親友の帰国と安藤忠雄。

明日、学院時代からの親友がスペイン留学を終えて成田に降り立つ。あいつと再会するのは、昨年の旅行先、スペインはバルセロナで会って以来だ。あの頃はまだ留学先の授業が始まっていなかっただけに、1年でどれほど成長したのか明日みてくる。

オレがアメリカへ留学して半年が経とうとしたころに、美の都市、バルセロナで彼と再会した。ガウディの作品に二人して息を飲み、バルサという街を堪能した。

そして今夜東京のリフォームに取り組む、日本人建築家・安藤忠雄の話、作品にあの時と同様に目を丸くした(テレビ東京系列・カンブリア宮殿にて)。息が詰まるような超高層ビル化する東京に余白を求め、イギリス・ロンドンのような古い建築物との共存を目指す。バルサも引けをとらず、92年のオリンピックで拍車をかけた。

2016年東京でオリンピックが行なわれるころ、オレはどれだけ成長し、帰国するあいつはどこで何をしているのだろうか、安藤氏はどんな依頼を受けているのだろうか。

10年後を楽しみにしている自分がいて、幸せだ。
[PR]

  by tkpsu | 2006-07-24 08:41 | @Japan

<< 日本人は倹約家か浪費家か。 成長できない自分。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE