2005年 07月 13日 ( 1 )

 

Money is $100,000-.

I told the classmates the narrative in this morning. It was the first turn. Fortunately, it was better than last quarter. I listened to total five stories about from a cultural difference to Jazz dance. Whenever other students present something, I try to ask some questions. That’s because I think it is the best way for presenters to quest about their presentations. I mean, to quest is to understand/listen carefully to them.

After ESL I joined Language Exchange. Unfortunately, this quarter has few PSU students. For besides summer session the working hour is not good. It is from 11:45 to 12:45pm. Glen is thinking about that as a serious problem. It is a good opportunity to communicate w/ a native speaker, anyway.

Talking about FIN 301, we have three options as a project; stock analysis, project, trading. Stock analysis is that to choose one particular company, analyze its share/price, and forecast what happen next. Project is like research paper about whatever we are interested in, even if this paper is useful to study stock market. Trading is to trade shares with an amount of virtual money, $100,000, and think about the strategy and solution if that shares we bought before are not working/profitable.

I wanna try to trade stocks in the real market, w/ fake money, although. I have only four weeks long to trade them cuz this class will end Aug 10. I look forward to this trading whichever I gain/fail money. All I have to do is think about why I get/lose money. I can change the strategy & stocks if I notice that they are unprofitable. I can write about why I changed it. Sounds very interesting. Additionally it’s free to trade.


<訳文>
昨日の続きね。
第二の事件は、合宿3日目の午後に起きた。事件と言っても、当事者からするとこの上ない朗報であった。それは、子供が生まれるかもしれない、という一報。当然オレら高校生(当時)の子供であるはずがない。その前の夏に結婚した監督と奥さんとの間にできた子供だ。

その日の夜、帰宅することをキャプテンと副キャプテンにだけ伝え、「よろしく」とだけ言い残し、上京していった。しかし、オレらには4日も残されており、練習のほかにも、体育館が日によって異なるので、その連絡など、事務的なことまでやらなければいけなかった。練習でも自分たちで試行錯誤してメニューを考え、やっていたが何か上手くいかない。苛立ち・不安が募る。チームが、バラバラになっていくのを感じた。

これではダメだと思った、オレはミーティングをすることにした。コーチ・監督がいた時には、毎晩夕食後の9時に宿舎の大きな部屋に集まって、その日の反省や、AチームとBチームの入れ替えの発表があったりする。こうした基本的な連絡事項を告げた後、本題へ。

「なにがしたいの?」「何が目的なの?」「何をするべきなの?」と真剣な雰囲気の中、ミーティングは始まった。これほどまでに、チーム内から【声】を聞いたことはなかった。とても充実した夜だった。この夜をきっかけにまとまりを取り戻したオレらは、内容の濃い合宿を送ることが出来た。

自分たちだけになって、初めて気づくこともある。気づかないかもしれないが、その時は、話し合って気づけばいい。これが難しい。でも自分から動き出さないと何事も始まらない。

という、Narrativeでした。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-13 04:35 | @Portland

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE