2006年 05月 26日 ( 1 )

 

毎日バスケのことを考えている

この時期、身近な学院ではインターハイの予選、ほわいのでは普段の練習と尾瀬、B-Sqでは練習と駒沢、そして海の向こうではNBAのPlayoffsから目が離せないくなっている。
普段のオレの1日は、NBAの結果のチェックから始まる。
んで、学院行くなら学院でバスケ。ほわいのならほわいの。B-SqならB-Sqでバスケをする。
心身ともに疲れ切った状態で帰宅し、シャワー&洗濯を済ませ寝るような流れだ。
もしバスケがないなら、中野坂上でのバイトを入れるだろう。
今確実に言えることは、オレの生活はバスケを中心にして回っているってこと。

でも、これは今年1年間、大学4年生の1年間、大学生活最後の1年間限定の条件である。
今年っきりなんだから、そんな生活リズムでもご勘弁をw
今すっごく楽しいんです、充実しているんです。

今日も学院の練習後に2年生のガードの奴と2時間半1on1をし続けた。
本当に楽しい。
お腹も空いてきて、疲れもするが何よりも、リングがする底にあることが嬉しい。
警備員さんに再三帰宅を促す警告を受けた。オレが現役の頃にも経験した光景だった。走馬灯のように蘇った瞬間だった。

来年のことをふと考えてしまう。
オレはどれだけリングに囲まれた時間を過ごすことができるのだろうか。
本当なら毎日でもリムを観ていたい。
どうなる2007年。
[PR]

  by tkpsu | 2006-05-26 00:12 | @Japan

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE