2005年 07月 22日 ( 1 )

 

Unforgettable Day.

I was at Broadway from 12pm to 3pm to renew my weblog and think of planning my European Journey. Specifically speaking, I have to decide what kinds of Eurailpass I get. Da most difficult problem is whether I’m gonna go on a trip to Amsterdam, Nether lands or not. That’s cuz da price of a pass is up to # of countries I’ll travel to.

I met Noom, one hoops crew, in front of McDonald, getting to Rose Quarter to sign in da game. I can’t hide my happiness to watch da court. I made sure how many courts they guys have: 35. That # involves a center court whose floor is pretty clean. That’s why I think it was used as a Blazers cort in the Rose Garden before. However, most players will play on a street. I’m looking forward to playing there.

I was in CP lab again to make da hoops game schedule. Shortly after arrival I was rite back to home, and I left immediately there to join guys who are gonna see da Kabuki, Japanese traditional theater at SE. It was at 6am, and da play will start at 8pm, so we can get in there from 7:30pm. One staff said that when I asked. The play started, immediately making us impressed.

I went to Dan’s home party. He’s gonna work in Toyama prefecture, Japan. He’ll leave here for there on July 30th at 2pm. When I arrived at there, he was crazy already. It was after 10pm. To my surprise, there were many people, especially Asian people. It’s nice to meet one girl studying abroad here.

<訳文>
今日は、小学校時代の【 感動経験 】について。
小学生の時何を考えて6年間過ごしていただろうか?ただ遊び呆けていただろうか?それとも何かの学校行事に力を入れていただろうか?運動会や、音楽会、学芸会といったところか。触りはこれくらいにして、本題へ行きますかぁ。

オレらの小学校は、1年置きに音楽会と学芸会が入れ替わり、それぞれ3回して卒業となる方針を取っていた。6年生卒業の年が、音楽会になるか、学芸会になるか、気にする生徒は少なからずいた。音楽会の方が好きなら、音楽会が最後が良いと望むだろう。学芸会も同様。オレは、学芸会派だったので、小2の時に初めての学芸会があって、喜んだ。小6の喜びが保証された瞬間だった。でもしょせん小2のオレ。そんな先のことは考えてなかった。

小2の「ピノキオ」でピノキオ役、小4の「王様の卵焼き」で王子様役、そして小6の「魔法を捨てたマジョリン」のダビット役を務めた。少し自慢させてもらうと、すべて主役級の役柄だった。

小6以外の学芸会は、明確な思い出がない。マジョリンについては、よぉ~く覚えてる。と言っても、ストーリーは忘れてしまったが、どうやって役柄を決めたのか、そのオーディションの様子はどうだったのか、どうやってその結果報告をされたのか、2パートに分かれて練習した光景などが思い出される。もう一つ忘れられないのが、劇中ダビットが独唱するシーンがある。そこでの照明の眩しさ自分の目の輝き観客の顔唄いきったこと、劇が大成功に終わったこと、忘れない。

こんな小学生の思いで一つ一つは、時間とともに薄れていくもの。でも本当に楽しかったこと、嫌だったことは気にしなくても残っているものだ。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-22 18:59 | @Portland

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE