<   2005年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

Yell and Yell and Yell !!!


c0073161_16551061.jpg
When I read an econ text, I received an e-mail from Yusuke. It asked me to join a beer festival. It seemed to open at Waterfront Park along a river. It was at 4:00 pm that we left home. There were enormous drinkers chilling w/ each other, including children, who didn’t, of course, drink a lot. Long time, no pictures I took. I’ll put some of them on this weblog.

I hanged out w/ Yusuke, Keita, Jun, and Keisuke. Although it was pretty hot and sunny, we had fun, especially after drinking a lot. We shouted, yelled and asked anybody, lol. Yusuke got drunk too much, being dead. He was so funny that he had no choice to ask ladies. Nobody knows how many kinds of beers we drunk.

Talking about how to get a beer, we buy a mug and some tokens, first of all. A mug costs $4, while on token, which means one taster, costs one buck. Da shape of this token is like a coin, which we called One Wooden Nickel. Sunday was da final date, and it was over at 7:00 pm. At the end of it, fortunately, we met a group of American who can speak Japanese well. They guys went to a high school in East-Kurume, Tokyo.

One girl whose parents are living in Ikebukuro, Tokyo shouted many times, “I miss Tokyo. Harajukuuuuuu!!!” They guys are on the way of a live tour; Denver, LA, Colorado, Pennsylvania, Seattle, etc. Never forget such a date to meet each other. That’s because nobody knows whether we’ll meet again somewhere.

<訳文>
今日で、7月が終わる。とても早い。8月の2週間が終わるまで油断できないのが学生のツラいところ。Summer Sessionが終われば、1週間後にTOEICの受験。勉強せねば。んで、その1週間後にはJourneyが始まります。

さて昨日の続き。「飲んだくれ旅行3日目」です。
寝起きの遅い高校生は、手短に朝食を済ませ、荷造りをし、お世話になった旅館を後にした。といってもこの日も特別予定なし。ってことで、なんとなく行きは使った高速を、帰りは使わずに帰ることにした。そしてまたなんとなく御殿場を通り過ぎ、箱根の峠越えに挑戦することに。渋滞もなく、ただひたすらくねくねした道を、それなりの速度(アクセルを踏んでも、上り坂だとあんまりスピード出ないんだけどね・・・)で軽い競争感覚で攻めていった。

このレースで、友達のクルマを運転したオレは、苦労したね。だって、道間違えたんだもん。ケータイで二手に分かれた道のどっちを行くか連絡していたが、どっちにいくかあやふやのままその分岐点を通過してしまった。結局合流地点が同じだったのが幸いしたのだが、クルマの中は爆笑険悪のふたつのムードが入り混じっていた。

そんなこんなで峠を越えると、すぐに厚木、小田原に差し掛かった。と、ここでまた「ムダに提案」が出た。

そうだ、小田原城へ行こう♪

ってことで、小田原城の入り口や動物園など満喫し、そこの軒先でみんなでうどんをすすり、昼食とした。あの時の集合写真、誰が持ってるのかなぁ~?日本帰ったら、聞いてみよっと。

んで、高速で140km/hぶっ放して上京していった。最後に初日の集合地点港北PAで再び集い、それぞれの自宅ごとに車の乗車構成を組み直した。どこで降ろされただろう、覚えてないや。でもあっという間の旅行だった。短かったけど、あれほど『バカ』した旅行はないね。
ぁっ、そうそう、お土産に旅館の近くにあった「葛湯(くずゆ)」を4つほど買っていった。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-31 16:33 | @Portland

Analog and Digital Country.

I got up early at 7:30am. I went punctually to da class, MGMT 407, 1 cre. It is 8-hour long, lol. Its title is Doing Business in Post-WTO China. What I learned here were China’s bank system, political system, a currency revaluation, incentives, obstacles, etc. To my surprise, there are some cups of coffee, water, and juice, and cookies, muffins, yogurts, and bananas. Instructors are getting them ready, though we pay for $5- as tuition.

This long run lecture was divided by several parts of each theme. Thus I didn’t feel how longer it is than I expected. During lectures they showed us some pictures of Shanghai China. I was impressed w/ what a beautiful/advanced city is. China including Shanghai has increased rapidly its GDP in the last 10 yrs. GDP growth rates are always higher than that if Japan: avg. 8 % to 3 %, I guess. However, China are very concerned w/ da slowly-increasing populations. Da teacher, Chinese, also said no increasing population, no Chinese life.

In my opinion, though it is not true, China has da big gulf btwn urban, suburb and countryside. Specifically speaking, da education environment, da lifestyle and da living status are completely different. I have no image in Japan. Every boys and girls are going to an elementary school which has enough amenities/facilities. In my school, every class rooms had TVs each.

It is crucial to care about GDP; however, you must not forget how all citizens are going.

<訳文>
【 楽しかった経験 】続きですがなぁ。
ドライバーは、優先して先に寝かされたにもかかわらず、みんな寝起きはバッラバラだった。朝露天風呂に行ったのだが、脱衣所から風呂までのあの寒さ、あの光景、蛙の石造があったの、忘れません。ほんで、みんな仲良く、朝食

「いただきまぁすっ!」

小学校時代のお泊り教室でお馴染みのあれをやったw。雰囲気は美味しかったのだが、味はね・・・

ってことで今日は、ムダに富士山を目指すことにした。修善寺にいるだけで自然と富士山と対面する。どれだけ離れているとも把握しないまま出発した。この日は、朝運転した覚えがある。目前にそびえる富士を目指し、一行は北上した。幸いにも、渋滞もなくただただ続く広い道を信号に邪魔されながらも進んでいった。が、無計画の一番悪いことが起きた。こっちからじゃ、富士山に登れない。・・・・・。ご存知富士山は10合に分かれ、半分までは舗装された道のおかげで、クルマで行けるはずだった。それはどうやら静岡から、西側から富士山の頂上に向かっていけば、到着できたのだが、オレらが選んだ道は、よく言ってもだった。

ってことで諦めた。昼をどこで食べたのか覚えてない。怪しげな休憩所だったろうか。結局何もしないまま旅館に戻った。

ぁっ、富士山を目指す前に、ムダにテーマパーク目指したんだった。旅館の人に言われて「行ってみたらぁ~」とそそのかされたのが始まり。いざ到着してみても、ドでかい駐車場に、クルマはわずかに手で数えられるほど。人気がない上に、高かったので、巨大迷路に少し惹かれたが、諦めた。そして始まったのが、「ドリフト大会」。レオのハンドルさばきがハンパなかった。姉貴のと言っていたプジョーをクルクルと乗りこなし、耳にすさまじい音を残していった。その帰り道に、ふと富士山が目に留まり、上記のノリになったわけ。

3日目はまた明日ね。沢山読むのめんどくさいしね(@^0^@)
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-30 16:46 | @Portland

Dream Atmosphere.

I joined FOCUS from 6 to 10pm, having fun but killing me. When I send e-mail to Yusuke, he told me to meet together at 5:50. We stepped to Ondine, hanging out Naoko and Yasu. An’ then a friend of mine Jason drove us to Hillsboro, where we get in a-half-an-hour-drive. We had a dinner in da center of a farm. Da Free Way has a terrible traffic jam. It was at 7pm that we arrived there.

We had a lot of dinner, like two hamburgers and one hotdog. After that a ranch brought us to meet a pack of goats. To my surprise, no goats escaped or chased. It’s da first time for me to touch them. Da happiest thing is to meet a three-week-old baby. When I was little and lived in Takatsuki, Osaka, I remember riding a horse. Where I did that might be Kyushu. I’m not sure.

Next I wanna say is about personal name. For Japanese it is difficult to remember American name, while for American it is so to do Japanese name. We r chilling about Yu and Ai as a name and You and I as an English noun. Everybody must be confused. Let’s guess/imagine this;
American guy chatted w/ Japanese. “I am I. You are not you but a friend of mine is you.” An’ then I wanna ask u guys where a friend is.

Another funny thing is Jason’s class had 5 Jason in a high school. When a teacher tried to check attendances, he seeming confirmed at least two of them and checked all of them present, lol.

<訳文>
【 楽しかった経験 】~高校篇~ってことで書いていきます。

部活と残りの9ヶ月に二分された高校生活の中で、沢山の思い出ができた。選りすぐってこのお話を♪それは、高3時、学部発表が終わり、残すは卒業式だけとなった2003年の3月中旬。我らがF, C, H, K, L組が集まり伊豆は修善寺温泉飲んだくれ旅行に行った。このメンバーは、学院祭や頭祭といった学院行事の幹部として働くことで、仲を深めたクルーだ。

合計車3台を出し合って始まった無計画旅行は、全3台が最初に集まる地をSA・PAに設定した。オレらの中でこの集合場所は、画期的で、誰が先に着いているのか、はたまた遅刻しているのかちょっとした話の話題になっていた。そもそもこの旅行は2泊3日で、いかに安く、温泉に浸かって、酒を飲んだ暮れ、遊び呆けるかというのが最大のテーマだった。結果としては、めちゃくちゃ楽しかったんだけどね。

東名高速の最初のPA港北で集い、タ●コをふかしながら、世間話をし、割り箸で作られたクジで、車決め。いざ修善寺へ、沼津ICで降りて、一路南下していった。3台の車も性能は、マチマチ。カーナビがある車は、基本的に先へ行き、様子を助手席のパートナーが、後続へ携帯で電話。沼津を降り、ある車はそのまま海岸へ直行した模様。その車を待つために、名前が怪しげなファミレスに入った。しばらくして再び16人が再集結し、旅館へ向かった。

道はそれほど難しくなかった。時間にして4~5時に到着したので、まぁ予定内の滑り出し。女将さんもいきなりおばさんギャグで応酬、ちょいと旅疲れの若干18歳の集団の苦笑を誘った。元気な17歳は、綺麗にからかっていた。まぁ、高校生ならしょうがないかw。合計3部屋用意され、その振り分けは、

3:3:10


どんなやねん!!

その夜、露天風呂に、酒に、誰が持ってきたか知らないけどウィイレに、盛り上がりほどよく寝た。2&3日目はまた明日。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-29 16:45 | @Portland

Awesome Party.

I went to da class room before an hour in order to study for a quiz. It was 50-minute long. I did my best. In da rest of class we did a debate in a class. Its theme is this: Japan should accept da immigration. This lecture was so terrible cuz there were no judge and leader who organizes it. In reality, I like to debate, but I don’t wanna do in such a bad condition.

At the end of class I received a research paper from Glen after evaluating. It’s not good. It said 82 of 82, but I was not satisfied w/ it. I realize that I need to develop it more. Another student got 95 of 82, I saw. Talking about my ESL class, Glen, a teacher, was really disappointed that only 7 of 12 students handed in papers. I think TNP students this year are poorer than da present 5 TNP students.

After Econ I went immediately to Computer Lab at Cramer Hall. However, da coldest air condition stopped my one-hour studying. Not only Cramer Hall but also da library and Broadway have a stable climate. Thus I have to bring an extra cloth. When summer has come, such a strange accident was held in Japan as well as here. That’s funny.

I had a party for Clint at Epler. I got drunk. Clint seemed to finish packing his stuffs. If he didn’t, it’d be a problem. He’ll leave on Saturday at 10:30am. In my case, my departure date was March 23rd, four months ago. It was da previous day that I finished packing my two stuffs. Although I thought I had to start before, it is da fact that nobody started from two weeks before departure.

<訳文>
【 影響を受けた経験 】というコーナーへ。今日は大学篇。
あれはいつのことだっただろうか。大学2年のお昼。冬かな。その会場に訪れる女性は皆このブランドを綺麗に身にまとい、堂々と入ってくる。一方オレら男組は、それを見て、「あいつなくねぇ~」とか「ぅわっ、カネかけ過ぎじゃねぇ」などと小声でじゃべりながら、そのブランドの社長の講演を、図書館下の井深大記念ホールで今か今かと待っていた。

そのブランドは、女の子なら誰もが持っているもの、そう【 LOUIS VUITTON 】。ルイヴィトンジャパン秦社長の無料講演会。こういった講演は、早稲田ではたまに催され、最近では6月終わりには、マイクロソフト社長ビル・ゲイツ氏が弁を振るった。この秦社長のアツい講演は、これから社会に出るオレらに、大いなる刺激を与えた。(←そう思っているのは、オレだけかもしれないが・・・)

"Passion"

この言葉を秦社長は全面に押し出した。そして僕らの胸に刻まれた。物事をするときに必ず必要なもので、忘れてはいけないものだと、社長は諭す。新入社員でも、ベテラン社員でも、仕事に対する情熱を忘れないで働いてほしいという、社長の思いも含まれている。

この日から、Passionという一言がオレの辞書に載せられ、何かある度にこの言葉を思い出しては、自分を奮い起こしている
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-28 03:44 | @Portland

Nothing I Understood.

First I did after leaving is to buy Wall Street Journal at Book Store. It costs only one buck. Bringing it I went to ESL class instead of not finishing reading stuff. Cuz I have a finance class, I buy it every Wednesday. I usually go to da class room rite before 15 minutes. I have to answer some questions about American Ethnic and Racing problem. Fortunately, when I’m thinking seriously, Saeko, one of TNP students, came there and helped each other.

At the end of ESL, Glen announced that we will take a test about this text tmrrw. How incredible it is. Does he know # of my stuffs in this quarter? Anybody help me. I wanna shout like that. Yet, da reality might pass away w/out my desire.

Finance 301 became difficult more and more. Although we are learning da base of a stock market, da structure/ detail is confusing. One topic I learned today is a relation between risk and return. The Alpha and the Beta are kinds of scales/measures. There are other scales: P/E, PEG, P/S etc.

I’ve been at Broadway for two hours. Briefly, I translated Riku’s resume. It is hard to translate these special terms: principle, knowledgeable, objective, etc. Although I wanna stay there, I gotta be back to home cuz, as I mentioned, having a quiz.

I was back to home to prepare a quiz. Unfortunately, I fall a sleep. As u know, I spent kinda boring everyday. In fact, I accepted such a pretty busy schedule.

<訳文>
【 感動経験 】をもう一つ。
それは、当時4年生に対して「卒業おめでとうございます」という意を込めたいわゆる『追いコン』でのことです。日付的には、3月22日、そう出発の前日だった。場所は、新宿のGAPから徒歩数分の、バーカフェ。

お酒と料理の最中、ラップ、記念撮影、とイベントは進行していき、もう4年生(現社会人1年生/大学院生1年)も卒業かぁ~としんみりした雰囲気が流れていた時に、MCの方から、オレの名前が呼ばれた。これから夢に向けて進んでいくていった内容で紹介されてね。ステージの前に連れ出され、拙い英語でメッセージを告げた。

すると、先輩から「空の袋」を渡された。MCの合図と共に、みんなの掲げられた手には、カードが握られていた。泪が出そうだった。我慢しないと、と葛藤。そのカードを回収するために、会場を回り、一人ひとりとしっかりと握手、抱擁をし、感謝・讃えを表現し合った。あっという間に、空の袋が一杯になり、ステージに戻り一言言って、その場を後にした。

『ホワイノが大好きです♪』

その夜、皆が2次会へ足を運ぶ中、オレは帰宅の途へ着いた。
その帰り道、
夜空を見上げ、
「この星と同じ星を見れるのかなぁ~」
明日から始まる新たの人生に一人祝福していた。

[PR]

  by tkpsu | 2005-07-27 03:43 | @Portland

I’ll be in Boston.

During ESL I learned the difference of pronouncing “R” and “L”. That is an entire theme when studying English. It’s pretty hard to get used it. To distinguish them means da success of studying abroad. I keep practicing that. “read” and “lead” are the most difficult terms. So are other patterns: rib & lib, right & light, ring & ling, etc.

After Econ I was there as usual. I left home for there at 7pm. The soccer game was held at the field. I found Riku as GK there. An’ then I have used for a few hours. Suddenly, I found Keiko studying at Broadway. She seemed to drawing smth. Cuz I’m sitting far away from her, I can’t see exactly. Riku appeared there in a few hours.

In the first two hours, I was researching about Beta in a stock market. That’s a home work of Finance class. An’ then I bought an air ticket for Boston. It costs $252 each by North West airline. We’ll leave here early morning cus our flight is at 7am. We’ll arrive at Boston at 5pm on Thursday, when is the date before a career forum.

Talking about this forum, I got one offer from Yamasho, one of the companies which will join this September. I was a little bit happy to receive it. It was at 12am that we left there for home. Although I gotta read a text, I fall a sleep.

<訳文>
昨日の続きッス。留学の結果を知ったその日について。

願書の提出が10月にもも関わらず、留学派遣学生の発表は、12月3日と長いこと待たされた。この約2ヶ月は、どう心を落ち着かせていいものかと、夜も眠れなかった。と言いたいところだが、ちゃんと寝てたw。この留学のために、どれだけの歳月と費用を費やしてきたと思っているんだ。留学しなくっちゃ、オレの顔が立たず、親に本当に申し訳なく思ってしまう。そんな心配も裏腹に、刻々と発表の日は近づいてきていた。さらに同時期にスペインへ向けての願書を提出した杉田(学院からの大親友)の発表日でもあった。

今回の発表は、掲示という形式をとらず、早稲田のアカウントによるメール通知だった。3日に知らされると分かっていたので、前日2日の夜からソワソワしていた。というのも、あと数時間で3日の0時を向かえ、同時に通知が来ると最初は思っていたからだった。でも、時計の針が12を過ぎ、1を追い越し、2に達しても、一向に通知が届く様子もなかった。だからその日は寝ました。3日はフツーに授業もあったしね。

んで、結果を見たのは、金曜日社会政策の授業の前だった。政経のコンピュータ室で、一人アカウントにサイン・インし、結果を見た。その結果を見て、ギュッと拳を握り締めた。そして2限の教室に行った。学院の部活からの大親友の高市がいち早く授業の開始を待っていた。その彼に最初の報告をした。力強くハイタッチし、喜び合った。彼は、オレが留学するにあたって影響を受けた中の一人。嬉しくって嬉しくって、授業どころではなった。

授業中に、いろんな人にケータイからメールした。中学の友達、F組仲間、大切な人、先輩、もちろん両親。そして大切な人にも、その夜祝福と題して、食事に連れて行ってもらった。幸せでした。そんこんなで、留学を手にしたオレは、今「充実」の2文字を得るために必死に頑張っている。異国の地での一人暮らしから始まり、単位取得まで様々。あと残すは1つのタームだけ。もうこれしか残ってないんです。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-26 13:46 | @Portland

Tomato Soup I Cooked.

I received a mail from Misa. I don’t notice who she is cuz she wrote her name in Japanese character, Kanji. The back of its postcard shows Duomo in Milan I plan to visit in summer. Only one picture impressed me. To my surprise, I can see Duomo anywhere. In fact, I found it in Rome and Florence on an atlas.

I played hoops downstairs at gym. For da first time, I did there since last quarter. When I entered da small gym, I found one guys of mine, Anthony. While practicing to shoot hoops, some crews came there, including Alone, Non, and Dan. Unfortunately, only 8 guys came there to play by 6pm.

I went to Broadway from 7pm to 12am. What I did is correct my research paper as rough draft and research European stations I’ll get. I read through my rough draft and correct it by myself. I started researching which train to get on to destinations. My journey will be pretty busy.

Talking about my cooking, I cooked a soup in a few days. I bought a tomato can and used it. I’m eating it as past or risotto, and w/ bread. It was good, though it is wired to say that by myself. It is a good practice for those who will live alone in Japan to cook alone, anyway.

<訳文>
【 感動経験 】最後の今日は、大学生活篇。まぁ、今現在2年4ヶ月しか経っていない大学生活。それなりの感動経験はある。

以前もブログで話したように、4年と限られた期間の中で、何もせずにただ単位をとって卒業するのは簡単なこと。でも最後の学生生活、充実して過ごしたい。それを満たすのは、「留学」だと入学当初から決めていた。

幸いにも早稲田の留学システムはしっかりしたもので、留学先でのフォローも満足いくものだった。しかし留学にはTOEFLのスコア獲得が義務付けられており、一定の得点(どのプログラムも基本は500)をクリアしたものしか出願の権利は得られない。あいにくオレのスコアはひどいものだった。だいたい100点近く上げないとその権利は得られなかった。そのために1年の10月から塾に通いTOEFLの真髄を見てきた。そしてスコアはみるみる上がり、基準に達した。出願は1年に2回、6月と10月。これは基本的に、豪州方面への留学と、米国・欧州への留学からなっていた。というのも、豪州は日本と同じ時期に学校の1年が始まるためこの時期の出願になっている。米国や欧州は、9月スタートなのは周知。

オレの留学のキーは、4年間で卒業できるか就活に間に合うか、の2点だった。だから初めは、豪州に出願したが、基準点が50点高く、あっけなく落ちた。留学の道は絶たれたかと思った。というのも、豪州の留学終了は、3年生の11月、米国の留学終了は、3年生の学年が終わる3月だったから。これでは、就活には間に合わない。しかし留学の神は、オレを見放さなかった。TNPが残っていた。2年生の9月応募で、2年生終了直後に出発、早くて3年生の12月に帰国。 これなら間に合う。

だからこれだけ考えられた、大学生活の充実を保証した留学が決まった時、嬉しかった。それを祝ってくれた人にも感謝している。オレの留学を支えてくれている全ての人にもね。明日もうちょっとこのことについて書きます。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-25 10:26 | @Portland

Let Me Be In Europe.

It was a certain miracle to get up at 8am. That’s cuz we have to get to Rose Garden, even though we can’t play any more today. Since da enemy didn’t show up, we got an easy win, but we have no playoffs. Thus I was rite back home cuz I need to sleep more. After saying good-bye to crews, I left there to get #8 bus for PSU. Fortunately, I got early on it. It was at 10:10am that I was home again.

I go immediately to bed. In the reality, da party ended up by 2:30am, preventing me from sleeping. Accidentally, I got up at 8:00am, lol. I got a deep sleep. It was when Dan announced me a victory at a high voice that I was awake again. He said that we had one more game in playoffs. The reason is a team who will go to playoffs didn’t show up Sunday. That’s why da opportunity faced us. However, as I mentioned, cuz I was at home, I didn’t meet guys. I thought they guys couldn’t beat an enemy, I’m sorry.

I stayed at Broadway from 4 to 9pm during their game, a semifinal of our tournament. I think about Europe Journey. As a result, I bought Eurailpass Youth whose durations are 15 days, and cost is $ 382, excluding shipping. I’ll stay at Europe from Sep 2 to 21. Yet, this duration is fine cuz I plan to stay at Paris for 6 days. I mean, between 2 and 21 do I travel other places: Mont-Saint-Michel and its Bay in France, Amsterdam in Netherlands, Naples, Rome, Florence, Venice and Milan in Italy, Barcelona in Spain.

I typed a research paper in 6 pages, at last.

<訳文>
さて今日の【 感動経験 】は、高校時代。
オレの高校生活は、綺麗に2つに分かれる。部活の2年3ヶ月と残りの9ヶ月。ホントに沢山の感動があったけど、今回は部活の感動エピソードをどうぞ。

あれは確か2年生のある練習試合に起きた。先輩がいなくて、後輩と喜んでいたからきっと2年生のころだと思う。しかもジャージなどのウォームアップ用の厚手のジャージは持っていなかったはずなので、あれは夏かそこら。その舞台は、東京は北区駒込、聖学院高等学校。綺麗な学校です、うちのオンボロ校舎(←その昔どこかの団体から校舎を丸ごと買ったそうな・・・)とは大違い。校庭では高校球児たちが汗を流していた。

練習試合といってもやはりスタメンが試合のスターターとして主に出場する。当時も、その後もずっとスタメンにはなれなかった。というのも大の親友、恭介が抜群のセンスを誇っていたから。彼のセンスにいち早く気づいたのは、やはり赤さん(故・監督)だった。1年生のときから頭角を現し、たびたび公式戦に出場していた。

その恭介がケガか何かでその日試合に出ていなかった。そんな時に転がり込んできたチャンス。結果から言えば、「モノにした!」もっと正確に言えば、その日だけモノにした。その日のある試合に出場していたオレは、そのチャンスをずっと窺っていた。何点負けていたかは、定かではないがあと1ショットで、チームが勝てる瞬間だった。残り時間わずか数秒。最後の攻撃。

左コーナーで、パスをもらったオレは、シュートフェイクで焦る相手を一人かわして、落ち着いてボールを放つ。ブザーと共にチームメイトと抱き合って喜んだのを覚えている。単なる練習試合のひとつなのにね。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-24 07:01 | @Portland

I Don’t Want You To Forget.

I got up early at 7am caz I play 3 on 3 @Rose Garden. Unfortunately, Non, Japanese, one of members, was late lol, missing da game that we lost, 5 for 16. I noticed that our practice was quite short. Talking about myself, as it was da first time for me to play outside on a hard court, I couldn’t fit da game. As it was too sunny to make a shot, I couldn’t fit da game. To be honest, that’s my poor excuse.

Our mind was changing at a higher speed by da 2nd game. The first started at 9:30am, and the second did at 11:30am. We discussed what to do next. We conclude that all we have to do is a triumph. Our next opposing team won da 1st game. I have no time to care about it. Non came, played and scored 10 of 16 we need to win. I netted a big 2-point shot from arc cuz nobody can score 3-point shot in the rule of Street Jam, leading us to 1st victory.

We thought we passed da qualification after winning the 3rd game. That was our biggest misunderstanding. I can’t concentrate any more. Da score is 10 to 12, 2 down. We didn’t catch up w/ them. Da limited time, 15 minutes, was over. We lost it, 13 to 15. We went home w/ feeling disappointed.

We had a party for Clint who is gonna to work in Japan as well as Dan. It was held at Bush Garden at 10:00pm. At first, there were several friends of Clint from da same high school: Michael, Bro, Cameron, Clint’s younger sister. Japanese crews were late, but I can listen about their high school life. It was fun. An’ then his best friends arrived: James and Kyle.

Finally, I gifted him a postcard saying that I don’t want you to forget smth important, such as Portland, friends and parents who have supported, and why u r in Japan.

Good Luck, Clint !!

<訳文>
昨日に引き続き【 感動経験 】。今日は中学校時代。

相変わらず学校行事好きだったオレは、自慢の運動神経をそのまんま運動会にぶつけていた。100m走、200m走、リレー、クラス対抗応援合戦、組体操、ダンス、大百足、障害物競走と競技は盛んだった。3年生にもなると、だいたいの流れが分かっているせいか、盛り上がる場所も知っていて、楽しい1日を過ごした。A、B、Cと学年に3クラスしかない中で、優勝争いをしていた。

運動会には何故かリハーサル、予行なるものがあって、本番さながらの熾烈な争いを演じていた。当日と違うのはタダ保護者、父兄がいないだけだった。各競技の点数もきっちり集計して、予行での優勝チームもちゃんと決める。その日に勝っても、当日奇しくも負けるクラスはあった。その逆も。

オレら3年A組は、その奇跡を起こそうとしていた。優勝の鍵は、オレが出場した男子400mリレーにかかっていた。予行では、あっさり1位を獲得していた。それが今考えると誤算だったのかもしれない。このレースで1位を取れば、優勝が我々の手の中に。という状況。

本番は、何が起こるか分からない。4人で構成されるチームのうち、2人が連続してバトンゾーンで転倒した。でもオレらは、きっちりルール(バトンを落とした時に、前走者が必ず次走者に自らの手で手渡さなければならない)を守り、アンカーのオレにバトンがまわってきた。結果は、4位。そこまで、もうそこまで手が届いていた優勝の2文字があっさり2つの大きな翼を羽ばたかせ飛んでいってしまった。悔しかった。泣きたかった。でも恰好悪いから泣けなかった。

運動会直後の学活で、担任の工藤先生がこうコメントしてくれた。「先生嬉しかった。すごいと思った。さすが3年生になるとルールもきっちり守って、完走できるんだね。それがすごく嬉しかったよ。」って。それで、その時の悔しさは消え、満足感が心を満たした。そして今でも覚えている。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-23 03:32 | @Portland

Unforgettable Day.

I was at Broadway from 12pm to 3pm to renew my weblog and think of planning my European Journey. Specifically speaking, I have to decide what kinds of Eurailpass I get. Da most difficult problem is whether I’m gonna go on a trip to Amsterdam, Nether lands or not. That’s cuz da price of a pass is up to # of countries I’ll travel to.

I met Noom, one hoops crew, in front of McDonald, getting to Rose Quarter to sign in da game. I can’t hide my happiness to watch da court. I made sure how many courts they guys have: 35. That # involves a center court whose floor is pretty clean. That’s why I think it was used as a Blazers cort in the Rose Garden before. However, most players will play on a street. I’m looking forward to playing there.

I was in CP lab again to make da hoops game schedule. Shortly after arrival I was rite back to home, and I left immediately there to join guys who are gonna see da Kabuki, Japanese traditional theater at SE. It was at 6am, and da play will start at 8pm, so we can get in there from 7:30pm. One staff said that when I asked. The play started, immediately making us impressed.

I went to Dan’s home party. He’s gonna work in Toyama prefecture, Japan. He’ll leave here for there on July 30th at 2pm. When I arrived at there, he was crazy already. It was after 10pm. To my surprise, there were many people, especially Asian people. It’s nice to meet one girl studying abroad here.

<訳文>
今日は、小学校時代の【 感動経験 】について。
小学生の時何を考えて6年間過ごしていただろうか?ただ遊び呆けていただろうか?それとも何かの学校行事に力を入れていただろうか?運動会や、音楽会、学芸会といったところか。触りはこれくらいにして、本題へ行きますかぁ。

オレらの小学校は、1年置きに音楽会と学芸会が入れ替わり、それぞれ3回して卒業となる方針を取っていた。6年生卒業の年が、音楽会になるか、学芸会になるか、気にする生徒は少なからずいた。音楽会の方が好きなら、音楽会が最後が良いと望むだろう。学芸会も同様。オレは、学芸会派だったので、小2の時に初めての学芸会があって、喜んだ。小6の喜びが保証された瞬間だった。でもしょせん小2のオレ。そんな先のことは考えてなかった。

小2の「ピノキオ」でピノキオ役、小4の「王様の卵焼き」で王子様役、そして小6の「魔法を捨てたマジョリン」のダビット役を務めた。少し自慢させてもらうと、すべて主役級の役柄だった。

小6以外の学芸会は、明確な思い出がない。マジョリンについては、よぉ~く覚えてる。と言っても、ストーリーは忘れてしまったが、どうやって役柄を決めたのか、そのオーディションの様子はどうだったのか、どうやってその結果報告をされたのか、2パートに分かれて練習した光景などが思い出される。もう一つ忘れられないのが、劇中ダビットが独唱するシーンがある。そこでの照明の眩しさ自分の目の輝き観客の顔唄いきったこと、劇が大成功に終わったこと、忘れない。

こんな小学生の思いで一つ一つは、時間とともに薄れていくもの。でも本当に楽しかったこと、嫌だったことは気にしなくても残っているものだ。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-22 18:59 | @Portland

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE