<   2005年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

One Film one week♪

For da first time I went to da cinema here, Pioneer Place Stadium located in downtown. I watched ‘Kingdom of Heaven’, giving me lots of things. First of all, since my English skill is not good, please forgive me if I understand a wrong story. Da difficulty to control a country where there are many kinds of religion; Catholic, Jewish, Islam, and Muslim. Unfortunately there are fewer knights than that of an enemy. Besides, it must be hard to raise citizens into like knights at the end of film.

To my surprise, there were only nine guys in da theater whose regular number is more than 200. However it was quite comfortable for me ‘caz I like to watch movie silently. I wanna to watch movie in as beautiful theater as possible and so I don’t wanna go anywhere, nothing but ‘Roppongi Hills.’ Fortunately, there were so beautiful and quiet as my lover in Japan.

I’ll talk about price. As you know, it’ll cost student only $6- to watch a movie, on the other hand in Japan ¥1500-, approximately $15-, each movie for student. It is pretty expensive. I’ve been to da theater many many times there, I mean I love movie as part of culture. Such a cinema lover did today for da first time, I couldn’t believe my both eyes and ears. I wanna keep going there from now whenever any film I’m interested in is coming.

Finally, I'll pick up words I learned today. "Do Your Own Thing" and "Go Against The Grain" are like Individualism. Additionally, we explained two Japanese; "和" and "義理". It was a little bit hard to do against foreigners. They are like obligation, 'should.'

<訳文>
ようやく映画好きのオレがこっちで、映画館で映画を見た。観たのは、今話題の「Kingdom of Heaven」。拙い英語での解釈なんで、詳細には自信ありませんw。でも、映像で伝わるモノはあります。でも、「The Lord of the Rings」には、さすがに劣るなって思いました。確かに主役のOrlando Bloomはイケメン、PrincessのEva Greenはカワイイ。でもストーリー性がイマイチだった。

映画業界について、ちょっと。まず、「日本の映画業界は終わってる」論から。確かに終わってる。近年の日本での興行収入の上位に、日本の映画、いわゆる邦画が顔を出すことは少なくなってきた。例外として、「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」、「ハウルの動く城」などがあるが、基本的には、海外作品に上位の席を明け渡している。
韓国のような国の法律でもって、その価値・経済的地位を保っているのが、一概に正しいとは言えないが、日本でも何かすべきである。映画館も汚いし、うるさいし、臭いし、キライです。ヒルズが日本では一番落ち着く(→TOHOなどのシネコンならどれも大丈夫だと思うが・・・)。
こっちに住んでみて、改めて日本はゴミゴミしてるなぁ~って思った。無駄なことに財政を回すよりもっと、市民のためになることに使って欲しいものだ。
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-11 15:26 | @Portland

Female is closer.

I went shopping to Goodwill; da used clothing & house store along Burnside near PGE park. I got on streetcar & Max there in approximately 30min. It was pretty easy to find Goodwill. Da quality there was better than that of both Ross & Nordstrom. It was quite like that of Japan, taking me to da casher w/ three items. They are suits-shirts, leather bag and three-piece (inner).
I met Miu by chance at Fred Meyer and came home together. I wore whole items shortly. I went to show’em to Keiko, lol. Suddenly she laughed at me after telling her my new items. The real reason she laughed at me is she had no idea I wear’em rite now.

We went to eat Pad Thai after studying individually adding Misa. Now I’m writing down this. I’ll talk about human atmosphere in differences between male & female. As you know thr my talk one day, every animals has each atmosphere, or warning area. They may want to warn or escape inside or outside their area. The most interesting is the size of male is bigger than that of female. Thus most women talk and speak to others closer than men.

<訳文>
これから話す「男女の空間」は大学1年のときの「科学史・科学概論」の講義に基づく。
先日話したように、熊だけでなく人間にも、◎のような空間は存在する。考えてみてもらえば、分かるように、外の空間よりも外部(A)にいれば、ヒトは何もしない。つまり、その人の行動や言動に何の興味も持たない。ただし、異常な声、大声などはさすがに何らかの反応は示す。
もう一つ内側の空間(B)に入ってくれば、その人が知人ならば、声をかけ、挨拶をする。他人ならば、ぶつからないように配慮し、通り過ぎる。
一番内側の空間(C)に自分以外の人間が入ってきた場合、どのような行動をとるだろうか? 他人が顔から数インチの距離で話しかけてきたら、1歩、2歩後ずさりし、一定の距離を保とうとするはず。これが、知らず知らずのうちに、やっている動物の本能。

前にも言ったように、A・B・Cの距離には個人差がある。「男女」にも差がある。
一般的に「男の方が、女よりも距離が大きい」と言われている。女の子どうしが、話をしているところを見たことがあるだろうか。男の目からすれば、「くっつきすぎじゃない?」と違和感を抱くだろう。でも、その当事者や、他の女の子は「フツー」だよと言うだろう。この感覚の差が、「空間の差」。女の子の方が、危険を感じる空間が中心(自分)に近い。だから、危険を感じるギリギリまで他人を入れることが出来る。
ここで、教授は「デート」について述べた。
デートはご存知の通り、男女が2人で一緒の空間を共有する場。でもこの「空間の差」によってうまくいかない仕組みになっている。女の子はいつも通りに、男の子に対して、「女の子の距離」で話しかけているのに、男の子はちょっと嫌な気分になることがある。当然である。「女の子の距離」は男の子にとって、Cであるからだ。今にも逃げ出したいという気持ちは少なからずある。Bにいてくれれさえいれば、男の子も心地よいデートを続けることができる。

この「空間の差」は、本能だから完全に消えることはないが、「努力・我慢」によって多少の融通は利く。女の子が、CやBを広げようとするかもしれないし、反対に男の子が、狭めようとするかもしれない。
最後に教授が、「今度、女の子とデートして、空間の差を体験し、レポートを書きなさい。」←教授が学生の頃に、当時の先生に出された課題だったみたい。

今日の講義はここまで。デートは距離を考えて。Good Luck!!
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-10 16:14 | @Portland

Globalization at University.

I skipped ESL and I became to hate myself. That’s miserable. I completely attended SS class after lunch. I wanna sleep during class, lol, though a new topic, Occidentalism is interesting. I have to know about it more thr reading materials.
I talked about summer vacation to Glen. He replied to one of us da traveling possibility of danger is up to u. He means, the brighter, the safer we walk around da big city, even NY.

Now I’m cooking vegetable curry as dinner. I know I have more free-time than other international students except for TNP. For most PSU students have job or part time job when they are free every week. In fact, two friends of mine work then; one is Heuy working at restaurant at da downtown, another is Dan I met when playing b-ball, but I don’t know where he works. Anyway here is a big difference between America & Japan.

Although there are few cases that da grown-up who has job in da society goes to university, here is it normal, or not rare. Thus many guys are studying at the wide age-range. It is fact for me that I don’t care da age of students when I arrived here.

<訳文>
USの大学ほど生徒の年齢の幅が広いことはないだろう。現に、先日BDを迎えたクリントは、26歳で、当然PSUを昨年卒業しており、今仕事(バイトみたいな事務的なモノ)をし、今夏より日本で念願の英語の先生になる。でも彼と同じ高校を卒業したカイルは、今PSUのSophomore、2年生。彼は高卒後一度職に就いたものの、やはり大学に通いたいと決意しPCC(Portland Community Collegeなハズ)の生徒として今に至る。

こんなケースは頻繁にある。でも日本ではそうはいかない。その最大の理由というか、大学に入ろうとする人の最大の障害は、「受験」。浪人生には当てはまるが、社会人が早稲田大学に通おうとするときに必要なプロセスは定かではない。いずれにせよ、言いたいことは、日本は大学に入るのが難しいために、大学に通うことが出来るヒトが限られてしまっているということ。
USのようにもっとOpenな受け入れ態勢ならば、大学ももっと活性化されるのに、と思う。ここでは触れなかったが、USの方が断然卒業するのが大変なのは、周知の事実。その原因は、単純に卒業に必要な単位数だと思う。早稲田の場合、「124」単位あれば、卒業できる。が、こっちは、PSUで言うと、「180」必要。
早稲田は、各学年で40単位最高で取得できる。極めて簡単。取れない者はタダの怠け者と考えて良い。
PSUは、「各タームの単位数×4」が年間の取得単位数になる。日本のように4年間で卒業しようとすると、各ターム「12」以上必要になる。しかし、ヒトによってはターム全てを休んで、帰国するヒトもいる。必修科目が一つのタームに重なり「18」というとんでもない数字を目にするひともいる。 そうなれば、取れる単位も、忙しくなりすぎて手が回らず、Non-Passになってしまうことも・・・。必然的に「Super Senior」の出来上がり。

また話がそれちゃったけど、この大学の構成の溝は、今後も埋まらないだろうな。だってこういう文化になっちゃってるんだもんねぇ。
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-09 15:43 | @Portland

None should enter inside!!

Although I was tired, I played b-ball at gym from 1 thr 2 pm. Professor Readon’s home party was held for TNP students near Beaverton from 3 to 7 pm. To my surprise, first of all, he is a vice president of PSU. Four teachers totally joined us; Prof. Readon & Doctor. Uris for Social Science, Glen for ESL, one for Humanity. We had really really enjoyed ourselves for a couple of hours. There are three living rooms in his home, giving lots of interesting topics we talk about. They were from about eating during class, about his house rebuilt by himself, and to from about careers for each teachers.
I miss Japan’s bus. I love their best punctuation in da world. American bus suck, making some guys waiting for a long time, sometimes over 60 minutes. There are pretty good transportations here, though, I hope they were on time.

I talked about happiness gone away by sigh w/ Keiko midnight. Whenever she sighed, I warned her, ‘breath now.’ Certainly, as u know, a sigh is not good. While, happiness is one I manage to grub, I believe. Some guys may say it is fate. Anyway I can’t feel the existence of it now.

<訳文>
今日のホームパーティーはホントに楽しかった。英語でこんなにためになることを、しかも先生方と話せるなんて、なんて光栄なんだろうと思った。
さて、今日は誰もが持ってる『空間』について。
森で熊に襲われないようにするには、「音」を出すこと。でもこれは熊のある「空間」でしか効果がない。危険度の高さによって熊は自分の空間の範囲を3つに分けている。 ◎ ←このカタチがそれに当たる。もちろん中心に、熊がいると仮定する。外枠よりも遠い空間は、熊も人間を全く警戒しないし、自分(熊)を襲おうとする者だ、という認識もない。しかし、一度外枠の中に入ると、事態は急変する。熊からしてみれば、自分の空間を侵されたと思い、侵入者を外枠の外部へ追い払おうとする。その方法は様々。鳴いてみたり、人前に姿を出してみたりする。でも後者はあまり見られない。というのも、人が熊を押される以上に、熊は人を恐れているからだ。だから、たいていの熊は自分が動いて、つまり円の中心が動くことで、人を外枠の外へ追い出そうとする。この空間で、「音」は効果を発揮する。音に気づいた熊は、中心をズラそうとしてくれ、人と熊が遭遇することはない。
しかし、内側の円の中に入ると、熊は人を襲う。これも言い方が逆なのはお分かりだろう。熊は、侵入者を倒すしか、自分が生き残るすべはないと思っているため、ヒトを襲うのだ。
これらの空間の実際の距離、つまり外枠までの距離と、内側までの距離は、熊それぞれ。十分に気をつけてほしい。

なんか今日は熊トークになっちまった。明日は「ヒトの空間」にするわ。
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-08 17:07 | @Portland

Inside out!

Clint’s BD party was held at Bush Garden, Japanese bar at downtown. There are many dudes drinking, most Japanese and some American, lol. To my honest, I worried about this circumstance around us before drinking. However, it became a stupid question shortly after drinking, lol. We had a huge fun tonight.
Another I was surprised at was Karaoke. For da first time I sung a song of Mongol 800, Japanese rock band.

I got Japanese rice, 10 kg lifted by myself from Safeway to home. It was too tough work to raise my hands for a while. Thus I can eat rice much w/out minding amount, lol. Bought rice is similar to Sasanishiki, popular one in Japan. I cooked an omelet rice again, lol.

<訳文>
なんとなくタイトル通り「inside out」について考えてもみよう。てかホントにこれをタイトルにした意味はないw。 このプレーズを日本語では「表裏逆、表裏反対」とか言ったりする。洋服などを慌てて着たときに、裏と表が逆の時に使われる。
『感情の表裏』
近頃、キレる子供が増えてる。っていう言葉をNewsや新聞で目にする。非常にダメな傾向であることは言うまでもない。医師に言わせると、睡眠不足から来る、情緒不安定が原因で起こるよう。幸い、オレは生まれてこの方、理性を失うほどキレたことはない。酒で失ったことはチラホラですが。てか、うるせぇ~よw。
人のココロって、「感情と理性」で出来てる、ってよく言われる。今こうして、ブログを書いてるときは、理性が働いてる。 あっ!、思い出した。オレが感情のほうが出た時。オレは、知っての通り、バスケばかで、しかも負けず嫌いときたもんだ。んな人が、バスケしてて、味方と自分両方の調子が悪いとき、オレはよく手をたたいて「ファール」する癖がある。というか、弁解するようだが、癖があった。←ここ大事、もう改心したから。その癖が出始めると、体育館自体の雰囲気を悪くしてしまう。
でもオレは先輩に恵まれていて、この悪い癖を「はっきりと」指摘・説教された。当然オレもそのとき反発した。でも改心した。

要するに「感情の表裏」のスイッチ役は、友達の些細な後押しが担ってる。たぶん自分は気づかない。友達に恋の話をしたり、勉強の相談をしたり、友達の目指していることを教えられたり、カタチは沢山ある。ほんの一言のときもある。前もこんな話したかな。

何かつまんない話になった。次はもっといいの目指して頑張るわ。
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-07 16:07 | @Portland

Kinds of Americanization.

I missed other presentations ‘caz I was a little late. One of groups present about same-gender marriage in US. It is partly normal here, while completely abnormal in Japan. I wonder why it appeared. This topic would remain controversial.

I took a walk to SE to find a used furnish shop. However, in addition I couldn’t find it, I got Riku’s call to play b-ball at gym from 4 thr 6pm. I went shopping to Jcrew in Pioneer Place to buy a gift for Clint. Finally, I chose a yellow nit tie and I want one more. This gift will be useful when he stay at Japan and wear a suit-jacket.

It was the first time for me to play at small gym located downstairs. There were 15 guys enjoying b-ball. The more I join b-ball, the more make friends, I realized. Thanks to joining, I have some b-ball friends. I really really love b-ball. When time is over, I went upstairs to look valley ball w/ Riku & Chihiro. To my surprise, Keiko also seemed to join guys. I took a shower at home shortly after playing.

I had a dinner, pasta w/ boiled vegetables and became stuffed. I watched a family film, Monster’s, Inc. w/ Heuy, Misa & Keiko from 1:30am to 3. It was funny, cute and miserable that we watched chatting about some scenes. It was easy to understand the details w/out English subtitle.

<訳文>
「B-ballに体格差はない。」
今日改めて思った。当然オレが一番小さいPlayerだが、Gameが進んでいくにつれて、イイプレー(オレの中では、がむしゃらなプレー)を続けていくうちに、だんだんみんながオレの存在に気づき始めた。この瞬間が、一番気持ちいい。こんなオレでも認められるんだって。要は、前にも書いたけど、人より動けば、問題ない。

クリントへの誕生日プレゼントとして、今後役に立つと思われる「ネクタイ(こっちでは、タイ)」をあげることにした。でも、さすがにUS、ネクタイもダサい。ってことで、ストライプなどの柄物は避け、シンプル且つお洒落なものにした。日本では、$70~150位が相場の価格設定に、USがはやり全く新しいインスピレーションを与えてくれた。なんと、$29.50-★安っ。でもm¥ホントにお洒落。オレも欲しい。

今夜観た「モンスターズ・インク」で、ヒューイが面白いことを言っていた。
「このキャラクターもアメリカナイズされてるよなぁ~、ゴツくて、マッチョで。」
このストーリーを知っている人は分かると思うが、これは、モンスターの世界が舞台になっていて、寝ている子供を驚かせ、そのときに出る悲鳴をその国の動力源にしている。その国のトップモンスターコンビ、サリーとマイクが子供を元の世界へ返す奮闘振りを描いた作品。サリーなどの、驚かす役側のモンスターたちの姿が、Americanizeってわけ。街の道路や、街灯、車、なんかも全てそう言える。まぁ、USのFilmだし、USの会社(Wolt Disney and PIXER)が製作してるから仕方ないんだけど、こんなところからも、Stereotypeが生まれるんだなぁって実感した。
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-06 07:43 | @Portland

Original Characters♪

There are lots of birthdays in May, lol. Today is of Clint. I have to present him something special. Anyway, I skipped my workshop class, TOEFL. During class I took CD-TOEFL at home till Kina & Moeko came here to chat or have lunch. They stay w/ host family, but plan to move out & in a dorm. Kina is wondering which is better, here or Ondine.

The number to touch my PC is increasing recently, lol. Several reasons are to type assignments, to keep dailies on-line, or to chat w/ friends in Japan or here, especially w/ Keiko,lol. She lives two doors next to me, but I keep contact w/ her everyday, lol. It’s a funny situation. Our chat is about from ‘Can I borrow sult&papper?’ to ‘Let’s go shopping.’lol.

I went to eat w/ Clint, Kyle and girls at TODAI in Pioneer Place. Those whose birthday is today don’t have to pay anything. This customer service is like Asian Kitchen in Tokyo. They will give us a huge puff if we go there on someone’s birthday. It’ll cost $30-, lol. When you guys r in Tokyo, you should go there and check’t out.

I made a friend when I joined da language exchange. She is from Germany and major in Designer, additionally minor in Japanese. She said she’s learned English since junior high school, but I felt that she’s not good at it well. I was a little surprised. For the first time I spoke German in three months.lol.

<訳文>
最近、メッセにはまってる。この流れは、日本にいるときに一時期サークル内で、すさまじい勢いで来たw。そのとき乗り遅れたオレは、今頃来てるってわけ。留学して必然的にhotmailをチェックする回数が増えたことも、理由の一つ。ってことで、今日は新バージョンの「手書き」での絵コンテストの展示会をします。
c0073161_1659134.jpg

↑上手く添付できなかったので。写真撮ってみた。
上段左は、わたくしの「アストロボーイ」。自信作。
上段真ん中、見えにくいが「バイキンマン」。作者不詳。
上段右、ブサいく「まる子」。作者;みさ、なはず。
下段、すんごいとこからしっぽが見える「パンダ」。ケイコ作。

こんな感じでメッセにはまってる。私でした。ではでは、明日が終われば、Weekendや。
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-05 16:48 | @Portland

Oasis during Summer.

‘I think that’s all,’ I said to classmates and teacher this morning. Suddenly they burst into laugh shortly. That is our success, lol. For we made the last page funny, that da term ‘Thank you’ and a photo are spinning. We included like American joke. I had to think of our details again after it. I mean, ours was a little bit shorter than ten minutes when we can present.

Professor Readon is the first to attend SS class in 30 days. He visited Taiwan and other Asian countries, of course, for business. He said he’s thinking about Orientalism anytime anywhere, lol. Today he stated to us about Occidentalism, especially how to translate peoples’ voice by themselves. He called it da power of language. I could make sense it well and thought of Japanese Identity & Nationalism.

I helped my friend James, who majors in Japanese at PSU, teaching his assignment. He’s reading Japanese poems; Misuzu Kaneko, Shuntaro Tanikawa. I consider it difficult to translate both Japanese form English and English from Japanes. Coffee Hour is held every Wednesday, joining lots of international students.

Today is Naoko’s Birthday, so we celebrated her at Ondine dorm with our mouth full by ice-cream cake, lol. I presented her a yellow mug cup, giving her the feeling of happiness.

<訳文>
今日何考えたかなぁ~。ぁ~、最近「夏休み」が待ち遠しくて仕方ないんだよね。というのも、Summer Termが終わったら、LAに行って、グランドキャニオン行って、ベガス堪能してっていう計画を立ててるのだぁ。旅のお供は、高校時代からのトモダチ、必然的に大学も同じなんだがw。やつらは2人で、海を渡ってきてくれる。
んで、この旅が終わっても、まだまだ休みは続くから、ヨーロッパに行こうと考えてる。フツーに考えて、JPNからの旅費よりも安く付くのは目に見えてる。だがら、今しかないのだ。ついでというか、これがホントの目的なんだけど、9月からスペインのバレンシア大学に留学する杉田(同じ高校卒)に会いに行く。スペインさいこーだね。サクラダファミリアなんて、言葉だけでゾクゾクする。んで、現段階では、Air Ticketを探してる。先のLAは、日本の2人次第なんだが、いかんせんヨーロッパは、どの国の、どの都市の、どの空港に行くのが一番安いのか、調べるのが大変。マジで、手探り状態が続いてる(泪)。
今のところ行きたい国は、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガルかな。期間的には、8月の終わりから、9月の授業開始の1週間前に帰国するとして「約3週間」。ワクワクしすぎて夜も寝れないw。
早稲田に帰って、4年生の夏はドイツにいってWorld Cup 2006の雰囲気を味わってくる予定。うん、これまた楽しそう。絶対実現させてやる。

そうこうしてるうちに、みさがいらっしゃった。勉強仲間を探索してたらしいが、案の定「三日坊主」ぶりを存分に発揮され、そそくさとご帰宅された。とさ、ちゃんちゃん。
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-04 15:00 | @Portland

Located next TV♪

I took a walk to 23rd mainly because tmmrw is Naoko’s birthday. I walked around and bought postcard. As for me, I got decided to keep a cactus, $3-tiny one. At a next shop I got a white a little bit large sandals, $12-.
I have much time, so I walked to Adidas shop and bought a mug cup as her present at da next to Adidas. I fall a sleep till 4pm shortly after comeback.

I worked a presentation w/ my partner, Miu. ‘Yakisoba’(, flied noodles,) party was held w/ Kina, Atsuko, Clint, Mayu. It was the first time here in 30 days and good.
Finally, we finished preparing it, that is, making pages on PowerPoint.

Now I’ll talk about my PP strategy. A visual info is more significant, making it easier for listeners to understand. Besides, there must be the least terms each page. I’ve experienced it few times, I think I suck it, lol. I wish I could speak fluently. Additionally, I’m gonna learn it thinking the contact to audience is the best. For instance, when they are bored, I had better ask them something at random. What I need to notice is listen to us.

Anyway I hope our presentation will achieve success tmmrw.

<訳文>
23rdでお買い物してた。サンダルを買ったんだが、若干大きめ、その場で履いてみればよかったと、少し後悔。んであまりに暇すぎたので、のんびり歩いて帰ることに。清々しかった。やっぱり買い物は一人に限ると、改めて痛感。
んで、明日はNaokoの誕生日なので、プレゼントに添えるカードを23rdで、モノはダウンタウンで買った。優柔不断なオレは、案の定時間かかったね。
んで、Assignmentのプレゼンの準備を開始した。このPCには、元来PowerPointはインストールされていないのだが、友人がコピーをもっていたのでちゃっかり頂いた(違法だが・・・)。これで、プレゼンに対する不安要素が一つ消えた。あとは使い方をマスターするだけ。プロに近いリクにアドバイスをもらい、なんとか形になった。見出しの言葉をいかに端的に、かつ分かり易くするかは、オレらの「頭」にかかっているw。
まぁ、今日はこんな感じ。

あと、今日増えた我が家の一員を紹介しよう。
c0073161_1459336.jpg
その名も、「cuc」。今気まぐれで名づけてみた。このコは月に一回食事するだけでいいみたい。
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-03 14:40 | @Portland

Motivation of Job Hunting.

Today’s classes were easy ‘caz I had only to sit down. I mean, I did discuss da presentation and watch da movie. Exhaustion fall me in dream, that is, take a nap.

During lunch time Mr. Glen correct my paper, fortunately. He was kind enough to spend time talking about my assignment for a while. SS professor said we have da second chance to rewrite and hand in it.
What I have to do today is to borrow DVD, Hoosiers, form Ari for Extra Credit. This film is about high school basketball team, so it will be easier for me to understand and summarize it.
I’ll talk about da difference between da forms of DVD soft. I mean, there are two types of DVD; da type 1 is made in US, while da 2 is in Japan. My lab top is also made in Japan, playing only type 2 DVDs. If I try to watch a type 1, I can change a user type only once; from 2 into 1. On the other hand , I’ll be unable to watch type 2. I’m serious. I really wonder why these situations are going. Da modern technology would solve it. Anyway I don’t have to worry about it ‘caz I can watch DVD from Ari, lol.

<訳文>
就活へのモチベーションが上がっている。極めて良い傾向に間違いない。日本にいる早稲田の3年生の中でも早いほうに分類されるだろう。それもこれも、Rikuのおかげ。彼は今年Seniorで、PSUを卒業し、就職することを希望している。日本の大学と違って、こっちの大学はSeniorを終えてから就活を開始する。一方、日本では、「卒業見込みの生徒」を対象に就活を受け入れる。つまり3年の秋から本格的に始まる。
Rikuが面白いことを言っていた。「10月にBostonで就活フェアがあるんだけど、来る?」日本の企業が来ることは、以前にも聞いていたが、まさかそこで「内定」がもらえるとは考えてもいなかった。現に、早稲田から私費留学でPSUに来ている人は、昨年の同フェアで「ゴールドマンサックス」の内定をもらい、そろそろ日本への帰国を控えている。しかもそのフェアは期間が限られているため、短期間での内定獲得の可能性が高い。その彼もわずか2日でゲットしている。
さらに嬉しいことに、面接は日本語らしい。まぁ、そのころまでにはオレの英語力が向上していることを願うが、今の段階で「日本語」と聞くと、何故か安心する。
先月日本の実家から送られてきた荷物に、姉が使った就活グッズを入れてもらっていた。それがこれから急速に活躍し始めると思うと、ワクワクする。
将来が楽しみ。おっきな人間目指してがんばろっと★
[PR]

  by tkpsu | 2005-05-02 16:26 | @Portland

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE