Home Work is Outside Home.

I had Glen correct my 2nd rough draft of the research paper. At Waseda Oregon I paid $168 as cash for insurance before my conference. I’m really really concerned w/ w/drawing cash from my checking account. That’s because I’m gonna use it in Europe, too.

First of all, Wells Fargo bank account is the heart of a journey. As everybody use, it is possible to w/draw outside US, I mean, to get Euro from ATM. I worry about the shortage of money in Europe, even if I’ll pay w/ a credit card as much as possible. Nobody knows how much to spend money during a long trip. That’s the biggest reason.

BTW,
As time is getting close to Final Week, students come to be declined. I have no idea about that, but I can say it’s gonna be in Waseda. I mean, most Waseda students are not present. Why? Because da class is boring. However, I’ve never been absent intentionally cuz I thank parents to pay an expensive school fee.

I went to Broadway at 7pm after renewing my weblog. What I did there is just to start writing a research paper of FIN 301. I need 10 pages long. It is a trading strategy project we called. I chose two of trading strategies in the stock market: a Following News and an expectation. I use virtual money to buy/sell stocks, $1,000,000. Companies I traded are Maytag, Nike, IBM, Ford, etc.

<訳文>
c0073161_7503865.jpg

これが初日の車の様子。

さぁて、X'mas旅行初日の夜です。まぁ、母親には、「みんなモテにあのねぇ~」などとバカにされたば、知ったこっちゃないw。現にいい思い出になったんだから♪

夕食を終えたオレらは、仲良く露天風呂に向かった。そこは、絶景。しかも他の宿泊客もいないし、のぉ~んびり疲れを癒していた。叫んだりした。「彼女と来たいなぁ~」などとみんな声をそろえていた。一段落したあと、酒を買いに行った。ホテルから、500mほどあるいたところにセブンがあり、1万円ほど購入。5人で抱えるほどの量でした。さぁ~て、飲むぞぉっと気合を入れながら、はしゃぎながら帰っていると、そこには信じられない光景が。

「あれっ、電気付いてなくねぇ~?!?!」

そう、軽く100近くあるホテルの部屋のうち、明かりがついていたのは、わずか4つ・・・。びっくりしたというか、呆れて笑ったね。このホテルに、あまり客がいないと知ると、もう酒が入るやいなや、騒ぎたい放題。深夜0時に、罰ゲームで、フロントに、仲居さんを呼んでくる羽目になったオレは、潔く試みた。フロントの人は、冷静に、「もう帰りました。」と応えた。「ぁっ、そうですか。」と言葉を残し、その場をそそくさと後にした。恥ずかしかったぁ~。

元カノの話や、別れ話、来年のX'masの話と、会話は尽きなかったが、酒の力によって次々に人が減っていった。オレも死んだうちの一人。なんとか、3時くらいに復活し、早朝に香山と露天に浸かりに行くことになった。そいつは、将来のことを真剣に悩んでいて、でも普段はバカしてて、何を考えているのか、普段の生活からじゃ把握できない難しいヤツ。いろんな話をした。ヨーロッパでのんびり過ごせるような老後がいい、とか、オレらで会社作らない?とか、お前(オレ)の下で働かせてよ、とか朝5時を思わせない滑舌の良さだった。

これが初夜のお話。続きはまた今度。
[PR]

  by tkpsu | 2005-08-02 07:49 | @Portland

<< Europe Journey ... Wondering Milan. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE