新チーム2日目

これから学院へ行った日には毎回メニューとその日の状況を記して行きたいと思う。

新チームになって2日目。
キャプテン・原◎
副キャプテン・◎里口
に決まり、1,2年生30人ちょっとで再スタートした。
オレなりの解釈だが、新チームの課題を挙げたい。
①チームの底上げ。
昨年のチームの主体が2年生だっただけに、今まで練習相手となっていた3年生は引退し、これからは2年生どうしで練習しなければならない。となると、上手くなるには底上げが必須となる。
②声という習慣。
これは以前伝えたことだが、大学生と違い、高校生は言われ続けないとやらない。自立と強制の狭間に生きているのだ。だから耳にタコが出来るほどこれから言い聞かせたいと思う。
③コート外の生活
要するにスポーツマンである前に、立派な人間であれってこと。挨拶や掃除、食器洗いなどの家事手伝いを自発的にやってみてもらいたい。
④バスケットボールノート
今何のための練習なんだろうって意識できると思う。練習内容をノートに正確に記すことで自分でちゃんと理解できていることが分かり、同時にその練習のポイントがたまに見えてくる。これも習慣付けだから毎日やってほしい。

バスケットはよく「Habit game」と言われる。練習で習慣付けたことしか試合では発揮されないというのだ。当たり前だ。だから普段の練習の一つひとつ、一分一秒が貴重なのだ。
高校生は常にサボりたがる。正直オレもそうだった。だから確固たる監督が傍らにいることで必然と練習中に緊張感を持たせていた。
【 激楽賢 】という言葉がある。これは東京の強豪校・都立駒場の横断幕に書いてある件だ。バスケットとは、激しく、時に楽しく、常に頭を使うスポーツであることを明確に表している。これを学院生にも分かってもらえるように指導していきたいものだ。

明日で3日目だ。新チームからプロテイン投与が始まった。オレもノリで飲んでみようかな。筋肉つけつけ!!
[PR]

  by tkpsu | 2006-06-08 00:03 | 学院

<< 3日目 4男 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE