4年間と30年間。

大学で過ごしてきた4年間が終わりを迎えようとしている。そのすぐ先には社会での30年間が待っている。小学生の頃、1年が過ぎていくのが嘘みたいに早くて、みんなと騒いでいたことをふと思い出す。もちろんこの感覚はここ4年間も同じだ。
最高の仲間に恵まれ、バスケに、留学に、就活に、旅行に、スノボーに、合宿に、飲み会に、ありとあらゆるコトを楽しく過ごすことができた。
卒業を間近に控え、今の心境はとても複雑だ。早く4年間に終止符を打ちたいような気もするが、まだまだ学生でいたい気もする。就活中に云っていたみたいに、早く社会を体験してみたい気もする。

でも、
昨日今日で今の気持ちがはっきりした。


「もっともっと学生でいたい。そしてみんなと限りない時間を共にしたい」


昨日、ほわいのの定例会があり、5時からボーリングで楽しみ、7時から10時までカワイイ②後輩と飲み、4男でカラオケに行き、そのままオール(←本当は大事な目的の或るオールだったんんだがw)。
今日昼過ぎに起床し、昨夜に決まった仕事の続きをし、上スポへ向かった。本当にバスケが好きで堪らないことをカラダで表現し、シュートにパスにとにかく走った。アフターは4年でまた集まり、昨夜の話の続きをした。

何も考えずに、ただただ学生をしているだけかもしれない。後輩のみんなはそう感じると思う。でも、卒業を控えたオレらは楽しさの裏にいつも焦燥感を抱いている。だから帰り際には決まって、淋しいキモチになってくる。4年間に感謝し、30年間に期待をしなければならないんだけど、それどころではない。


そんな今の心境です。


昨日カワイイ②後輩にこんなことを云われた。
「#20さんのmixi(の日記)って熟読ですよねぇ。他の友だちのはさぁ~って流すけどw」
嬉しかった。
いつも意識していることなんだが、どれだけ自分という人間がヒトの刺激になれるかって思っている。それは先輩として憧れる要素の一つだろう。
だから今日は久々に真剣に日記を書いているのだ。


ヒトから刺激を受けて、行動を改め、今度はヒトに刺激を与える側になれるように。
[PR]

  by tkpsu | 2007-02-22 23:59 | @Japan

<< 人間関係の構築と刺激。 あと30日・・・ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE