<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

建築家・黒川紀章氏

本日も行ってきました国立新美術館。目的は黒川氏のトークイベントに参加すること。無事拝聴してきました。

心に残ったフレーズを紹介します。尚、オレの記憶の中にある黒川氏の言葉のため、正確な表現は保証できません。ご勘弁を。

■「色々な解釈がある作品を傑作という」
今回の司会・團紀彦氏(建築家・作家)が口にした質問への答えとして、黒川氏が述べた一言。
Q:僕も住宅などを建築した時に、利用者や消費者にどのように理解されているか考えるんですよね。僕が一生懸命考えて込めた思いをどれだけのヒトが理解して利用してくれているのか気になるんですが、黒川先生はどうですか?(←といった感じ。)
A:映画もそうだけど、観るヒトによって感じ方はそれぞれで、その数だけ解釈はあってもいい。だから、世の中で一番つまらない作品は、解釈が一つしかないモノ。この美術館も自然との共生をテーマにしているが、それを私から発信するつもりはない。感じるヒトが感じたと通りだから。

何度も頷けた。例えば、外観の曲線をただ綺麗だなぁ~と思うヒトもいれば、幾何学的だと抱くヒトもいるし、津波だなと思うヒトもいる。それは完全に自由だし、少しでも興味を持ってくれたこと自体に感謝すべきなのだろう。


■「全ての建築は○○との共生を哲学として持っている」
○○には国家や宗教、民族、文化といったグローバルな言葉が入る。これは、黒川氏の建築が海外で多いことに起因する。今回の対談では、対照的な建築家として安藤忠雄氏を挙げていた。彼は、コンクリートの打ちっぱなしという独自性を確立した。日本の建築でも海外のものでも、その方向性は一貫している。これを黒川氏は指摘した。作品は、全て同じ(方向性)というのはありえない。その国々によって形、手法を変えてもいいんじゃないか。

黒川氏のスタイルともいえる共生を常に意識しているからこそ云えるのだろう。この美術館は青山霊園から広がる森・自然を再生させることをテーマの一つとしているそうだが、関係者のヒトぐらいしか知らないだろうし、一般のヒトは敷地が広いなぁ~というくらいにしか思っていないだろう。外観の曲線も木々の成長・位置を邪魔しないように配慮されたものらしい。云われなければ、気付かないね・・・w



最後に、最高の朗報です。美術館の2Fで開かれている、
【 黒川紀章展 -機械の時代から生命の時代へ- 】は
なんと無料です!!
3月19日までやってるから何度も足を運ぶべし!!
*参照 公式サイト
http://www.nact.jp/exhibition_special/2006/kurokawa/index.html
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-29 23:57 | @Japan

【鉄コン筋クリート】

昨日一人で新宿へ。

きっとこのDVD買います!

画はちょっとクセのある感じだが、声優・ストーリー・BGM・展開ともに申し分なし。

まだ見ていないヒトは是非劇場で。

加えて、エンディング・テーマの
ASIAN KUNG-FU GENERATION 「或る街の群青」がぴったりなんです。
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-26 23:56 | @Japan

国立新美術館

1月21日Sunに開館した六本木の新名所となるだろう地へ行ってきた。まずは外観に感動。建築家・黒川紀章の設計したmodernな曲線を描いたその空間は来場者の最初の心をモノにする。

そして入場料もまたRepeaterを誘引するだろう。大学生料金があり、当日でも600円という手頃さだ。美大へ通うヒトの為なのか、高校生とは区別したかったのか、その真意は分からないが、今の自分にとっては嬉しい。

所要時間はざっと3時間といったところだろう。今日は時間の関係上、1F部分しか回る事が出来なかったが、90分もあれば充分だろう。それが2F&3Fと続く。後半になるにつれて、spaceを使ったproductが増えてくるので、さほど時間は短縮される。

日によっては著名人の講演も無料で参加できるみたいだ。今度行ってみたい。

さらに今年の3月30日には東京ミッドタウンがOpenする。ここには安藤忠雄設計のサントリー美術館が開館する。森ビルの森美術館と併せて、Artブームとなりそうだ。
その先駆けとして、(森美術館にも行ったことないヒトももちろん、)是非足を運んでみてはいかがだろう。
慌しい生活、試験前のピリピリした感じを綺麗に払拭して、On-Offの切り替えを実践してくれるに違いない。


■Official HP URL of 国立新美術館(THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO)
http://www.nact.jp/



PS 併せてヒルズで映画を観てきた。【硫黄島からの手紙】。こんな事実を知らずに22年も気楽に生きてきた自分が恥ずかしくなり、苛立ちすら抱いた。月曜ということもあり、ヒトが少なくてよかった。
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-23 23:54 | @Japan

Action by 100%

【 100%のアクションでヒトは急速に成長できる 】
と友人が語ってくれた。

これを簡単にバスケで説明します。
春の関東大会予選の上位進出を目指し、練習に明け暮れる学院生。練習試合は定期的にあるものの公式戦の雰囲気は今春にならないと味わえない。つまり、日々の練習でどれだけ実践に近づけるかが大事になってくる。
単純な一つの練習を取り上げる。
バスケットマンなら誰もが苦にしていた「3-Men」。
だが、この練習を100%の集中力で行なえば、1ヵ月後には見違えるように上達している。
どうするか。
相手を想定して、catch-voiceのタイミング、Passの強さと方法、走るスピードを変える。常にgame-likeを心掛ける。これだけで全くの別人になれる。
もちろん相手の出方も何十も想像して、それに対処する。つまり自分の一つひとつのアクションへの動機付けを明確にしておくことが重要なのだ。ここで山なりのパスを出したのは、味方が敵と併走していたから。パスが遅れたのは、相手をドリブルでかわしていたから。といった具合だ。


これを日常生活、特に今後の社会でどう生かすか。
興味ある人はオレに聞いてください。
こっそり教えます。
だいぶ↑の例えでヒント/ポイントは出てるけどね。

なるほどねぇ~、とオレが友人に対して抱いた感情をそのままあげます。
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-19 00:51 | @Japan

初めてが2つ。

今日は人生初を2つもやってしまった。2つともくだらないことなので悪しからずw

一つ目。
原宿の大好きな美容室へ今年初Cut!
というわけでこれは余り深入りはせず、とにかく会って確かめてください。
オレにとっては人生最初で最後なんですw
来春には働き出すってことがヒントかな。

二つ目。
美容室へ行った後、初めて「古着屋本舗」でお買い物。
結構自分では満足の行く、3点購入だったが、
お値段はわずか5000円。
気に入りました。
でも、お店の雰囲気は久々に行ったhanjiroの方が好きかな。


そんな感じの月曜日でした。
ついでに今日が初仕事(バイト)でした。サボリ過ぎだね・・・。


ps Prison Breakは#7まで借りてきました。楽しみです。
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-16 00:42 | @Japan

生きたい

今日のこの瞬間までの24時間で感情の起伏が激しい。情緒不安定というわけでも、欲求不満というわけでは決してない。ただ、自分の感情、思いを改めるその瞬間を迎える事が出来た。その変化の一部を書いていきたい。頭の中をそのまま表現するため、logicになっていないかもしれないので、ご了承下さい。文章力無くてすいません。

■Reincarnation=輪廻転生を考え直す■
女優・荻野目慶子さんが17年前に最愛の夫を自殺で無くし、その後に起きた身の回りの出来事を語っていた(日本テレビ・ジェネジャン「未成年の性と生」内)。ひと一人が命を落とすことは決して静かではない。警察は来るし、メディアも騒ぎ、お金の問題も出てきて情報・状況を処理出来なくなった。代償にパニック障害になってしまったことを告げ、自殺を何度も考えたが自分の死後、周りの皆に迷惑がかかると思い踏みとどまっている。オレはこの話を聞きながら思った。Reincarnationを信じるのをやめようか。人間が自分一人ならこの考えの方が明らかに楽であるが、現実はそうではないから考え直そうか。

そもそも輪廻転生とは、とお思いの方の為に自分なりの解釈をどうぞ。
まずヒトは生まれ変わる、これに始まる。人間は生前と死後の姿は今のとは全く異なり、記憶も当然無い。永眠直後に、別の場所と別の時代で目覚めるのだ。ヒトである前に、草木であったかもしれないし、犬や猫であったかもしれない。そしてヒトを終えた後、つまり人間の死後に、月や星に生まれ変わるかもしれないし、蝶や虫に生まれ変わるかもしれない。もちろん生前も死後もヒトある可能性だってあるし、21世紀なんて保証されていないので、戦国時代の日本に生まれ変わるかもしれないし、中世欧州の騎士として生まれ変わるかもしれない。先にも云った様に、騎士に生まれても、その前の姿の記憶が無いので、まさか自分が21世紀から来たなんて疑問に抱く間もない。

この理念の下、オレはいつ死んでもいい、まさにこの瞬間に命を落としてもいいとさえ思っていた。それは死んだら、次の瞬間に何かに生まれ変わっている為、幽霊となって自分の葬式や家族の成長を見届けることは無い、という浅はかな考えからだ。でも彼女の話を聞き、なぜ輪廻転生を信じていたのか自分に問いただしてみた。彼女も言っていたことだが、周りでヒトが死ぬという事を経験していないからであろう。祖母や監督が無くなる事を経験はしているものの、どこか今の自分と距離があって実感が沸いてこなかったのかもしれない。もっと身近なヒトを失った時に初めて、気付いたのでは遅い。

だから今日ここで改める、
【 死ぬのが怖いし、死にたくない、ただ生きたい 】
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-14 09:41 | @Japan

夢を実現する君へ

夢を掴んだ君へ、おめでとう
そんな大事なことを昨日知って、ごめんなさい
大学入学当初、誰もが現役じゃ難しいということは分かっていたはず、
でもそんな声や辛い勉強にも必死に耐えて、
今春オレらと共に社会に出ます
本当におめでとう

そして、
これから夢を目指す君へ、志は忘れないこと
ツラくなったら、周りの皆を上手く利用すること
彼らが背中をポンって押してくれます
肩の荷を軽く降ろしてくれます
一心不乱な姿は本当に素敵です

そして、
これから夢を探す君へ、固定観念は捨てること
セミナーとかOB訪問を重ねること
面接で沢山落ちること
長くてもわずか半年の就職活動で人生の20~30年を決めることは
何人たりとも出来ません、そのことを考慮すること
4月には夢を見つけられることを願っています

2007年も夢に満ち溢れています








昨日バスケ初めということで学院に行きました。
軽い酸欠になりながらも、昨年同様1 on 1で自主連を締めくくった。
今年もこの体育館にお世話になります。
今日はwhynotです。
みんなに会えるのが楽しみです♪

今、DVD「Prison Break」にはまっています。
みんなゼッタイ見るべき!
めちゃくちゃ面白い。今#3まで借りてみたんだけど、ハラ②&ドキ②です。
ぁっ!もう見た人は結末を言わないでね。
朝一ツタヤで借りてこようっと。
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-11 09:41 | @Japan

やっぱり動く方が好きだ。

年明け早速大学へ足を運んだ。
目的は2つ、
1) 政経事務所へ諸確認
2) Casual Meetingの日時打ち合わせ

とその前に話は昨夜の深夜まで戻って、
時計が24時を回り、着替えを始め、コンタクトを入れて準備完了。
今年2回目の10㌔ランニング云ってまいりました。
今回は調子がどうも良くなくって、走り始めてすぐに両足のアキレス腱付近に張りが出てきた。
アキレス腱は何の前触れもなく切れてしまうので、トレーニングの仕様がない。
現バスケ日本代表の佐古選手(アイシン・PG)は05年3月プレイオフで左足のアキレス腱を切断した。今まで何百万本も放ってきたジャンプシュートを打った、その着地で悲劇は起こった。
第一線で活躍する選手ですら簡単に切れてしまうアキレス腱。これを気にしながらのランニングになった。
床に就いたのが3時すぎ。

というわけで、起床から大学に着いたのが2時でしたw

政経の事務所へ行く前に、現在の単位を確認するために22号館で取得単位数をプリントアウトした。
年明け最初の授業の日だけあって、人が多い。レポートや卒論の提出日などが迫っているのか(←オレとは全くの無縁ですがw)プリンターにすら人が並んでいる始末・・・。
(早稲田はこれが腐ってるね。何で毎回シャットダウンするんだよ、ログアウトでいいじゃないか。)
といった思いを抱きながら、事務所へ。

2人のスタッフと確認して、後期一切テストを受けることなく卒業できることが確定。
よしよし♪


んで22号館CIEへ。
今年もやります、次期留学生の為のCasual Meeting。
日時 2/1(Thur)1:00pm~4:30pm
会場 22号館8F会議室
参加者 TNP派遣学生

去年も帰国直後に行い、就活の合間を縫って学生と話した。
自分たちがした経験やシステムを、
これから留学を控える学生に対して話すことが
とても大切だと思っていた。
実際、オレらが留学した時に先輩が同じような機会を設けてくれればそれなりの準備も出来たのに、という思いもあった。
ただ、
留学というのは、現地でのアクシデントや新天地での生活全てが留学なんだ
と云う人もいるかもしれない。
確かにそうだ。自分で切り開く力を培う最高の機会だとは思う。
でもオレは経験を話すことで、道を切り開く手助けになればという一心のみで動いている。

と語ってみたんですが、
極論は最高の留学にして欲しいただそれだけです。

Casual Meetingの日程も決まったし、今日は清々しいです☆

やっぱり自分から思って行動するのはいいもんだね。
動機付けが人一倍しっかりした行動となるから。
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-09 09:40 | @Japan

I'm back to home.

1週間ぶりの東京駅のホームに立った。晴天からの日射しを受け、大阪よりも少し温かいと感じていた。

とても長い7日間だった気がする。

いろいろなことが起こり過ぎて頭の中で整理できませんw


だからこれからの予定をざぁ~っと書きます。
・とりあえず、東京のSaleに行く
・会社の健康診断
・CIEへMeeting開催の申請に行きます
・バスケをします
・そのために深夜ランニングを再開します
・勉強します、英語や経済など色々ですw
・バイトをします
・人に会って会話します(先日云った様にね)

またやりたいことが浮かんできたら随時書きますw



最高に素敵な2007年最初の1週間を送れたことは事実なので、これに勝るよう今後も絶えず努力していきまぁ~す♪
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-08 09:39 | @Japan

いきなり反省。

2007年もはやり【 聞く耳 】を持たなければならない。
人と会うのも、人と話すのも好きなのに会話の内容にすごく気を遣ってしまう。

内容を簡単に言い換えようとすると、逆に話が難しくなってしまう。完全に国語力の欠如ですね・・・。
本読みます、はい・・・↓

次に、
ふと気が付くと、
(あれ!オレが一方的に話してる?)
って状態になることがあり、瞬時に修正しようと聞き手に回るも、一気に黙りこくってしまう。かえって逆効果だったりする。
ダメですね・・・。


きっとすぐに修正できない欠点なんだと思う。
克服するためには、やっぱり会話を続けるしかないんです。
みなさん御協力くださいな!
[PR]

  by tkpsu | 2007-01-05 22:21 | @Japan

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE