Wondering Milan.

ESL was too boring that all we did was the correction of a grammar: article and preposition. Additionally, Glen handed us one piece of paper, saying to pay another $168- for insurance. Joining this insurance is one of PSU rules for international students. An’ then I received an in-class essay whose score is 83 of 100. It’s not good.

Before going home I visited East Hall to confirm whether I need another travel signature or not. Finally, I didn’t need any more. After that I went to Housing Office to pay for two months, August and September. It cost totally $1180-(too expensive). When I was home, I cooked a lunch and took a nap. I planed to play hoops at 4 pm, but since nobody r playing, I can’t do that.

After I was back home, next I wanna do is book a hostel in NY, France, Italy, Netherlands, and Spain. In reality, it was only a hostel in NY that I booked w/ internet today. I picked up where to stay by searching a map around each hostel and calculating how far it is from the nearest station.

To my surprise, Milan has few hostels, making me concerned w/ it. A lot of expensive hotels are there. I was an unhappy man cuz I can’t find only one-night hostel, Sep 15th. I’m gonna get on a train to Barcelona, Spain via Milan. There I’ll meet one best friend of mine, Sugita who will study abroad to Valencia University from September 26th. In addition to him, I look forward to Sagrada Familia.

<訳文>
【 楽しかった経験 】~大学篇~というか、去年のX'mas篇でぇ~す。
簡単に言うと、男5人で伊豆温泉旅行行ってきました。

時は、当然2004年の12月24&25日。直前まで彼女と過ごすはずだった友達も何故か参加し、車は爆笑の渦に。お昼過ぎに吉祥寺に集合した俺らは、たらたらと出発。「まぁ、間に合うべぇ」、「急いでもなんだしね。」など思いを抱きながら、246に乗るために、井の頭通り、環8?、環7?を右折をした。のんびり大学2年生たちは高速を使わない決断をした。

案の定、渋滞にどっぷりでした・・・。青葉区突入も、夕焼けに向かいながら走るクルマの中で、B'zを流し、哀愁漂わせながら、叫びながらこれから始まる旅を期待していた。厚木を通過し、「海を見よう」ってことで、平塚、湘南方面へ。メンバーは、オレ、K山、A井、K田、I上。学院卒が4人を占める仲のイイメンバーに、大学で知り合ったI上が加わった。

ホテル到着予定は、5時だった。でもその時、全道のりの半分といったところだった。クルマの中で、何度ホテルに電話したことか。というのも、夜7時までに着かないと、夕食を下げられると告げられたからだ。オレらの必死の説得が実り、1時間延長してもらうことに。それでも夜8時というのは、温泉組合及び保健所で定められたことらしい。ってことで、ホントに急いだ。法廷速度内でね。

オレらは土壇場に強い」、「やればできるんだよ」と励まし合いながら、雄たけびを上げながら進んだ。ただ前だけを見て。ホテルに駆け込んだのは、丁度8時だった。急いで部屋に行き、食事が運ばれてくるのと同時に、「美味しいッス」、「最高っす」と仲居さんにお世辞を浴びせまくったw。その後の酒も、楽しんだ。

続きは、明日。
[PR]

  by tkpsu | 2005-08-01 10:33 | @Portland

<< Home Work is Ou... Yell and Yell a... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE