、前走者が必ず次走者に自らの手で手渡さなければならない)を守り、アンカーのオレにバトンがまわってきた。結果は、4位。そこまで、もうそこまで手が届いていた優勝の2文字があっさり2つの大きな翼を羽ばたかせ飛んでいってしまった。悔しかった。泣きたかった。でも恰好悪いから泣けなかった。

運動会直後の学活で、担任の工藤先生がこうコメントしてくれた。「先生嬉しかった。すごいと思った。さすが3年生になるとルールもきっちり守って、完走できるんだね。それがすごく嬉しかったよ。」って。それで、その時の悔しさは消え、満足感が心を満たした。そして今でも覚えている。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-23 03:32 | @Portland

<< Let Me Be In Eu... Unforgettable Day. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE