Discovered What I Missed.

It was at 8pm that I got into da gym. I saw 8 students on the far court. I felt that we needed another. Whenz the last time? I don’t remember that, but around the end of July. It is the first time for me to take such a long break. To be honest, I can’t bear that any more. I gotta face the fact that there are few days to stay here in this quarter.

Riku, who stayed at Broadway together, came here. We got ten. Now is the time for hoops. I really really wanna play b-ball. Actually, although we were playing on the smaller court than an official, I got pretty exhausted as well as Riku. I thought I needed to rebuild up my ability/stamina rite before next play.

As I mentioned, this term is the beginning of the year, thus the schedule of any sports is completely full. Yet, I think I can play next Sunday like tonite. I have only 5 more Sunday left before going home. I’d like to play w/ American as many times as possible before doing w/ Whynot members.





今日のテーマは、【 女田臥。 】
田臥選手が能代工業高校時代に、高校生初となる日本代表入りとしたのは真実。

今回取り上げたいのは、その偉業を現代バスケの中で、しかも女子選手が成し遂げたニュース(←現JOMOサンフラワーズ(前ジャパンエナジー)、元桜花学園のエース大神雄子選手が学生時代にロスター入りしたかもしれません)。

彼女の名は【 吉田亜沙美(よしだあさみ) 】
高校は東京成徳大高校。
身長は165cmのPG/SG。
1年生の頃から全国の舞台を経験し、
3年生になった今年は、インターハイ、国体、ウィンターカップの3冠(←ちなみに田臥は3年連続3冠の計9冠)をねらっている。つい先日2冠目達成。
彼女の最大の武器である得点力は田臥以上の評価。
ハンドリングも高校界ではズバ抜けている。

そんな未来の女子バスケットボール界を背負う彼女に期待したい。

吉田選手の高校時代の成績ダイジェスト
【2003】
インターハイ:
優勝 桜花学園(愛知) 2位 東京成徳(東京)
国体:
優勝 愛知(桜花学園) 2位 東京
ウィンターカップ:
優勝 桜花学園      2位 東京成徳

【2004】
インターハイ:
優勝 桜花学園(愛知)  2位 東京成徳(東京)
国体:
優勝 福岡          ベスト8 東京
ウィンターカップ:
優勝 県立金沢総合(石川) 1回戦敗退 東京成徳

【2005】
インターハイ:
優勝 東京成徳 2位 慶誠(熊本)
国体:
優勝 東京   2位 福岡
ウィンターカップ:
2005年12月24~30日

現時点で2冠。(←田臥の偉大さがにじみ出る)

[PR]

  by tkpsu | 2005-10-30 16:54 | @Portland

<< Originally Tric... Own World of Ac... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE