カテゴリ:@Japan( 88 )

 

in 2007

Just i wanna say is

"I wanna be so curious about whatever I watch, listen, and feel.""


みなさん明けましておめでとうございます。
新年を迎えて数時間で2007年の目標が出来ました。そんなきっかけをくれた瞬間でした。

いつものメンバーで年越しを待っていたのだが、
ひょんなことからスペイン人1人とアメリカ人3人が加わることになった。
これが新年最大の契機となる。
基本会話は英語を試みるも、みな日本語が本当に上手い。特に、David & Raulには度肝を抜かされた。言語の他に、文化への理解度は明らかに生粋の日本人であるオレたちを越えていたからだ。

恥じらいと悔しさを抱き、2007年の抱負が自然を頭をよぎる。
情報を排除せずに、まずは吸収して次に生かす。
それには万事への興味が必須。



365分の1がこれほど充実していたのだから、残りの364への期待感がさらに高くなるものだ。
ワクワク♪
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-01 22:19 | @Japan

振り返らず。

2006年は人生の大きな岐路を決めた1年になったと思う。

新年は「去年より○○」といった発言や思いは避けたいね。

2007年は一生に一度だから後悔せずにただただ前を見て歩いていくだけです。
駆け出すことが必要な時もあるだろう、
立ち止まることもあるだろう、
それでも一歩ずつ前へ進んで行きたいね。
[PR]

  by tkpsu | 2006-12-31 22:18 | @Japan

さよならは始まりの合図。

本番が終わり、着替えている最中にたかさん&ゆきから声がこぼれた。
「もっと早くやっとけば良かったのに。」
この一言が心から嬉しかったし、同時に初心者ながらも支えてくれたメンバーに感謝を言いたかった。
ありがとう。

終電に合わせで終わったダンスの最終練習。目白から自転車でiPodを聴きながらかっ飛ばして帰るのが日課になりつつあった。その日もいつもと同じように自転車をこぎ、ツタヤで借りた絢香(1st Album “First Message”)を聴いていた。少ししんみりした。出し物やイベントっていうのは本番までの準備期間が一番楽しいという感覚を経験した人は少なくないだろう。まさにその瞬間だった。
(あ~、本番なんてこなければいいのに。もうこのメンバーで、このテンションで練習できなくなるんだろうなぁ~。)

吐く息は白く夜空へ向かっていき、消えていった。

本番までの時間はイメトレだけでモチベーションを上げ、ソロパートを練習していた。
衣装も後輩から「似合うね」と言われるまで馴染んできた。
迎えた本番。今冷静に振り返ると覚えていない。振りを忘れたとか、ソロをどうやったとかよりも、笑顔でいることを心掛けた。とっても楽しかった。

イベントで特別何もせずに過ごしてきた3年間。ここにきてFree StyleとBreakin’ Danceに参加し、凄く充実している反面、後悔もしている。冒頭のもっと早くということだ。

そして、3月の追いコンへ向けて構想が着々と練り上げられている。とは云ったものの4男でクリパの席でちょこっと話しただけだ。だがどうやら年明けから始動する予定。集大成を見せてやる、もっと成長した自分を披露してやる。



最後にダンスメンバーへ、
本当にありがとう、もちろんこれからもお世話になります。

P.S. これで一区切りです。本来の姿、バスケットマンに戻ります。まずは、深夜ランニングで体力を戻さないと。
[PR]

  by tkpsu | 2006-12-17 22:16 | @Japan

カラダよりもキモチ。

いよいよ明日に控えたホワイノX'mas Party.
ここに来て、breakin'の技も徐々に覚えてきた。
あとはそれを本番でどれほどの度胸と自信で演じることが出来るかだ。
カラダが壊れようが、もう関係ない。
本番を楽しんでいる自分、感動している自分を想像するだけでワクワクする。

明日は楽しみますよん♪

期待してください。
[PR]

  by tkpsu | 2006-12-14 22:15 | @Japan

突っ走る。

ほわいののクリパまで1週間を切った。

ダンスの練習も佳境です。

最後まで満足することなく、頑張ります。カラダを痛めつけながら。


気がかりなのは外がひんどく寒いこと・・・。。

キツいね。
[PR]

  by tkpsu | 2006-12-10 22:14 | @Japan

1枠確定。

今日も寒い中行って参りました。
海城高校へ足を運ぶのもこれが最後かもしれません。
今日は第二支部の準決勝・決勝とWC予選2日目が行なわれた。

支部の結果はあっさりと。
保善が前半6点のビハインドをひっくり返し、駒大高を破り優勝した。

13:20~
京北 vs 帝京 (京北#4二宮のStats)
     21-21 15P 1A
     36-15 13P 4A
     25-17 9P 1A
     22-27 2P 3A
total 104-80 39P 9A 35MIIN

見ての通り、2Qに帝京を自慢のDefで引き離した京北が2連勝でWinter Cup出場権を得た。残る枠1つはおそらく八王子だろう(現時点では試合結果が入手出来ていない)。
土曜日の教訓を生かして、二宮のStatsをつけてみることにした。
3Pこそ4本ほどだったが、ペイントへのドライブからのLayupが上手すぎる。利き腕とは反対の左腕の強さには驚きを隠せない。軽く39P・・・。伊達に今年のインハイ得点王じゃないね。
Winter Cupは観に行けるか分からないが、京北のバスケットはとにかく見ていて気持ちがいい。
是非バスケに携わっている人、学院生、小中学生、特にホワイノには見てもらいたい。WC前の東京頂上決戦は23日(祝)駒沢体育館で行なわれる。
ニャーン相手にどうするのか注目だ。インハイ予選では90-105で敗れているだけに京北のリベンジに期待したい。



さぁ、みなさん駒沢に来てみたくなったでしょぉ??
Nov. 23rd. 2:30PM Tip-off
[PR]

  by tkpsu | 2006-11-19 13:02 | @Japan

結果。

舌を火傷しています・・・w
久々のお好み&もんじゃは楽しかった。かわいい1女との距離もグッと近くなった気がします。ありがとね。

さて今日のWinter Cup予選の結果をお知らせします。

第一試合 14:30
  京 北-国学院久我山
    24-18
    21-12
    28-17
    22-19
total 95-66
1Qは久我山ペースで始まったが、得点の中心であるインサイドにボールが集まらなくなり、TOが多発し、京北の速い展開に翻弄されっぱなしであった。どのQでも京北のシュートは落ちることを知らず、#4二宮だけでなく、#7田渡、#5、#8、#6がコンスタントに素晴らしいshot selectionで放っていた。
二宮は1Qにいきなり2 Foulsしたが、全く表情を変えずに自分のすべきこと、得点とトランジッションに徹していた。
明日の帝京戦もいい試合が期待できる。対する久我山は八王子の牙城を崩せるだろうか。

第二試合 16:00
   八王子-帝 京
     26-15
     27- 8
     30-10
     20-27
total 103-60
終始八王子ペース。セネガル人、ニャーンがいるとはいえ、バックコート陣だけ比較しても八王子が帝京を圧倒していた。2、3Qと帝京は早撃ちが目立ち、的確にDef. Rebを取る八王子に速攻を許し、一気に点差がついた。
帝京#14もニャーンを止めようと1Qで3 Foulsだったが、なんとか踏ん張った。が、オフェンスではインサイドに徹底することなく、%の悪い3Pばかり乱射して自滅状態だ。
帝京はWC出場を目指して早急に建て直しをし、明日の京北戦に挑みたいところだ。
八王子は磐石だろう。


試合観戦を終え、真っ直ぐ馬場に向かい18時前に着いてしまった。本屋で時間を潰し、いざ定例会。
4人で鉄板を囲み、結構食べたねぇ~。
みこはヘラ一つで片手で軽々お好み焼きをひっくり返し、仕上げのマヨはセンスなかったり、
えりはもんじゃの執念があると思いきや妬きたてのお好みに完全にシフトしてたり、
ゆっこは鰹節を半ば放り投げていて、終盤お腹が膨れてくると投げやりの食べ方してたねw
今こうしてupdateしている手が鉄板の油臭いですw

まぁたまにはこんなのいいかもね♪
4年生がオレ一人だったとか関係ねぇ~。
今しかないから!
これを胸に今後もホワイノ一色で行きますよん♪☆
[PR]

  by tkpsu | 2006-11-18 15:02 | @Japan

結構忙しい土曜日。

8:45~13:00 中野坂上にてバイト
14:30 世田谷にてバスケ観戦(1)
16:00 バスケ観戦(2)
19:00~22:00 馬場にて定例会

結構充実しています。
というかムダがありません。
我ながら完璧w

とりあえず、朝早いのでもう寝ます。
[PR]

  by tkpsu | 2006-11-18 13:01 | @Japan

星が綺麗☆

今秋初めてのオリオン座となった。
これをあと30回見上げる頃には、イベントがまた一段落する。

学生にしか出来ないこと、学生だからこそ出来ること。卒業まであとわずかだからこそ決意したこと。それを実践・披露する場である。
バスケや日常生活では全く使わない筋肉を使っているせいか、全身疲労がヒドい・・・。
12月16日を期待していてください。

月曜日の内定先の面接でも云ってやった。

「ダンス始めました」
って!
[PR]

  by tkpsu | 2006-11-17 13:01 | @Japan

バスケ日和。

木枯らし1号が吹く中、馬場から海城高校へ向かった。
目的は新人戦第二支部大会準々決勝。
私学大会で学院が対戦した保善が専大附に完勝し、ベスト4入り。そのほかも、第一シードの駒大高が農大一を、都立石神井が都立芦花を、和光が日本学園をそれぞれ破った。

そしてこの日はWinter Cupの東京予選の開幕でもあった。インターハイ予選でベスト8に入った高校が支部大会の免除の代わりに、東京に設けられた2枠を巡ってしのぎを削る。同会場では都立駒場と帝京が対峙した。

WCは本来ならば3年生の引退大会となるのだが、新学校などは3年生は冬までプレイすることなくチームを離れることが多い。駒場がまさにその典型だった。3年生が抜け、完全に新チームで臨んだ。対して、帝京は#4のPGが残る。まさにスラムダンクで云うところの「翔陽」だ。

試合展開は著しかった。1Qから駒場の伝統のゾーンプレスが炸裂し、一気に波に乗る。帝京は#14が195cmを生かしてインサイドで勝負しようとするも、平面バスケットの前に屈し、前半は32-49の大差で折り返した。
このまま駒場が新チームも強いことを証明しかけた3Qにほころびが見え始める。駒場のシュートが落ち始め、しっかりとDefリバウンドを取ってから着実に得点を重ね、3Qに逆転に成功した。迎えた4Qは一進一退。特別身長が高くない駒場は上手く#14を守っていて、かつ4ファウルに陥れていた。前半の駒場の得点は#5、#10、#7のDowntownやPenetrateが中心だったが、後半は全く入らず、反対に帝京の#4、#8の3Pが4Qだけで5本以上決まって、勝負あり。

来週末もバスケ観戦が楽しみだ。
一緒に行く人、観に行きたい人募集しまぁ~す!


*東京都高体連男子バスケHP・Winter Cup予選(PDFファイル)
[PR]

  by tkpsu | 2006-11-12 12:58 | @Japan

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE