2006年 09月 07日 ( 1 )

 

ハチクロ

渋谷のシアターだったせいか、原作が少女マンガなせいか知らないが、8割は女性という雰囲気だった。
ストーリーも「青春」を謳った物語。
ストーリー性よりも、脚本よりも、キャストでこれほどの人気を誇っていることを感じることが出来た。

ただ、
人を好きになる事への姿勢を見つめ直すことも出来た。

「諦めないこともアリですか?」というフレーズが出てきた。

結局これが大切なのかなぁって思った。



PS エンディングテーマである嵐の曲は要らないのではと思いながら、雨の中渋谷から去っていった。
[PR]

  by tkpsu | 2006-09-07 23:38 | @Japan

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE