見えない部分の素晴らしさ

昨夜のカンブリヤ宮殿(テレ東系)は元・体育教師の原田氏を招いての熱弁であった。
中学の陸上部を日本一にするという無理な目標をわずか3年間で実現できたのは、「目標シート」があったからだ。そこには、最高の目標、中間の目標、今できる目標を記す。一日一日達成できる会談を自ら設定し、その手段も考えさせる。少し会談を踏み外したら、修正したり、別の会談を案内する。

このシートの最大の特徴は、「家庭」という欄があること。学校で陸上の練習をするほか、家でも家事、選択、掃除等を率先して手伝うことを意識させているのだ。当然、コーチにしてみれば見えない部分である。これがいかに大事かは、やってみた者にしかわからない。


寡黙である事は私の美学である。


こう胸を張って言える時分が来るのだろうか。
[PR]

  by tkpsu | 2006-06-06 11:19 | @Japan

<< 4男 毎日バスケのことを考えている >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE