Analog and Digital Country.

I got up early at 7:30am. I went punctually to da class, MGMT 407, 1 cre. It is 8-hour long, lol. Its title is Doing Business in Post-WTO China. What I learned here were China’s bank system, political system, a currency revaluation, incentives, obstacles, etc. To my surprise, there are some cups of coffee, water, and juice, and cookies, muffins, yogurts, and bananas. Instructors are getting them ready, though we pay for $5- as tuition.

This long run lecture was divided by several parts of each theme. Thus I didn’t feel how longer it is than I expected. During lectures they showed us some pictures of Shanghai China. I was impressed w/ what a beautiful/advanced city is. China including Shanghai has increased rapidly its GDP in the last 10 yrs. GDP growth rates are always higher than that if Japan: avg. 8 % to 3 %, I guess. However, China are very concerned w/ da slowly-increasing populations. Da teacher, Chinese, also said no increasing population, no Chinese life.

In my opinion, though it is not true, China has da big gulf btwn urban, suburb and countryside. Specifically speaking, da education environment, da lifestyle and da living status are completely different. I have no image in Japan. Every boys and girls are going to an elementary school which has enough amenities/facilities. In my school, every class rooms had TVs each.

It is crucial to care about GDP; however, you must not forget how all citizens are going.

<訳文>
【 楽しかった経験 】続きですがなぁ。
ドライバーは、優先して先に寝かされたにもかかわらず、みんな寝起きはバッラバラだった。朝露天風呂に行ったのだが、脱衣所から風呂までのあの寒さ、あの光景、蛙の石造があったの、忘れません。ほんで、みんな仲良く、朝食

「いただきまぁすっ!」

小学校時代のお泊り教室でお馴染みのあれをやったw。雰囲気は美味しかったのだが、味はね・・・

ってことで今日は、ムダに富士山を目指すことにした。修善寺にいるだけで自然と富士山と対面する。どれだけ離れているとも把握しないまま出発した。この日は、朝運転した覚えがある。目前にそびえる富士を目指し、一行は北上した。幸いにも、渋滞もなくただただ続く広い道を信号に邪魔されながらも進んでいった。が、無計画の一番悪いことが起きた。こっちからじゃ、富士山に登れない。・・・・・。ご存知富士山は10合に分かれ、半分までは舗装された道のおかげで、クルマで行けるはずだった。それはどうやら静岡から、西側から富士山の頂上に向かっていけば、到着できたのだが、オレらが選んだ道は、よく言ってもだった。

ってことで諦めた。昼をどこで食べたのか覚えてない。怪しげな休憩所だったろうか。結局何もしないまま旅館に戻った。

ぁっ、富士山を目指す前に、ムダにテーマパーク目指したんだった。旅館の人に言われて「行ってみたらぁ~」とそそのかされたのが始まり。いざ到着してみても、ドでかい駐車場に、クルマはわずかに手で数えられるほど。人気がない上に、高かったので、巨大迷路に少し惹かれたが、諦めた。そして始まったのが、「ドリフト大会」。レオのハンドルさばきがハンパなかった。姉貴のと言っていたプジョーをクルクルと乗りこなし、耳にすさまじい音を残していった。その帰り道に、ふと富士山が目に留まり、上記のノリになったわけ。

3日目はまた明日ね。沢山読むのめんどくさいしね(@^0^@)
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-30 16:46 | @Portland

<< Yell and Yell a... Dream Atmospher... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE