Let Me Be In Europe.

It was a certain miracle to get up at 8am. That’s cuz we have to get to Rose Garden, even though we can’t play any more today. Since da enemy didn’t show up, we got an easy win, but we have no playoffs. Thus I was rite back home cuz I need to sleep more. After saying good-bye to crews, I left there to get #8 bus for PSU. Fortunately, I got early on it. It was at 10:10am that I was home again.

I go immediately to bed. In the reality, da party ended up by 2:30am, preventing me from sleeping. Accidentally, I got up at 8:00am, lol. I got a deep sleep. It was when Dan announced me a victory at a high voice that I was awake again. He said that we had one more game in playoffs. The reason is a team who will go to playoffs didn’t show up Sunday. That’s why da opportunity faced us. However, as I mentioned, cuz I was at home, I didn’t meet guys. I thought they guys couldn’t beat an enemy, I’m sorry.

I stayed at Broadway from 4 to 9pm during their game, a semifinal of our tournament. I think about Europe Journey. As a result, I bought Eurailpass Youth whose durations are 15 days, and cost is $ 382, excluding shipping. I’ll stay at Europe from Sep 2 to 21. Yet, this duration is fine cuz I plan to stay at Paris for 6 days. I mean, between 2 and 21 do I travel other places: Mont-Saint-Michel and its Bay in France, Amsterdam in Netherlands, Naples, Rome, Florence, Venice and Milan in Italy, Barcelona in Spain.

I typed a research paper in 6 pages, at last.

<訳文>
さて今日の【 感動経験 】は、高校時代。
オレの高校生活は、綺麗に2つに分かれる。部活の2年3ヶ月と残りの9ヶ月。ホントに沢山の感動があったけど、今回は部活の感動エピソードをどうぞ。

あれは確か2年生のある練習試合に起きた。先輩がいなくて、後輩と喜んでいたからきっと2年生のころだと思う。しかもジャージなどのウォームアップ用の厚手のジャージは持っていなかったはずなので、あれは夏かそこら。その舞台は、東京は北区駒込、聖学院高等学校。綺麗な学校です、うちのオンボロ校舎(←その昔どこかの団体から校舎を丸ごと買ったそうな・・・)とは大違い。校庭では高校球児たちが汗を流していた。

練習試合といってもやはりスタメンが試合のスターターとして主に出場する。当時も、その後もずっとスタメンにはなれなかった。というのも大の親友、恭介が抜群のセンスを誇っていたから。彼のセンスにいち早く気づいたのは、やはり赤さん(故・監督)だった。1年生のときから頭角を現し、たびたび公式戦に出場していた。

その恭介がケガか何かでその日試合に出ていなかった。そんな時に転がり込んできたチャンス。結果から言えば、「モノにした!」もっと正確に言えば、その日だけモノにした。その日のある試合に出場していたオレは、そのチャンスをずっと窺っていた。何点負けていたかは、定かではないがあと1ショットで、チームが勝てる瞬間だった。残り時間わずか数秒。最後の攻撃。

左コーナーで、パスをもらったオレは、シュートフェイクで焦る相手を一人かわして、落ち着いてボールを放つ。ブザーと共にチームメイトと抱き合って喜んだのを覚えている。単なる練習試合のひとつなのにね。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-24 07:01 | @Portland

<< Tomato Soup I C... I Don’t Want Yo... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE