2005年 07月 07日 ( 1 )

 

Engage Myself in this world

Terrible things happened again since September 11, 2001. A couple of blasts as Terror took place in London on July 7 morning 9:00am, killing at least 50 and injuring 700. I heard this big mews from Glen before ESL. Actually, only I watched CNN news this morning is that US security level was changing into Orange, 2nd level of 5. I was home, and watched carefully TV after da class. I’m not in bed now, while I was not awake this morning.

I couldn’t believe my eyes and ears. One bomb attacked da two-story bus, blasting its roof away. Nobody gets on it. It’s of course. Injured passengers are driven to hospitals by many ambulance cars. I found one injured taking da interview w/ his face bled non-seriously. Everybody would think he had better go to da immediate hospital. The other day London awarded 2012 Olympic. This news made people in London happy, involving David Beckham, a famous soccer player.

After NY and London, Japanese worry seriously about where next is. Although they say that, Japan including Japanese gover’t is not willing to make da security stricter. One lady took an interview at downtown that after smth happens it’s too late to begin thinking about that.
However, to be honest, I think it is da fact that nobody cares anything.

I visited Japanese Garden next to Washington Park. It was Tanabata Festival. What does Tanabata mean? It is one of Japanese strange traditions. That is, it is on only July 7 that da prince living in one star and prince living in another star can meet each other once a year. They meet on da star river which consists of stars in the sky. It’s hard to explain that kinda of thing.

<訳文>
てことで日本庭園に行ってきました。急な思い付きです。ゆったりとしたときの流れ、川のせせらぎ、木の葉の会話。和みました。人工的な空間であったとはいえ、普段近代的な機器の周りで生活することに慣れてきた身にとっては、新鮮だった。鯉までいた。どこぞの日本の庭園よりも綺麗に管理されていた。人もまばらで自分の空間を楽しめた。

Portlandは以外に親日な都市で、講義に「歌舞伎」があるほどだ。その教授が、今夜の祭りの幹部だったらしく、琴や日本舞踊が行われた舞台の脇に、MC(←こういうとき日本語で何て言うんだろう。司会じゃぁ、日本の伝統さが伝わらないし)として、袴姿で立っていた。オレは、その教授のクラスを取っていないが、TNP生では多くいる。日本語がほんとに流暢に話せるらしい、このコミンズ先生は。

嫌なことが朝の気分を一蹴した。ロンドンでの同時多発テロ。爆発は、3箇所とも9箇所とも言われ今だ定かではない。BBCによると、死者は50人以上、負傷者は700に上る。一方USのCNNの視聴者Pollによると、「今回のテロ行為が、英国がUSのイラク戦争を支援していないことが原因である」とする意見が全体の55%に上り、「そうではない」とする声は37%にとどまった。

このNewsを見て、あることが頭をよぎる。このテロにより、大国英国がUSにつき、イラク戦争を引き続き敢行したときに一番得をするのは誰か。当然USだろう。US自国の警備・警戒レベルを上げているが、それはうわべだけのことで、真の狙いはそこにあるのかもしれない。多大な被害者が出てしまったことを、心から遺憾に思う。しかもこのテロがUSの綿密に練られた計画の一つであったら、USに対する憤りは絶対に消えないだろう。

全てを疑う自分がいる。これで得するのは誰?このウラには何があるの?世界の事件・戦争は、人々の些細な欲が生み出す。ヒトであるから仕方のない行為であるが、限度・程度を考えてほしい。『全ては自国のために!』という曲がった意志は必要ない。
c0073161_3252338.jpg
日本庭園の花。美しいものを見たときの、最初の、純粋な感情を忘れないでいてほしい。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-07 03:23 | @Portland

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE