<   2005年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

Right Way is Not Seen.

I chatted w/ a lady friend from University. I don’t know when the last time to talk to her is. Was that three months ago/more? She’s gonna study abroad to England this next month, anyway. I was taking the same English class last year. I met her there. Her major also is Economics, of course. I remembered her English was pretty good. Now that she’s quite busy for finals in Waseda. I hope she achieved the success in England.

I got outside Epler in order to study at the library. Un-/Fortunately, I met Riku, and he asked me to go to Broadway, one of on-campus dorms. It’s the second time to be there. Anyway, I researched about Boston Career Forum at Broadway. Especially, I’m searching where to stay for three/four nights. As u know, it’s hard to look for the cheaper, nearer, and more comfortable hotel. Riku keeps his job hunting w/ no care while my researching. I stayed there from 6 to 9:30pm.

After that I met one businessperson by Riku’s invitation, who is working at NIKE Japan here, whose name is Marcus. The Bilingual speaker, 31, arrived at Bush Garden located in downtown. We were there before his arrival at 10:00pm. Our chat like an interview was two hours long. Although he is American-Japanese and so he can speak Japanese very well, he spoke briefly English. It was not hard to listen/understand, so I could ask smth I wanna quest, my question was in Japanese, though.

After all let me think about what the job hunting is. Marcus gave us the advice: “Don’t run fast. Take it easy.” I wanna be like him. That’s the business person I’m very proud of. Such a perfect man has a memorable dream, going his way w/ no look at all. He thinks the family is significant in a life. So do I.

<訳文>
初めて就活らしいことをした。たぶん今夜のは、OB/OG訪問に分類されるだろう。NIKE Japanに入社し、駐在員として現在ポートランドで勤めている。勤めるといっても、そのクラスがすごい。USのNIKE(本社はBeaverton)はそもそもPresidentが2人いる。一般的に言われる社長と、デザイン専門の社長。NIKEは、スポーツメーカーの大手。そのデザインやコンセプトで、お客さんのニーズに応え、シェアーを増やしていく。シューズ、パンツ、シャツ、サングラス、キャップ、リストバンドなど【デザイン】命の商品しか扱わない。この社長2人体制は、デザインの重要性を示唆している。

今夜お話をしていただいたマーカスさんは、オレらと同じくらいの歳のときに、コンピュータ関係の企業で、プログラミングの仕事に精を出していた。そんなある日NIKEからのオファー、いわゆる引き抜きがあった。それが縁で、現在のデザインマネージャーの彼がいるわけです。

どんな毎日を送っているのかというと、週に3日はゴルフしているらしいです。風邪ですと小学生並みのウソで偽り、会社を休んでまで、自宅でドラクエをしていたときもあった。自分の好きなことを好きな時にして、お金をもらえることほど幸せなことはない。これだけの紹介では、マーカスさんがただのサボリ社員だと誤解されるかもしれない。ルックスも、普段日本と違ってスーツを着ることもないので、成田空港で、NIKEの社長を国内を案内するときに、空港職員から疑いの目で見られ、困ったというエピソードもあったほど。

だが、デザインや、日本人トップデザイナーとのコネの話になると、目の色が変わる。31歳という若さで、人脈はすでに幅広く深い。ナイキジャパンは、原宿の人々を今世代・次世代のターゲットにしているため、原宿などのファッションの発信地にも目を配る必要がある。日本のファッション雑誌の裏話や、吉田カバンの偉大さなどで話は盛り上がった。というか止まらない。

(中略)

最後にリクが、就活する若人たちへ何かアドバイスくださいって頼んだ。
焦っちゃダメ
これをしきりに言っていた。確かに今オレらは焦っているのかもしれない。焦らなければいけない。就活の期間は限られているから。それでも、妥協で決めた会社の内定をもらって、自分のやりたいものとはかけ離れた職に就くことだけは、してほしくないと言いたかったのだろう。オレも自分の人生自分の好きなように決めたいと思う、決して焦らずに。

*以上の内容は、今夜の会談をもとにしており、拙い英語力で理解したため、実際とは内容が異なる可能性があります。そんなことはないけど、ご了承ください。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-11 09:59 | @Portland

Something Scary & Smth Satisfy in Life

I went to da library to study Macroeconomics and job hunting. Before them I look over da Wall Street Journal, kinda finance newspaper. I was reading them by 4pm, when there is closed. Talking about Econ, this text is interesting/exciting, I feel. Actually, it’s hard to remember some info from my memory about Macro Econ, though. I learned it more than one year ago. Whenever an economic word I knew appears, it makes me refresh. I thought even it’s happy to meet/learn it.

I received e-mail from Dad since 7.7 terror took place. It said think again about ur Europe’s summer journey. He gave me an important advice as father. I had better watch up when walking downtown, especially in rush hour. Do u remember Sep 11? It also was hurt around 9am. An’ this London blast is at 9am. Although I can’t say they are caused by al Qaida, generally, da group of criminals were supposed to aim at such a crowded time. If one law professor asks to think how to kill the most people at the same time by one bomb, I’ll tell him to aim the rush hour.

I plan to get European destination stations by trains. I’ll get on an Eurail a couple of times; Paris for Rome, for Florence, for Milan, for Barcelona, for Paris, etc. One friend of mine recommends Amsterdam to me. Thai is because he has been there last summer, getting da great impression. I don’t plan to get there, though, I might change my routes. I wanna see world heritages as many as possible, but I wanna spend time w/ no care, I mean, I don’t wanna be hurry up.

Actually, I’ll be scared by my journey. However, wherever I am, I am close to death. I can agree more on my idea, even if I’m in Shinjuku, Tokyo. No place is safe around the world. I wanna think that’ll be da fate if I’m gone. I wanna. In fact, I’m scared by the end of my life.

<訳文>
破壊王の呼び名で人気を博した格闘家橋本真也が、脳幹出血で亡くなった。哀しいというより驚いた。えっ、なんで?と何度も頭をよぎる。K-1、PRIDE、 ボクシングなどの格闘競技一般が好きなオレにとって、彼の死はその一部でしかない。しかし彼の試合を何度も見ていることで、親近感が沸く。今胸にポカンと開いた穴は、この感情が空けた穴だ。アンディー・フグがなくなったときも、同じ気持ち。オレの穴よりも何倍もの大きさだった人は、何千人、何万人といるだろう。今回だってそうだ。プロの選手がなくなる、自分の応援していた人が、大好きだった選手が亡くなる。ツラい。

最近不幸な話が多い。先月は日本では、June brideが関係してか、結婚ラッシュが相次いだ。一転して、テロが起こり、そして橋本真也の病死。Stock Marketと似ている。経済成長と似ている。上向きのときがあれば、下向きのときがある。上向きが続くことは決してない。下向きが続くこともない。生まれてこのかた、上向きの人生しか歩んでない、と言う人。反対に、不幸の連続よ、と言う人。上向き、あるいは下向きの流れの真ん中にいる人のことだろう。

人生50から、と豪語し人生幸せに暮らしている人。下向きのベクトルが50歳を境に、上向きに変わったのだろう。またその反対も当然存在する。エリート街道まっしぐらで、好業績・高収入に幸せな家族。そんな生活がずっと続くと思っていただろう。会社の倒産で事態は、一変。こんな感じだ。

人生何が起こるか分からない
だから面白い
でも1度しかない
だから意味がある

今自分で道を切り開こうとしている
初めてだから不安だ
道を踏み外すのが怖い
心配要らない
踏み外しても、そこからまた歩けばいい
ただそれだけだ
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-10 04:08 | @Portland

Identity in Foreign Country.

I stayed at PGE Park all day. It was not such a worse day that others think. I got there to watch two baseball games. One consists of a few NBA players and guys, while another is Beavers vs. 51s. I went w/ bi-Yusuke.

Actually, I expected to see 11 NBA players at da same time. Jermaine O’Neal, Rasheed Wallace, Jamal Crawford, Stephen Jackson, Zach Randolph, Sebastian Telfair, Damon Stoudamire, Luke Ridonour, Drew Gooden, Travis Outlaw and Kenny Anderson are listed on da flier. To my disappoint, only one guy came here. That is Luke. I notice he is man. Fortunately, I can see Ron Artest who is at Indiana, and was suspended last season.

Da celebrity match started at 2:30pm after da announcement of line-up. Time’s over at 4:30. For a few hours I enjoyed da exciting play, such as running homerun, homerun derby, fine defensive play, fake play, and strange judge.

I went to Taco Bell until da next game starts at 7pm. I’m chatting w/ them about tiny topics. How’s Japanese cellular phone going? How do u spend time oversea? What’s da MLB structure?

Da baseball game is da doubleheader. Norihiro Nakamura is playing at Las Vegas 51s, whose MLB team is Los Angels Dodgers. He was da 4th batter of Team Japan. His powerful swing threatened not only pitchers but also funs. I don’t think he should play in minor league. He can play on da upper field soon. I hope so. Additionally, he gave us smile and waved hand. We replied him w/ yell to achieve da rest of this season.

I wanna appreciate his performance before and after game.

<訳文>
USの地で、初めて日本人野球選手をこの目で捉えた。中村紀洋、今年アメリカにバット1本で渡った日本のサムライ。近鉄時代は自慢の広角・豪快なスウィングに加え、堅い守備でファンを魅了した。リーグ優勝も経験し、日本代表の4番を務めるまでに成長した。そんな中村が、自分の夢をかなえるためにメジャーに挑戦したが、現実はそれほど甘くはなかった。

開幕こそ、メジャーに定着していたが、すぐにマイナーに下ろされた。オレらと再会したときは、まさになんのために野球をやっているのか分からなくなっているとき。マイナーでの成績は、メジャーでも申し分のないほど。だが、メジャーには、若手の選手が3塁を獲得しているため中村の入る余地がない。

度肝を抜かれた観客たちは、ゴクリと息を飲む。それは、ダブルヘッダーで向かえた2試合目のノリの初打席。時計はもう8:30を回っていた。1試合目は、快音むなしく終え、リベンジに燃えていたことだろう。ピッチャーの初球を、なんなく見逃した後の2球目。

PGE Parkを越えた。MAXに当たりそうだった。誰もが言葉を失った。が、判定はファール。結局この打席は、フォアボールだった。こんな小さな球場で、プレーするような選手じゃない。メジャーのドデカい球場でも、快音を響かせてほしい。

試合が終わり、ホームのBeaversが破れたため、地元の人々はそそくさと帰路に向かった。そんななかオレらは、ノリに一声かけようと、勝利のハイタッチが、ダイヤモンドで起きている間に、ベンチの方へ足を運んだ。と同時に、ベンチに引き返してくるノリ。オレらがここらでは珍しい日本人と分かったのか、彼の方から、手を振って応えてくれた。そして、
「中村さん!頑張ってください。応援してます!」
と言葉少なではあるが、エールを送った。

それを聞くと、強張っていた顔が少し笑顔になったように見えた。すごく嬉しかった。胸がアツくなった。なぜだかはよく分からないが、何か感じるものがあったのだろう。異国の地でのマイナー生活という、自分の描いていたものとのギャップに立ち向かっている姿に心が打たれたのだろう。

頑張ってください。この言葉で十分だったのだろうか?
c0073161_10183284.jpg

↑ノリが「それで十分だよ。」と言っているようだった。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-09 10:17 | @Portland

Forget Nothing.

I started my job hunting yesterday. Actually, I’m just making my resume as Riku taught me. I had no idea that I need to hand in resumes both in Japanese and in English. I thought it was enough to submit that in Japanese cuz Japan’s companies will join. Additionally, that kinda resume is completely different from that Japanese graduates submit to Jap companies. That’s da significant opportunity to learn about such a strategy of job hunting.

I planed to play hoops at 2 thru 4pm. I went to da gym and played for a while. I wanted keep playing b-ball, but my eyes hurt suddenly. I don’t know why. Fortunately, they don’t hurt now, giving me da feeling of relief. I stooped it to care them, going home. I’m sorry, Riku. I wanna play more.

I was back to PSU gym to watch da game sponsored by a radio station FM95.5. It cost $10-, although, it was not worth, I feel. In reality, I look forward to tmrrw baseball game at PGE Park at 2pm.

I was home again and asked Yusuke to go to da PSU field next to that gym. Da event was held by American Cancer Society. The theme is relay for life. We joined them at 10:00pm when we thought too late to close’em up. Besides, it was heavily rainy. It’s da first time for me to feel American regret/mourning for those who died by cancer. I’ve seen American enjoy/laugh every time since my coming here. However, I’ve never seen them feel those feelings. I had a holy experience tonight.

<訳文>
少女が泪を流している。泪は泪を誘い、悲しさを抱く。数人の少女が集まり、紙袋で作られ、ライトアップされたお墓に向かっている。その光る紙袋の数は、有に100を越していただろう。その紙袋には、Momや、Granpa、Dadの文字が並ぶ。彼女たちは、癌との闘病生活をしている子たちなのだろうか、それとも家族を癌で亡くした子たちなのだろうか。

肩を寄せ合って、泣いていた。そんな風に見えた。

ヒトが亡くなる。とても悲しい。でも、自分の身近なヒトが幸いにも元気なので、その感情を味わわずにいまのところ済んでいる。

それでも高1のときは、悲しかった。部活に入部したての頃だった。突然、監督が亡くなった。病状を、オレら選手に正確に伝えていなかったので、突然に感じたのだろう。現に、監督は、歳もそれなりにとっていらっしゃった。夏は、元気の塊だった。部活の指導を休んでまで、家族で海外旅行に行っていた。工作も好きだった。バスケの試合で、選手の交代やタイムアウトのときの宣告をする際に、オフィシャルが使うブザーがある。かなりデカい音が出る。ある日、監督が、作って持ってきた。今でもそれは学院で使われている。

東京の白山でしめやかに行われた告別式に、現役選手のほかに、歴代の教え子たちも足を運んだ。式の最後、霊柩車に運ばれているころ、OBの代表の方が、監督に最後のエールを送った。目から溢れる泪を我慢できなかった。

式の帰り、オレはひとりで家まで歩いて帰ることにした。監督の思い出が、走馬灯の如く蘇ってきた。また涙がこぼれる。

時間が経っても忘れてはいけないものが絶対にあると思う。人の記憶。薄れていく記憶に拍車をかけるように、人々がその記憶を他の人に伝えないでいると、その記憶も自然と薄れていく。今の学院の現役選手たちは、このブザーを誰が持ってきたのか知らない。これが当たり前だと思っている。だからオレは、あのとき流した泪を一生忘れない。そして後輩に伝えていく。それが今は亡き監督にたいしてすることが出来る唯一のことだと思うから。
c0073161_17433812.jpg

↑少女は毎年こうしてその人との記憶を忘れないだろう。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-08 17:41 | @Portland

Engage Myself in this world

Terrible things happened again since September 11, 2001. A couple of blasts as Terror took place in London on July 7 morning 9:00am, killing at least 50 and injuring 700. I heard this big mews from Glen before ESL. Actually, only I watched CNN news this morning is that US security level was changing into Orange, 2nd level of 5. I was home, and watched carefully TV after da class. I’m not in bed now, while I was not awake this morning.

I couldn’t believe my eyes and ears. One bomb attacked da two-story bus, blasting its roof away. Nobody gets on it. It’s of course. Injured passengers are driven to hospitals by many ambulance cars. I found one injured taking da interview w/ his face bled non-seriously. Everybody would think he had better go to da immediate hospital. The other day London awarded 2012 Olympic. This news made people in London happy, involving David Beckham, a famous soccer player.

After NY and London, Japanese worry seriously about where next is. Although they say that, Japan including Japanese gover’t is not willing to make da security stricter. One lady took an interview at downtown that after smth happens it’s too late to begin thinking about that.
However, to be honest, I think it is da fact that nobody cares anything.

I visited Japanese Garden next to Washington Park. It was Tanabata Festival. What does Tanabata mean? It is one of Japanese strange traditions. That is, it is on only July 7 that da prince living in one star and prince living in another star can meet each other once a year. They meet on da star river which consists of stars in the sky. It’s hard to explain that kinda of thing.

<訳文>
てことで日本庭園に行ってきました。急な思い付きです。ゆったりとしたときの流れ、川のせせらぎ、木の葉の会話。和みました。人工的な空間であったとはいえ、普段近代的な機器の周りで生活することに慣れてきた身にとっては、新鮮だった。鯉までいた。どこぞの日本の庭園よりも綺麗に管理されていた。人もまばらで自分の空間を楽しめた。

Portlandは以外に親日な都市で、講義に「歌舞伎」があるほどだ。その教授が、今夜の祭りの幹部だったらしく、琴や日本舞踊が行われた舞台の脇に、MC(←こういうとき日本語で何て言うんだろう。司会じゃぁ、日本の伝統さが伝わらないし)として、袴姿で立っていた。オレは、その教授のクラスを取っていないが、TNP生では多くいる。日本語がほんとに流暢に話せるらしい、このコミンズ先生は。

嫌なことが朝の気分を一蹴した。ロンドンでの同時多発テロ。爆発は、3箇所とも9箇所とも言われ今だ定かではない。BBCによると、死者は50人以上、負傷者は700に上る。一方USのCNNの視聴者Pollによると、「今回のテロ行為が、英国がUSのイラク戦争を支援していないことが原因である」とする意見が全体の55%に上り、「そうではない」とする声は37%にとどまった。

このNewsを見て、あることが頭をよぎる。このテロにより、大国英国がUSにつき、イラク戦争を引き続き敢行したときに一番得をするのは誰か。当然USだろう。US自国の警備・警戒レベルを上げているが、それはうわべだけのことで、真の狙いはそこにあるのかもしれない。多大な被害者が出てしまったことを、心から遺憾に思う。しかもこのテロがUSの綿密に練られた計画の一つであったら、USに対する憤りは絶対に消えないだろう。

全てを疑う自分がいる。これで得するのは誰?このウラには何があるの?世界の事件・戦争は、人々の些細な欲が生み出す。ヒトであるから仕方のない行為であるが、限度・程度を考えてほしい。『全ては自国のために!』という曲がった意志は必要ない。
c0073161_3252338.jpg
日本庭園の花。美しいものを見たときの、最初の、純粋な感情を忘れないでいてほしい。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-07 03:23 | @Portland

I wanna be 5 %.

I have da in-class short essay about American Business.
Language exchange few foreigners cuz of time

Finance class was so exciting and interesting. Tonight I learned how New York Stock Exchange, NYSE, works everyday. Specifically speaking, James taught us how a customer buys/sells amount of stacks at da moment. We can buy/sell stock shares via brokers who stand between customers and NYSE. The trade will be done only when there are two customers who wanna buy/sell at the same time. They can trade da minimum # of shares.

Customer A wanna buy 15,000 shares and customer B wanna sell 20,000, for instance, when da price is $10-. Da trade of 15,000 shares is successfully done. Where will da rest of 5,000 shares be? Customer B wanna still sell them, but nobody wanna buy. It is a specialist that helps him then. Specialist has da power to buy 5,000 shares customer B wanna sell by lower price. That is why a stock market is moving.

What I wanna say da best thing is to ask James a question.
“Do they care da amount of # of shares?”
I was waiting for his point-out w/ raising a hand. The instructor replied immediately w/out hesitating. That’s da key point. I really worried about that my question has nothing to do w/ lecture topics. That is because I’m poor at listening to English, especially in class. Thus I was pretty happy for his response.

<訳文>
10月にボストンで開かれるキャリアフォーラムに参加します。これは、何かというと、留学生のための就職活動の場。USの学生が在学中に、就活をしないのは周知。しかも留学という、日本での就活を逃すリスクの高い在学中の場合、このフォーラムの重要性は急激に増加する。このフォーラムの特徴は、他の日本各地で行われる企業セミナーとは大幅に異なり、将来有望と判断したものには『内定』を出す。

早稲田から私費留学でPSUにきている人がいる。彼は、昨年同フォーラムに参加し、全体の参加者のわずか5%と言われる内定率のうちの一人になった。今年の日程は、10月21日(金)~23日(日) の3日間あり、彼は、最初の2日で2度のInterview(面接)をクリアし、最終日は、立食パーティーだったらしい。全ての企業が、このようなスケジュールなのかは定かではないが、面接を通して内定者を決めるのは確実。

このフォーラムに参加する企業は、大半が海外進出をしている日本の会社もしくは日本支社78社(7月現在)。よく聞く名前を挙げると、電通、ドコモ・テクノロジー、富士通、本田技研工業、博報堂、リーマン・ブラザーズ証券会社、ゴールドマン・サックス、松下電器工業、三菱商事、みずほ証券など。皆が一度は聞いたことがあるようないわゆる大企業が名を連ねる。

こんな大企業が一堂に会し、わずか3日間で即戦力、逸材を探す。こんな美味しい話はない。日本で就活をするとなると、何回もの面接が必要となり、さらに同時に何十社もこなさなければならない。時間と日数を要するのは明らかだろう。

だからここでの内定を真剣にねらいます。留学後に、帰国後に少しでも充実した大学生活が送ることが出来るためにも。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-06 19:17 | @Portland

Let me know how to walk around NY.

I was very sleepy during da morning class. Although I spoke English, there was da far distance between what I wanna say and what I said. That is my brain was not awake then. I can listen to two presentations of Hajime and Keisuke. This is about da sign after drinking, while that is about da city structure in New York. Hajime’s topic was very interesting for me cus, as I mentioned before, I plan to visit there. Actually, I’m searching how to get wherever I wanna go.

NY is da developed/advanced city as well as Tokyo. Subway in there will show u guys that evidence. Both subways are so complicated that people could be lost. There would be few people who know how to use correctly them. In da reality, recently I know well how to get on/off Tokyo subways, but I have no idea about NY one. If I stay longer there, I’ll have da opportunity to know that. However, I’ll be just a traveler/visitor. I trust to get on/off them w/ no worry.

Before Econ class I went to Montgomery in order to check if a housing office holds some packages for me. I bought da low coffee table by internet, whose cost is just $6-. That’ll be making my room more comfortable.

I’ll have da midterm exam of Econ 202 on 19th July. I have to study/read da text carefully. Da professor said it’ll be easy for us, but as I’m poor at English, I need to spend more time. Good Luck!

<訳文>
日本ではもう夏合宿の話をしている。9月の2~5日の日程で、我らがバスケサークル、ホワイノは合宿を敢行するらしい。幸先不安なことが・・・。昨年も同じ日数、3泊4日で夏合宿に参加した約50人の若人。何人が最終日までピンピンしていただろうか。去年参加したリクなら分かってくれると思うが、ホントに体力をすり減らし、極限までバスケをした4日間になった。バスケサークルなら当然だろう、という声もあるかもしれないが、思った以上に過酷。お陰さまで、体育館に備え付けられていた体脂肪率測定機能付き体重計で、初日と最終日の値を比べてみた。

初日体脂肪率が、6~7%だったのかな。んで地獄のメニューのあとは、なんと5.5%になってた。さすがにひいたね。まぁ、この体重計が壊れていたんだろうが、こんな数字は並みの人間じゃ出せない。USに慣れた今なんてどんな数字になってるんだろうか。気になる。幸い、体質上あまり太らない身体に生まれたオレは、このかたダイエットなるものに取り組んだことがない。これからも取り組みたくない、取り組まないだろう、と言いたいところだが、なにせもう21歳です。高校生のときのような運動以上の量をこなさないと、この体型は維持出来ないだろう。

気が向いたら寝る前に腹筋を50回ほどしているが、この数字も日を追っていくうちにどんどん右肩上りになっていくだろう。ぁ~、考えただけでも嫌だね。こういうのって、誰かとなりに人がいて、競争・ゲーム感覚でやっていけば楽しいんだが、今となっては個人の、己との戦いだから尚更キツい。

腹筋8個割れを取り戻すか。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-05 08:52 | @Portland

Enjoy Tonight by Fireworks.

Have fun on Independence Day.

I went to Blue Festival held at da waterfront at noon w/ Y. Yusuke & S. Yusuke. It’s quite sunny and hot, so I wear da sunglass. Since it is noon, we can’t see other people there. I pay $5- as a donation in order to enter da gate. Y. Yusuke bought da BBQ chicken & corn at da shop. I ate an ice cream which is a symbol in summer. That’s all in da noon section. I walked home together. We are looking forward to Fireworks tonite.

I stayed home till I left at 8:30pm. During that I cooked da curry. It is so amount that I can finish it in two days, lol. 60-minute curry made me stuffed and satisfied. I’ll have it tmrrw.

Fireworks will start at 10:00pm, although, we arrived at 9:00pm. We are chilling about a journey, high school, Fireworks in Japan and etc. As long as I see, 10,000 thru 20,000 Oregonians r waiting for da start. When it’s passed 9:30, it’s getting dark. That’s da best situation. I can hear da blues music since arriving here. Most people r drinking and chilling. One neighbor spoke to Y. Yusuke. He just wanted to ask what Yusuke’s T-shirts means. Actually, he doesn’t know about it. But, I watched someone asked da same question before. I realized that he is good at choosing a unique T-shirts. I hope I could do that, anyway.

Da main event took place. That’s beautiful, bright, and noisy, lol. Unfortunately, I can’t feel da art w/ it. I just wanna state how excellent Japan’s Fireworks are. We can notice clearly what da theme is so far. On the other hand, there were nothing special, lol, killing my mind. I miss Japan. I wanna really watch that. If I can hope, I wanna join w/ a girlfriend. Only one thing I question about Japan is to broadcast da Fireworks. That’s crazy. American would not believe their eyes.

<訳文>
独立記念日。USAに来て早3ヶ月、初めてとなる祝日らしい祝日だった。出店などが軒を連ね、多くの集客を呼ぶのは何度かある。現に、Rose Festivalのときも似たようなものだった。そのときも前夜祭ということだったのか、花火を見に行った。その時とは、明らかに雰囲気の違う夜だった。

人々の行動は何ら変わらない。酒を片手に、音楽に耳を傾け、人々と話し、笑いあう。でもそこには見えない心の内側が、7月4日という日はどこか違う気がする。今ここにあるUSAに感謝し、これからの発展を祈る。こんな思いが少なくとも、その場にはあった。

ちょっと気になったことがある。日本の祝日で言うと、今日という日はいつに当たるのだろうか?象徴である天皇記念日?今日の日本の中核である憲法が始めて施行された建国記念日?時期的に海の日?単純に無宗教国家の日本には、自国に感謝するなどの行為は見受けられないだろう。でも普段当たり前だと思っていることに、感謝する気持ちは忘れないでいたい。

日本の花火に注ぐ気合は圧巻だよね。花火師はさることながら、一般人の「今年は見逃さねぇ~ぞぉ」などの気合、それを現実化する行動にも驚かされる。毎年8月の終わりに催される隅田川の花火は、日本一との呼び声高い。この花火のために、諭吉を何枚使おうが気にしないという熱狂的なファンは少なくない。全貌を誰の邪魔も入らずに見ることが出来る高層ホテルのスウィートルームを1年前から予約するのは、ごく当たり前になってきた。夏休み前には、花火特集と題して、雑誌が何冊も発行される。これを読んで、安くて静かな隠れ家スポットをいかにさがすかが、オレら学生の基本的な行動になる。

7月4日、USのJoyの一つとしての花火と、日本の経済要素・効果の一つとしての花火を考えた一日となった。
c0073161_12145378.jpg

↑昼間の光景、めっちゃ暑かった。タンクトップ焼けしちまったw。
c0073161_12171537.jpg

↑ステージでは、Bluesが心地よく流れていた♪
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-04 12:11 | @Portland

Back to Portland

I went to Valley River Center, like kinda shopping mall. I think it’s the only shopping place in Eugene. There r Banana Republic and Abercrombie & Fitch, to my surprise. Since we have no breakfast, we wait until every shop open at 11:00am and eat da lunch. I left here for Eugene Station to get on Greyhound at 1:55pm. It’s da last place to meet each other at Starbucks Coffee near da station.

Looking back this trip, I talked to him a lot. That is about our future careers, a current Japanese society, how to spend time abroad, our high school teacher and our friends in Japan. This journey reminds me of many memories. I had fun pretty well.

(I’m in Greyhound via Salem)

I arrived at Union Station on time, going home by tri-met bus. It’s at 5:00pm. I felt da reality. I handed my microwave oven to Yusuke who moved in Epler on da 2nd floor. I gave da idea of sharing it together and holding it by him. I went to Safeway to purchase smth to eat. Suddenly, I met Hajime, one TNP student. That’s just twice/ three times.

<訳文>
学院時代の話しよっかな。ゆーへいと一緒にいると思い出してくる。

小松、オレらはいつも苗字で呼び合っていた。彼は、3年間ずぅ~っと出席番号がオレの次だった。だからテストの返却の時、比べ合ってた。特に英語ね。小松は、点数良かったよなぁ~。高三のころから留学を意識していたから、大学2年の夏からの留学が可能だった。オレもこの時期の留学を望んでいたが、頭が悪かったので、今日に至っています。文武両道を生涯のモットーとしているオレは、スポーツでもいいライバルだった。小松は、サッカーの天才。学院じゃもったいないほどの才能の持ち主。一方オレは、バスケ一筋。体育の授業で、このスポーツが行われるときは、お互いが輝き、恥をさらす。

そんな小松とは、学院の3年間に引き続き大学に入っても、英語の授業が一緒だったり、経済の講義が同じだったり、1週間に1度は会う計算だ。だから小松が留学が決まったのも知っていたし、出発の時期も知っていた。でもあいにく成田空港への見送りには顔を出せなかった。ちょっと申し訳なく、悔しかった。

それで、今回の再会。ホントに内容が濃かった。
UOの芝生で、照りつける日差しの下、こんな会話があった。
「オレらがここで会うのって、何か違和感あるね?」
確かにそうだ。

っで、夏の欧州旅行の目的の一つに、スペインでの友達との再会がある。彼も学院からの親友。この夏9月下旬からスペインはバレンシア大学に留学する。彼も学院時代から志が高く、常に自分の意見・視野をしっかりと持っていた。留学開始の前に、オレの旅行に合わせて、バレンシアよりもフランス国境よりのバルセロナでの再会を約束した。オレがここで会わないと、小松同様、1年半会えなくなる。まぁ、イイ機会だし。面白そう♪

てな感じで、先も言った様にオレの周りには、志・ポテンシャルの高い奴らが揃い、ひしめき合っている。そこからいかに己を強調するかは、人それぞれ。これからも親友の動向に刺激を受けながらの生活が続くと思うが、負けずに行こうと思う。
c0073161_1223239.jpg

↑Eugeneに行ったのに、スタバでの記念撮影ですw
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-03 12:22 | @Portland

Yearly Studying Abroad.

I get up before noon and go to da Saturday Market, which is held near Eugene Station. As it says, Eugene Station is a station of all of the busses. It's like Shinjuku bus station, Tokyo, whose size is twice. Talking about S.M., it is held at Portland too. I've been there on March w/ Keiko. S.M. in PDX is in a parking area, while that in EUG is in da park whose size is three blocks square. Since we have no breakfast, I eat Vegetable Noodle, while Yuhei does Chicken Curry, makin' us stuffed. After breaknoon I go to coffee to drink a fruits juice. That's pretty delicious.
To my surprise, it's da first time for Yuhei to join S.M.
(I'm just writing down above at da library in UO.)

I went to da old & small baseball stadium to watch da game. This game is ranked by Short Season A, which is 6th level, while MLB is da first. Eugene Emeralds beat Salem-Keizer Volcanoes, 14 to 2. I watched it w/ Yuhei and Satoru who goes to Waseda University. The game started at 7:00pm, and was over before 10:00. Although da night game is that, da sunshine makes it da day game.

I went around just on foot. There are buses which driving anywhere. Unfortunately, unlike in Portland we have to pay da fare, $1.25-. It’s kinda inconvenient. When I was his home and watched da Japanese film, I went to bed.

<訳文>
こんなに身近に野球が見られるとは思ってもみなかった。EugeneにもMLBの傘下のチームがあるんだねぇ~、ってフツーに驚いた。たぶんこの球場が、ここらへんでの若者(中高生)の盛り場なのかな。EUGの人たちは、温かいね。この日はチームが大勝していたからかもしれないが、盛り上がっていた。しかも入場料は、たったの$5.50-。さらに球場が小さい分、自由席が大半。ってことで、簡単にキャッチャーネット裏20列目くらいに座ることが出来た。電光掲示板なんてあるはずもなく、もちろん入った点数のボードを差し替えていくタイプ。一番驚いたのは、審判の数。たったの2人。球審1人は固定で、もう一人が、一番大変。回の初めは、1塁の審判として近くに構えているが、塁が埋まると、全てを見なくてはならず大変になってくる。

一度満塁になった時があった。「あの審判はどこ行くんだろうなぁ?」と思いながら見ていると、あっけなく彼は2塁ベースから少しホームベースに寄ったところで、目を光らせていた。審判2人ということは、ファールボールやポール際のホームランを見極める線審ももちろんいない。いわゆる「草野球」の延長って感じの雰囲気だった。

午前中に話を戻すと、Portlandでも一度行ったSaturday Marketに足を運んだ。まぁ、一緒だよねw。国とか、州が違ったら、はっきりとしたカラーの違いが出ると思うが、なにせ同じ州のSMだからね。そんなに異色なモノであっても困るって話だ。

それでも佑平は10ヶ月Eugeneにいるにもかかわらず、初めて来たらしい。一体この留学で何をしてたんだか。。。彼に言わせると、勉強しかしてなかったらしい。まぁ、人それぞれの留学スタイルがあるから一概に何が良くって、何が悪いのか言及することは出来ない。自分がしたいことを、悔いを残さずに行えば、それで成功だと思う。第三者が評価することは、難しいだろうね。

オレも残りの生活ガンバロ。←最近こんなのばっかだなw。まっ、いっか。
c0073161_7295312.jpg

↑UOって一目で分かるものを探したらこうなった。
[PR]

  by tkpsu | 2005-07-02 05:41 | @Portland

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE