2005年 07月 09日 ( 1 )

 

Identity in Foreign Country.

I stayed at PGE Park all day. It was not such a worse day that others think. I got there to watch two baseball games. One consists of a few NBA players and guys, while another is Beavers vs. 51s. I went w/ bi-Yusuke.

Actually, I expected to see 11 NBA players at da same time. Jermaine O’Neal, Rasheed Wallace, Jamal Crawford, Stephen Jackson, Zach Randolph, Sebastian Telfair, Damon Stoudamire, Luke Ridonour, Drew Gooden, Travis Outlaw and Kenny Anderson are listed on da flier. To my disappoint, only one guy came here. That is Luke. I notice he is man. Fortunately, I can see Ron Artest who is at Indiana, and was suspended last season.

Da celebrity match started at 2:30pm after da announcement of line-up. Time’s over at 4:30. For a few hours I enjoyed da exciting play, such as running homerun, homerun derby, fine defensive play, fake play, and strange judge.

I went to Taco Bell until da next game starts at 7pm. I’m chatting w/ them about tiny topics. How’s Japanese cellular phone going? How do u spend time oversea? What’s da MLB structure?

Da baseball game is da doubleheader. Norihiro Nakamura is playing at Las Vegas 51s, whose MLB team is Los Angels Dodgers. He was da 4th batter of Team Japan. His powerful swing threatened not only pitchers but also funs. I don’t think he should play in minor league. He can play on da upper field soon. I hope so. Additionally, he gave us smile and waved hand. We replied him w/ yell to achieve da rest of this season.

I wanna appreciate his performance before and after game.

<訳文>
USの地で、初めて日本人野球選手をこの目で捉えた。中村紀洋、今年アメリカにバット1本で渡った日本のサムライ。近鉄時代は自慢の広角・豪快なスウィングに加え、堅い守備でファンを魅了した。リーグ優勝も経験し、日本代表の4番を務めるまでに成長した。そんな中村が、自分の夢をかなえるためにメジャーに挑戦したが、現実はそれほど甘くはなかった。

開幕こそ、メジャーに定着していたが、すぐにマイナーに下ろされた。オレらと再会したときは、まさになんのために野球をやっているのか分からなくなっているとき。マイナーでの成績は、メジャーでも申し分のないほど。だが、メジャーには、若手の選手が3塁を獲得しているため中村の入る余地がない。

度肝を抜かれた観客たちは、ゴクリと息を飲む。それは、ダブルヘッダーで向かえた2試合目のノリの初打席。時計はもう8:30を回っていた。1試合目は、快音むなしく終え、リベンジに燃えていたことだろう。ピッチャーの初球を、なんなく見逃した後の2球目。

PGE Parkを越えた。MAXに当たりそうだった。誰もが言葉を失った。が、判定はファール。結局この打席は、フォアボールだった。こんな小さな球場で、プレーするような選手じゃない。メジャーのドデカい球場でも、快音を響かせてほしい。

試合が終わり、ホームのBeaversが破れたため、地元の人々はそそくさと帰路に向かった。そんななかオレらは、ノリに一声かけようと、勝利のハイタッチが、ダイヤモンドで起きている間に、ベンチの方へ足を運んだ。と同時に、ベンチに引き返してくるノリ。オレらがここらでは珍しい日本人と分かったのか、彼の方から、手を振って応えてくれた。そして、
「中村さん!頑張ってください。応援してます!」
と言葉少なではあるが、エールを送った。

それを聞くと、強張っていた顔が少し笑顔になったように見えた。すごく嬉しかった。胸がアツくなった。なぜだかはよく分からないが、何か感じるものがあったのだろう。異国の地でのマイナー生活という、自分の描いていたものとのギャップに立ち向かっている姿に心が打たれたのだろう。

頑張ってください。この言葉で十分だったのだろうか?
c0073161_10183284.jpg

↑ノリが「それで十分だよ。」と言っているようだった。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-09 10:17 | @Portland

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE