2005年 07月 21日 ( 1 )

 

Bad Score Might Wake Me Up.

There were few students in ESL, making Glen disappointed, even though three students take TOEFL this morning, so they are absent. Besides, most students were late. However, we had nothing special. For all we had to do was a peer review of research papers. My rough draft is four pages long so far. Fortunately, nobody wrote more than it in class. I realize I need to develop it more.

I received the score of Econ exam. That’s terrible, reminding me of the reality. I scored only 30 of 56, alive/dead score. I notice that I need more time to study/read Econ. I’ll have no weekends from now. Actually, as I mentioned yesterday, I have to do a lot. Hummm…. Summer Session is tougher than I expected.

After Econ weekends of Week 5 have come. I’ll join Street Jam, 3 on 3 tournament sponsored by Blazers this weekend. If our team is winning, we’ll have a game Sunday. But, how about the worse case? Will we have any games, even if we lose Saturday? I have no idea so far. I’m looking forward to it, anyway. Every registered player will get a celebrity T – shirts.

Now, I’m in Broadway, lol. I’m here as well as last nite. I wanna think about who I am again in two hours left. By the way, I’m listening to Japanese music, especially “aiko,” one popular woman folk singer. Her voice & lyric are quite impressive, relaxing me anywhere. My other favorite singers are Yuzu, Mr. Children, Kaera Kimura, Def Tech, McFLY, etc.

<訳文>
今日は、昨日に引き続き【 好きなこと・楽しかったこと 】を受けて、見られる共通項について。

「ライバル探し」
これはオレの人生のテーマかもしれない。昨日書いた競争心と関わっているのだが、これはこれで単体として理解・認識して自分の中に入れておきたい。

人が何か新しいことに挑戦する時、必ず誰かの影響を受けていることは言うまでもないだろう。例えば、子供のころにTVで王・長嶋の活躍を見て、野球を始めた子供は少なくない。カズの活躍に感動し、Jリーガーを夢見た少年もいる。田臥が能代工業で3年連続3冠(インターハイ、国体、ウィンターカップ)という偉業をテレビで見て、バスケをやってみたい、あんなに上手くなってみたいと思った選手がいる。これらは、「遠い」ライバル探しを終えた瞬間だね。

次に直面するのは、「近い」ライバル探し。その競技や演奏、学問の道に進むと、同じ道に進んできた人と出会う。そして些細な競争が始まる。このコには勝ってるけど、あのコには負けてるな。といった具合だ。この小さな勝ちを続けていくと、知らず知らずのうちに本当のライバルが現れる。絶対だ。下を見ない限り、上を見れば必ずさらに上がいる。上を見すぎてもダメだし、ほんのちょっと上だけを見ても意味がない。ある程度の「差」がないといけない。この差を感じ取って、相手を見つけるのが、ここで言いたい「真のライバル探し」。

ライバルは、一人に限らない方がより視野が広がる。このスポーツではこのコに負けるけど、この科目では勝つな。と、こんな感じ。だから現時点で自分の周りには、ライバルがたくさんいる。オレの中での、ライバルの定義は、同時に【尊敬】の意も含んでいる。こいつ、すげぇ~よ、と思えたら、もうその時点で尊敬。簡単なことで、身近な人でいいと思う。

社会に入っても、ライバル探しは続くし、いい標的を見つける度に、追い越していく。

あなたにライバルは何人いますか?
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-21 14:03 | @Portland

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE