<   2005年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

Bad Score Might Wake Me Up.

There were few students in ESL, making Glen disappointed, even though three students take TOEFL this morning, so they are absent. Besides, most students were late. However, we had nothing special. For all we had to do was a peer review of research papers. My rough draft is four pages long so far. Fortunately, nobody wrote more than it in class. I realize I need to develop it more.

I received the score of Econ exam. That’s terrible, reminding me of the reality. I scored only 30 of 56, alive/dead score. I notice that I need more time to study/read Econ. I’ll have no weekends from now. Actually, as I mentioned yesterday, I have to do a lot. Hummm…. Summer Session is tougher than I expected.

After Econ weekends of Week 5 have come. I’ll join Street Jam, 3 on 3 tournament sponsored by Blazers this weekend. If our team is winning, we’ll have a game Sunday. But, how about the worse case? Will we have any games, even if we lose Saturday? I have no idea so far. I’m looking forward to it, anyway. Every registered player will get a celebrity T – shirts.

Now, I’m in Broadway, lol. I’m here as well as last nite. I wanna think about who I am again in two hours left. By the way, I’m listening to Japanese music, especially “aiko,” one popular woman folk singer. Her voice & lyric are quite impressive, relaxing me anywhere. My other favorite singers are Yuzu, Mr. Children, Kaera Kimura, Def Tech, McFLY, etc.

<訳文>
今日は、昨日に引き続き【 好きなこと・楽しかったこと 】を受けて、見られる共通項について。

「ライバル探し」
これはオレの人生のテーマかもしれない。昨日書いた競争心と関わっているのだが、これはこれで単体として理解・認識して自分の中に入れておきたい。

人が何か新しいことに挑戦する時、必ず誰かの影響を受けていることは言うまでもないだろう。例えば、子供のころにTVで王・長嶋の活躍を見て、野球を始めた子供は少なくない。カズの活躍に感動し、Jリーガーを夢見た少年もいる。田臥が能代工業で3年連続3冠(インターハイ、国体、ウィンターカップ)という偉業をテレビで見て、バスケをやってみたい、あんなに上手くなってみたいと思った選手がいる。これらは、「遠い」ライバル探しを終えた瞬間だね。

次に直面するのは、「近い」ライバル探し。その競技や演奏、学問の道に進むと、同じ道に進んできた人と出会う。そして些細な競争が始まる。このコには勝ってるけど、あのコには負けてるな。といった具合だ。この小さな勝ちを続けていくと、知らず知らずのうちに本当のライバルが現れる。絶対だ。下を見ない限り、上を見れば必ずさらに上がいる。上を見すぎてもダメだし、ほんのちょっと上だけを見ても意味がない。ある程度の「差」がないといけない。この差を感じ取って、相手を見つけるのが、ここで言いたい「真のライバル探し」。

ライバルは、一人に限らない方がより視野が広がる。このスポーツではこのコに負けるけど、この科目では勝つな。と、こんな感じ。だから現時点で自分の周りには、ライバルがたくさんいる。オレの中での、ライバルの定義は、同時に【尊敬】の意も含んでいる。こいつ、すげぇ~よ、と思えたら、もうその時点で尊敬。簡単なことで、身近な人でいいと思う。

社会に入っても、ライバル探しは続くし、いい標的を見つける度に、追い越していく。

あなたにライバルは何人いますか?
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-21 14:03 | @Portland

The Library Overse.

After FIN I went to Broadway to write a research paper as a rough draft. I stayed there from 9pm to 12am. It was a pretty tough day cuz I played one-hour b-ball, had a three-hour class, and wrote a four-page-long essay. I worry that such a tough day keeps going. That’s because must-do tasks are increasing more and more in the 2nd half quarter. I have a 10-12-page-long research paper for FIN and its final exam. Talking about Econ, there is a final exam, too. Unfortunately, I have just three weeks left, not too long. I have to start studying all of them rite now.

When I arrived at Broadway, Riku was there. He seemed to sxxke before. I don’t know how come he’s high, lol. He was staying there one hour ago. Shou also came here to study. I didn’t see him crazy. He was studying Business unlike Riku. Being at Broadway lets me to study more and changes my studying environment better, anyway.

Where did I study oversea just 365 days ago? I seemingly was in a library in campus by 9pm, when they guys closed it up. I like that studying environment. In fact, I keep going there since I was a high school student. That’s cuz I went to Waseda University High School whose students can automatically go to Waseda University. Talking about ID, Waseda students hold the same typed UD card, including high school students. That’s why I can use the big and clean library. Some who go to a high school via Takadanobaba, a key station used it whenever they have lots of exams.

<訳文>

今日は、【 好きなこと・楽しかったこと 】。これは箇条書きなんで、末尾に持って期待と思います。

ってことで、これらを挙げた後にある課題、「以上の共通点は何か?」ということについて、少し。(少しじゃないかもw)
まず、オレは「競争好き」です。別の言い方をすると、「負けず嫌い」。どんな些細なことも、人に負けるのが嫌い。時は高校生。部活の練習で、コートを3往復ダッシュ×10本というメニューがあった。ただでさえ地獄だった。これは、夏休みに初めて組まれた新メニューで、一番最初に監督が、「やるぞっ」といったときは、みんな唖然とした。というかどうなるのか想像できなかった。そんなこんなで始まった新メニュー。部員は、30~40人といったところ(→実際この地獄の夏を経験して辞めていく奴は数知れない。)で、3列になって、各列ずつスタートしていった。まぁ、1本目は元気よくこなす。2本目。3本目と進んでいくうちに、ある変化が出てきた。いきなりみんなの息が荒くなり、肩で大きく呼吸するので、横から見たら波のように見えた。そんなに綺麗なもんじゃないけどね、当然。オレもその波の一員を担っていた。

それでも、負けたくない意識はしっかりしていた。だから、自分の組では、上位3番までには必ずゴールするようにしていた。この練習には、ルールがあって、声を出して、エンドタッチをすること。これが、練習をさらにハードにしている要因。ルールはきっちりまもり、ターンする毎に、エンドラインを手で触って折り返していった。その時の「ハィッ!」という掛け声は、監督に聞こえるように大きく叫んだ。

こんなに頑張るには、それなりの理由がある。基本的に、部活は競争社会だ。監督も30人を超える部員全員目を通してくれるほどヒマではない。AチームとBチームに分けられ、当然スキル基準。トップ10~15が監督に見てもらい、残りはサブ・コーチ(現監督)の下基礎練習。このランク分けのためにも、すべての練習項目がテストとなる。監督は、そういった小さな努力小さな可能性を見逃さない。だからオレは、誰よりも。一人でも蹴落とすために頑張った。その甲斐あってか、夏合宿の初日に、上に召集された。嬉しかった。その翌日には、下げられたのは聞かなかったことにしてw。

長々(←やっぱり)競争心のエピソードを書いたが、この意志はどこに行っても続けるつもりだ。だから、今度の経済のFinalも死ぬ気で頑張るつもり。

好きなこと・楽しかったことリスト
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-20 12:53 | @Portland

On-My-Way Station.

I am almost dead cuz Econ exam was pretty difficult. Professor said that a mid term exam consisted of 50 questions, though, da big fault happened to me. Actually, there were total 56 which were more than I thought. Though it was better to take a look at whole questions at the beginning of test, I was so nervous that I couldn’t afford to do that at all Besides, I have only 60 minutes for taking. In the last 5 min I couldn’t read the questions. I’ll pass the minimum line, anyway.

After such a bad dream I went to Waseda-Oregon office to check my Narrative on TV. I watched carefully it, and got smth strange. As u guys know, it’s strange to watch/listen yourself on TV. Nobody believes the voice, first of all. I noticed that my English was quite bad, even if Glen gave me a good evaluation. I didn’t speak fluently, loudly and clearly.

I was home at 5:00pm and left here for Broadway. That’s the five-straight days. That’s for just a job-hunting. I thought about what I did in each school periods; elementary, junior high, high school and college. How were ur studying grades? What did u do club activities? What’s the family for u? Who’s ur best friend? Who affected u? What to u wanna thank ur parents about? etc.

I was there by 12am when the computer lab is closed. In the last one hour I spent reading Rikunabi 2007, like mail magazines made by Japanese company supporting students who are looking for a proper job. I learned a lot from it. It is possible that the first job is the first stage of life. You can enter a company to look for what you wanna do. etc.

<訳文>
今日は、【 家族 】について。あなたにとって家族との関係は?どのようなことに感謝していますか?どのような気持ちを抱いていますか?といった切り口で書き始める。

普段意識しないが、常に自分を支えてくれた。進む道も姉に沿った感じで導いてくれた。母は、常に優しく怒るときも、毎回オレの不機嫌が原因。母に八つ当たりをし、ケンカとなる。ケンカなんてそんなものかもしれない。でも生まれてこのかた父親と怒鳴るような喧嘩はしたことがない。もちろん殴り合いも。体格では勝てるようになってきた高校時代でも、そうだった。父の意見は、常にが通っており文句のつけようがなかった。ただ、保守的な考えであることは、新しい物好きの母は気づいてくれていた様子だ。姉は、常に参考になる生き方をしてくれた。しかも、頭がいい。この点でも、オレの競争心がそそられる。中学こそオレは公立だったが、それ以降は早稲田。姉は立教と、ともに6大学。親も幸せだったろう。親に感謝すると同時に、親も感謝している気がする。中学受験に失敗したその夜、残念会と称し寿司を食べに行った。その夜は、算数だけのテストで中学入学を決める結果発表日だった。家族みんなで結果を見に行った。そんな夜もあった。

家族とは、普段何気ない存在で、その存在すら大切だとは思わせないものだが、ふと考えたときに、かけがえのないモノである。時に両親は喧嘩をするが、それも家族という枠の中。

その次に、今後の家族への接し方について書く。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-19 17:34 | @Portland

No Family, No Life.

I got the evaluation of Narrative about a high school, which was not bad. It said I told the story calmly, but it attracted listeners; I connected well w/ the audience. The specific term “calm” made me a little bit nervous. I found the number of 95 at the bottom. It would be the score of 100 Glen can evaluate. I didn’t think it would be worse than such a high score. Thus it impressed me well.

Next I have to do is to evaluate myself w/ a video he stored during presentations. I think about the following five sections in my Narrative; organization/clarity, delivery, pronunciation, grammar and vocabulary. It is the first time for me to watch, listen to, and evaluate myself. I think that’s a good opportunity to see how my English is going. I wanna do that again when it’ll be close to leave here.

I left home for Broadway shortly after a lunch. I have only one day left to study. I’ve finished reading through textbook for several hours. I think I manage to pass this subject. All I have to do finally is long for what a easy exam is. It is at 10pm now. When I look at text again, I’ll go to bed.

I wanna talk about next tasks. I don’t have a break, even if I finish this first exam. I have to think of myself for a job hunting. I’m not sure when I can fall a deep sleep.

<訳文>
ついに明日だ。最初のテスト。これから最後の詰めですね。ふぅ~。

さて、自己分析の続き。と言っても、今日は、【今の夢】を羅列する作業。早速、始めましょうか。恥ずかしいんで省略して書きます。

【30歳代~】
安定した家族
六本木・大手町・銀座で働く
長期休暇は海外旅行
安定した収入
青山通りで一人暮らし
ビートルを買う
タケオキクチのスーツ

【40歳代~】
肩書きをもらい、さらなる昇格
一軒屋
ホームシアター
ビリヤード台
海外勤務

【50歳代~】
定年まであと10年余
給料の他に株でもうけたい
会社の人事課で勤めたい

【定年後~】
家族とのんびり過ごしたい

【○年~】
海外暮らしをしてみたい
海のある温かいところで
男の子と女の子がほしい
男の子にはバスケをさせたい
子供にはお洒落に
こどもの独り立ち
2つの原則
・自分に忠実に生きること
・親に嘘をつかないこと


こんな人生過ごせたらいいなぁ~って思って書きました。

ひとつ言えることは、家族が出来たら生活のリズムが変わるってことかな。家族を大切にしたいし、奥さんをずっと愛し続けたいし、子供への愛情も忘れたくない。基本的には、「のびのび」っていうのが家族の色だったらいいなぁって思う。奥さんにも、ずぅ~っと夢を持ち続けてほしいし、子供にも「2つの原則」だけ守ってくれれば何してもいいような環境を作ってあげたい。すっごく先の話のようだけど、先じゃない気もする。

今から描いてみました。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-18 14:37 | @Portland

Sunday is Date for Studying.

Today also I studied at Broadway for research paper and economics. I finished ESL tasks in first three hours. Specifically speaking, as I mentioned before, I’m working about changing a career: in my assumption, to change a career is due to both an economic concern and an interest. When a worker want money more for his/her family, and when s/he wanna do what s/he loves to do. s/he will go on a new path.

However, through sources I found there the different fact. As long as I read just six articles about Americans who changed their careers/will do that, their whole career-changes are due to their interests. That’s new and impressive.

When I change a career, I hope it was due to my big lifelong interest. It is significant to find out what I wanna really do, or go back on the way to go. I don’t wanna change the line on the way, however. I wanna keep going to a proper way I decided if possible.

What is my life? What is my purpose? What is my worth? What is my interest? What is my goal? I can’t answer one of them at all now. But, I wanna be those who can answer all of them 10 years later.

<訳文>
今日のテーマは、ここ2日の続きで、これが最後となる。
自分を知るために。
21年間生きてきて、真剣に自分という人間と向き合ったことがあっただろうか。おそらく今回が初めてとなるだろう。確かに高校受験や、大学受験の時に面接を通ってきたが、当時の自己分析では不十分。レベルが違う。もっと自分の核の部分から、見つめ、疑問に思い、答えを出していく、自分を理解していく。レール選びは、その旅行者がどんな人かということを知って、初めてスタート出来る。パスポートを持っていないと、自己分析をしていないと、人生のレールを踏み出せない。自分を知っていないと、人に自分を教えることすら出来ない。しかもそれを自分の言葉で伝えないと、人には伝わらない。自分の言葉を見つけるのも、今の自分に課せられたハードルのひとつだ。最後に、人に伝えるときの瞳の輝きを忘れないで欲しい。あのなんでも笑って話していた少年の頃のようなその瞳の輝きを

この後することは、今の自分と向き合っていく作業。具体的には、好きなことは?嬉しかったことは?あなたの長所は?短所は?憧れの人は?どこに惹かれたの?など、人に見せるのが、どんどん恥ずかしくなってくるような問いが続く。まぁ、そこはごまかしごまかし更新していきます。

さてさて火曜日の昼には、テストです。初テストです。どんな感じなのは全く分からない。でもこの初回のヤマを越えたら、どんなもんがこの先待ち構えているのかぼんやりと見えるような気がする。

テスト。かぁ~、大学卒業したら、もう体験しないんだろうな。試験前のあの忙しさ・焦りをもう味わうことが出来ないんだろうな。ホントに今しかないんだよね。勉強する環境にいる最後の機会なんだよね、大学生活っていうのは。もちろん入社後に右も左も分からない状態からいち早く脱するために、一生懸命新しいことを学ぼうとするだろう。でも、この学ぶと、大学での学ぶは違うんだよね。高校時代の担任は、それを「学問」って言うんだと卒業前に話してくれた。学問は、基本的に答えのない勉強。自分で考え、調べ、結論を導いていく。このプロセスが、学問なのかもしれない。

学問を貫徹するためにも、とりあえず、火曜のテスト頑張ります。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-17 18:55 | @Portland

Alone is Everyone.

I’ve been at Broadway for six hours in order to do my fxxckin’ crazy stuffs. I started reading Econ text and researching companies after Riku’s come. I realized that it takes too much to research them. The more companies I plan to apply, the more number of them I have to research. We found a little bit what Dentsu, GE, and Abeam are doing. I’m gonna keep doing companies I wanna apply.

After tough works we had fast dinners at Cha Cha Cha next to Broadway. $3.95-dinner made me pretty full, even if I ate half of them. I was home and here I am.

I often watched Japanese dramas, Orange Days, whose story is about how college students find their futures. They are seeking what they wanna do. One student seeks to work welfare of aged as a nurse man. Actually, he received one hire-announce, like an official decision, though, he canceled it. That’s because he didn’t wanna give up hi real dream.

When he had the final interview, he thought why he began studying in the college. He said it was important never to forget the first belief. I think so. I don’t wanna forget that.

<訳文>
今日のテーマは、「迷わないために」。

いったん走り出した列車をそう簡単に止めないでほしい。いけるところまで一気に突っ走ってほしい。このレールを選んで本当によかったのだろうか。隣のレールのほうがより安全な道なんじゃないだろうか。そのまた向こうのレールの方が、みんなに人気があったんじゃないだろうか。周りを見ないでほしい。自分の行き先だけを見てほしい。時に行き詰ってもいいじゃないか。ただそれを越えようとする強い意志と実行する能力が、その時に備わっていれば誰でも越えることが出来る。ただ、どうしても隣のレールに行きたい、レールを換えたいと本気で思ったときは、覚悟がいる。生半可なものでは、途中で息途絶えてしまう。捨てるものもあるだろう、失うものもあるだろう。それでもよければ、またそこから新しいレールを行けばいい。

正直、引き返すのは難しい。日本の第一線で活躍している社長さんなんかには、レールを換えてきた人が多くいる。でも、それなりに苦労を重ねて、今の地位と名誉を得たのだ。その苦労を分かってほしい。

今日はこんな感じ。例え話貫いてるけど、考えてること、思ってることは同じだから。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-16 15:18 | @Portland

Words I have to say.

I joined Focus tonight from 6 to 10pm. It was held at a certain park located between NE and SE. I’m not sure where it exactly is. During this quarter they guys enjoy outdoors. We can eat dinner and play a lot. I

I played hoops twice a day; noon and night. I mean, one was from 1 to 3pm at PSU gym, another was from 8 to 9:30pm at that park, which has a made-by-NIKE b-ball court. I didn’t expect at all that I can play b-ball there. Thus I didn’t get anything ready; I wore a pair of sandals. Additionally, after the first b-ball I took a shower to make me refresh. I don’t wanna sweat any more. However, once I start playing, I don’t stop it. I need to take a shower again, finally.

I did nothing about Econ. I know I have to read through da text in a few days.

Talking about not the exam but a job-hunting, all I have to do so far is understand myself and research many kinds of companies. The first thing is the first step of finding a job, the most important part. To find out who I am tells me what I wanna really do. After I notice that, it comes to be easy to narrow the field of company. I can step forward; research.

Twice hoops killed me, going to bed. Good Night.

<訳文>
これから、この【訳文】のとこは、就活について必要な自己分析欄にしたいと思います。興味があれば、目を通してください。でも、少し恥ずかしいっす。

今日のテーマは、「就活とは」。

就職活動は、人生の岐路といっても過言ではない。親によって敷かれた今までのレールではなく、自分で敷く初めてのレールを今歩みだそうとしている。そのレールがどこに続いているのかはわからない。終点がどうなっているのかわからない。でも、「○○行き」と自分で自身を持って言えるようなレールを作りたい。その行き先を決めるのが、就職活動ではないだろうか。進む業界、企業によって当然結果は異なっていく。得る知識や経験も、年を重ねるごとに蓄積されていき。隣のレールが、いつの間にかもう見えなくなってしまうだろう。スタートした段階では、声をかけるほど近い感覚だったのに、10年も走り続けると、姿すら見えなくなる。存在すら忘れてしまうかもしれない。

でも、世界に散らばったレールも出発地点は同じなんだということを忘れないでほしい。原点を見失わないココロをいつまでも持ち続けてほしい。

とまぁ、こんなところです。ラフに書くのが、自己分析(ある本では、我究と呼ぶ)の方法なので、お許しを。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-15 12:48 | @Portland

Economics Trouble.

I have a midterm exam of Macroeconomics next Tuesday. It is pretty tough for me cuz I have to read roughly 200 pages of text, understand and memorize them. Fortunately, it was a multiple type test. I don’t have to write whole academic words. It is still tougher task, anyway. Week 4 has passed after today’s Econ class, instead of Thursday. I have three-straight weekends every week in this quarter. However, it’ll be spent by reading stuffs, lol.

I received the evaluation of ESL class by Glen. It was the first time to get such a middle grade. Actually, it was just a comment to my attendance in this class, including speaking opinions, small group discussions, speaking narrative, overview test of textbook, etc. It didn’t say smth bad at all. Meanwhile, it said that keep up your work. I was happy about that, and try to do that. After 4th week ESL also comes to make me dead. I mean, I have a research paper as I mentioned before. All I have to do by next Monday is find new 3 – 5 sources and summarize’em in a few sentences each sources.

Another I wanna address as my first experience is to purchase a mark sheet. It, whose name is Scantron, costs only $0.20. What I was surprised at is not the cheap price but that we have to purchase such kinda answer sheet. In Japan, whenever we take exams, instructors get answer sheets ready. We don’t have to get by ourselves before taking exams. Since these mark sheets are sold at Bookstore, it is general here to purchase for each exams. However, in a case of essay type exams we don’t have to do that, I guess.

It’s July 14th. It was the end of a 1st half of this term. Talking about Waseda students oversea, they also study hard for exams, which are finals of the 1st semester. I can measure how busy they are by looking at the online billboard, so-called BBS. That is, the busier they are, the more articles they write. As they write constantly down, I can see more than 10 articles in a day.

<訳文>
ここ3日Broadwayに通い詰めている。この環境最高だね。時間無制限というか、好きなときに行って、好きなときに帰れる。しかもPC使えるし、今もこうして【日本語】打ってるし。もともとここは、リクの棲家だった。それを真似て今に至る。そのリクも3日連続でここで会っている。今も目の届くところにヒューイと並んで、スクリーンに向かっている。おっと、今その二人が席を立った。帰るのかな?いや、タバコだ。まぁ、喫煙者ともなると、勉強していると無性に吸いたくなるのだろう。この感覚は、オレには分かりません。

さぁ~、今日は何の話しようかなぁ。うん、【評価】について。
大学における評価は、何も教授が生徒の成績を付けるだけではない。生徒が、先生を評価する方向もある。今日のESLのクラスの終わりに、先生に対する要望や意見を書いた。これは、クラスの大きさが、小さければ小さいほど、効果を発揮する。

というのも、ESLのクラスのように、12人という少数の場合、各生徒の意見を聞いて、先生が授業のスタイルを工夫することは容易い。少数だと、何でも融通が利きやすいというものだ。それに対して、早稲田の400人レベルの講義はどうだろうか?一応大学の方針として、各学期の終わりに「生徒が教授を評価する」用紙を記入することが出来る。それも最近始まったばかりだから、生徒も何を書いていいのか理解できずにいるのが現状。400枚すべて用紙が集まったとして、教授はそれをくまなく読み、自分の講義に活かすのだろうか。甚だ疑問だ。

アメリカの大学の方針を真似て、セメスターを取り入れてみたり、教員評価をしてみたりと、明らかに手探りだ。いつになったら、きちんとした学校制度が確立されるのかも不透明。どうせ、オレらが卒業するまでに、間に合わないんだろうっと大半の学生が思っているはず。保守的な体制が、こんな結果をもたらしたんだろうな。やれやれ。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-14 13:37 | @Portland

Money is $100,000-.

I told the classmates the narrative in this morning. It was the first turn. Fortunately, it was better than last quarter. I listened to total five stories about from a cultural difference to Jazz dance. Whenever other students present something, I try to ask some questions. That’s because I think it is the best way for presenters to quest about their presentations. I mean, to quest is to understand/listen carefully to them.

After ESL I joined Language Exchange. Unfortunately, this quarter has few PSU students. For besides summer session the working hour is not good. It is from 11:45 to 12:45pm. Glen is thinking about that as a serious problem. It is a good opportunity to communicate w/ a native speaker, anyway.

Talking about FIN 301, we have three options as a project; stock analysis, project, trading. Stock analysis is that to choose one particular company, analyze its share/price, and forecast what happen next. Project is like research paper about whatever we are interested in, even if this paper is useful to study stock market. Trading is to trade shares with an amount of virtual money, $100,000, and think about the strategy and solution if that shares we bought before are not working/profitable.

I wanna try to trade stocks in the real market, w/ fake money, although. I have only four weeks long to trade them cuz this class will end Aug 10. I look forward to this trading whichever I gain/fail money. All I have to do is think about why I get/lose money. I can change the strategy & stocks if I notice that they are unprofitable. I can write about why I changed it. Sounds very interesting. Additionally it’s free to trade.


<訳文>
昨日の続きね。
第二の事件は、合宿3日目の午後に起きた。事件と言っても、当事者からするとこの上ない朗報であった。それは、子供が生まれるかもしれない、という一報。当然オレら高校生(当時)の子供であるはずがない。その前の夏に結婚した監督と奥さんとの間にできた子供だ。

その日の夜、帰宅することをキャプテンと副キャプテンにだけ伝え、「よろしく」とだけ言い残し、上京していった。しかし、オレらには4日も残されており、練習のほかにも、体育館が日によって異なるので、その連絡など、事務的なことまでやらなければいけなかった。練習でも自分たちで試行錯誤してメニューを考え、やっていたが何か上手くいかない。苛立ち・不安が募る。チームが、バラバラになっていくのを感じた。

これではダメだと思った、オレはミーティングをすることにした。コーチ・監督がいた時には、毎晩夕食後の9時に宿舎の大きな部屋に集まって、その日の反省や、AチームとBチームの入れ替えの発表があったりする。こうした基本的な連絡事項を告げた後、本題へ。

「なにがしたいの?」「何が目的なの?」「何をするべきなの?」と真剣な雰囲気の中、ミーティングは始まった。これほどまでに、チーム内から【声】を聞いたことはなかった。とても充実した夜だった。この夜をきっかけにまとまりを取り戻したオレらは、内容の濃い合宿を送ることが出来た。

自分たちだけになって、初めて気づくこともある。気づかないかもしれないが、その時は、話し合って気づけばいい。これが難しい。でも自分から動き出さないと何事も始まらない。

という、Narrativeでした。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-13 04:35 | @Portland

Only One Camp.

I got the signature of John Oh on Special Permission sheet. That’s because I wanna and plan to take Marketing 376 in Fall term.

After Econ I finished the office works and went to computer Lab @ Broadway from 6:30 to 9:30pm. All I have to do are to read Econ text and think a narrative for ESL class. The first one is pretty tough cuz I have to read approximately 100 pages by next Tuesday, killing me. The second is quite easy for me cuz I talk about my experience in high school, especially about my basketball club.

I need a transcript, like a rough draft. Thus I typed it down;

When I was a high school student, I belonged to the basketball club. I played a part as a vice captain of 40 members. We usually practiced 6 times a week for the victory of the official game. The practice time is 4 hours on weekdays and 6 hours on weekends. Sounds tough. Actually it was pretty tough.

We go to the camp every long vacation; summer and spring. Of course, it’s not leisure. It’s for definitely hard practices. Our camp is held every year in Matsumoto, Nagano prefecture where we can get there for a few hours by a super express from Tokyo. Unfortunately, this camp was 6 nights and 7 days long. Do u guys make sense? It’s for a week. Every player felt it was nearest the heaven or hell.

It was Spring 2002 Camp when I was a junior, but the highest class player. I mean, the upper class players, who are older by just 1 than I, were in retirement sine last summer. We had to play hard as the highest class players after their retirement. Our team consisted of both Freshman and Junior, not Senior.

<訳文>
この続きを書きます。
この年も、あの地獄の合宿が待っているのだと思った。でもそうはならなかった。肉体的には、地獄であったが、精神的にはそれ以上の思いをした。

というのも、事は2つに別れ、一つ目は、合宿前の年度末の大会に起きた。キャプテンのケガだ。その日、オレらは、練習試合のために早稲田大学の記念会堂を訪れていた。全国から高校が一堂に会すこの大会には、北は山形、南は愛知まで顔を揃えた。その一試合、相手は大田工業(群馬)。コーチが能代工出身だけあって、厳しい練習で有名だった。

キャプテンが、ノーマークでレイ・アップシュートをしようとする瞬間に、反対側から、相手選手がブロックしに飛び込んできた。空中で接触した彼ら、相手選手はプレーヤーを見ながらの飛込みだったので、フツーに着地することが出来た。が、キャプテンは不意を打たれ、空中で体制を崩すと、そのまま左手首から床に叩きつけられた。幹部は、ひどく腫れ上がり、今にも骨が皮膚を貫通しそうだった。その時の彼の叫び声は、今でも忘れられない。

この事故以来、副キャプテンのオレが、チームを率先しなければならなかった。そんな中での春合宿となった。一応キャプテンとしての使命からか、ケガを負しながらの参加となった。無論、プレーは出来ず、コート脇からの参加だった。

第二の事件は、また明日。ではでは。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-12 08:48 | @Portland

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE