*最初で最高!!*


シーズン開幕戦にして、最高に白熱した試合だった。

可愛そうなことに、TV中継したTNTのスタッフは思わぬ残業に笑いを隠せなかった。
TNTは解説者に、MJと人気を博したチャールズ・バークレーに加え、昨年引退したNBAのレジェンド、レジー・ミラーを新人解説者に迎えた。彼にとってのデビュー日の収録は、深夜2時から始まった。

というのも、USの時差は東と西では3時間も違いがあるため、2度のOTを繰り広げたPHX-DAL戦とは、不運にも3時間の時差があったからだ。
当然、TNT曲は東海岸に構えており、試合の中継が終わるのをスタジオでずっとモニターを通して覗いている。

ゲームの展開は、サンズの圧勝に思えた。4Q残り6分で17点差あったら、誰しもそう思うだろう。そこからDノヴィツキー&Jテリーの活躍で、逆転に成功。昨年度MVPSナッシュのFTで終了間際に追いつき、OTになんとか突入。

1OT残り36秒でサンズが101-96でリード。ここでも勝ちを確信したかもしれない。が、まだまだ終わらなかった。3Pシュート成功の後、残り3秒からのプレーでJテリーがブザービータ。2OTにこぎつけた。

2OT残り2分を切って、得点がダラス2点リードで拮抗。再三あった逆転3Pのチャンスもサンズは逃し、望みをつないだナッシュのブザービータもリムに嫌われ長い長い試合が終わった。

これだからバスケは面白い。



最後に、TNTのアナウンサーが「(シーズン全82試合あり)残り81試合もあるのにねぇ~」と苦笑い。

DLA111-108PHX(2OT)



[PR]

  by tkpsu | 2005-11-01 16:11 | @Portland

<< I couldn’t beli... *ツキがきてます。* >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE