カテゴリ:@Japan( 88 )

 

成長できない自分。

普段表現しないNeagtiveな自分を見たいと思う。

最近成長が止まってしまっていると感じる。別に大好きなバスケや大好きな仲間たちと何時も通りの生活をして、その瞬間、その場では満足している。疲れたカラダを癒すように、帰宅後シャワーを浴びてすやすやと寝る。そして次の朝を迎える。

でも、何か足りない気がする。このままでは去年の自分に負けてしまう。去年は留学と初期の就活があり、今まで経験したことがないような内容の濃い日々が続いていた。

そこで去年の自分に勝つためにこれからしなければいけないことを記したい。

1)アンテナを張り巡らしていない。
全てを当たり前と思ってしまっている。伝えたいニュアンスが難しいのだが、新しいことが起きないということ。新しいことをしようとする行動力に欠けているため、同じような日々が続くのも理解できる。だからこれを改めたい。
では具体的に何をしようか。(ここで重要なのは、定めた目標に時間を設定することだ)
・新聞を毎日最低30分読む。
→最近、日経新聞がたまっている。吸収すべき情報が盛り沢山なのに、自ら取りこぼしている。この非効率を解消したい。
・映画を見に行く、月に3本以上!
→映画を観終わって、何を思い、感じ、これからどう活かしていきたいかという状態を久しく味わっていない。
・買い物に行く、月に3日以上!
→てくてく歩いて、感じるままに時を過ごしたい。今までとは違う風景に何を感じることが出来るのか。

2)話を聞く力が足りない。
友人と会話をするが、どこか話し手に回ってしまっている自分がいる。こんなことに最近気付いた。最初に弁解しておくと、自分の思いを伝えることが、その人(ここでは聞き手)の役に立つと思っての行動である。だから自分ではそれを良い行為だと位置づけている。しかし、これが本当にベストなのかは疑問符がつく。来春の新生活を考慮すると、これではいけない。おそらく、社会では聞き手に回り、自分なりの見解や提案を求められる。つまり聞く能力を身につけることが最低条件である。
この実現のために、全てに対して貪欲に「疑問」を抱こうと思う。そしてその事柄について出来る限りの質問をし、会話を成立させる努力をしよう。


これらの成果を数ヵ月後にまた書きます(覚えていたらw)。


こんな思いを胸に明日から励もうと思う!
[PR]

  by tkpsu | 2006-07-22 08:32 | @Japan

やっぱり聖地。

c0073161_8321994.jpg

c0073161_8324422.jpg

その昔、The Beatlesが初めてライヴしたのが幕切れとなった武道館ライブ。アーティスト全ての目指すべき聖地だろう。そんな地に今日足を踏み入れた一昨年のグラミー賞受賞者COLDPLAY。パフォーマンスはやはりイングランド仕込み。会場が一体となっていて、鳥肌が幾度も立った。

ARTはやはりすごい。そして何より4人が全員仲良さそうなのが観客としても微笑ましかった。好きなことを好きなメンバーで出来る悦び。

映像で楽しんだライヴでもあり、新たな楽しみ方を学んだ。



そしてこれから開発経済学という面倒な教科を学ばなければならない。。。

Fxxk!
[PR]

  by tkpsu | 2006-07-19 08:31 | @Japan

実は、

買ったんです、昨日。
サマー・スーツを取りに新宿へ行ったついでに、GERの#20を。
ついにドイツ代表Debutですw

JPNとGERのユニフォームを比べて気付いたことは、JPNの方が厚手・・・。つまり暑いんです。同じadidas製なのにこれほど差があるとは・・・。初戦の豪州戦を振り返るとあの灼熱の太陽下での試合だった。選手たちは心なしかユニフォームを意識していたんぢゃないかなぁ。

と、まぁ強引な思い込みで評価してみたw


さてさてバスケ疲れで月9を見て、この後勉強できるのだろうか。
[PR]

  by tkpsu | 2006-07-17 08:30 | @Japan

【 whynot cafe 】という構想。

今日中野のカフェに入った。駅から歩いて数分に位置するお洒落な空間だった。

ほわいのには、
店名をデザインする人もいれば、
ネットで宣伝できる人もいる。
デベロッパーの卵もいれば、
保険を扱っている人もいる。
資金調達で力になりそうな銀行や証券会社で働く人がいる。
料理するのが好きな人もいれば、
頭のでかいバーテンダーもいる。
そして何よりお洒落なみんながいる。

ふと、思った。
「これ夢ぢゃないよ、きっと。目標だよ!」って。
こんな目標へ時間の制限を付け加えて実現させてみたい。
目標は、30歳までに!
というのを一つの区切りと考えてみよう。
立地、建築、店内デザイン、メニュー作り、食器、椅子、テーブル、ソファ。
描くだけで何パターンも出てくる。

この目標には続きがあって、将来のほわいのの力も必要になる。
カフェで働くアルバイトをほわいので構成する。
このカフェにはほわいのに関わる人しかいなくなる。
なんて素敵なんだって今日思い描いた。
[PR]

  by tkpsu | 2006-07-16 08:29 | @Japan

ついにスタメン!

オレが今週の長くて暗いトンネルをようやく通り抜けた矢先に、海の向こうではついにあの男がスタメンを奪っていた。

その前の試合で、41分のプレイで、16P、7A、2Sという大当たり。
今年のサマーリーグは昨季の西の王者・マブスである。このチームはSLを2箇所で行なっており、田臥はロングビーチ(CA)にいる(←他のチームより2倍競争が厳しいと思う・・・)。

とにかく頑張って下さい。オレらの憧れなんですから。

今日の成績は、何故かFでスタメン。15分のプレイで、2P、6A、2Sでした。

SPL Official Scoreより
box score
[PR]

  by tkpsu | 2006-07-14 08:27 | @Japan

4男

いつの日かこう呼ばれる人たちが卒業していき、今では自分たちがこの称号を手に入れた。まだ言い慣れないのが正直なところだ。1年生にしてみれば、4年生は遠い存在だった。考えても見て欲しい。高校の部活に初めて入り、インターハイ予選に臨む3年生を見ている新入生。もちろん3年生との会話は雲の上の存在。高校の部活と大学のサークルとでは位置づけや経験が異なるが、「雲」には違いないと思う。

そんな雲になれたオレらは、昨夜の練習後に5人だけでサイゼリヤへ。空気が落ち着く。4年目となるこの組み合わせだと、周りからすれば異様な空気なのかもしれん。でも好きだ、この雰囲気。サークルが大きくなり始め、4年生の足もまばらになってきた。そんな中だからこそ、異彩を放っている。

「やったもん勝ち」
先日まで教育実習をしに実家に帰っていた雲の一人がそうつぶやいた。オレも改めで実感した瞬間だった。雲は誰に何を言われようがその場から立ち去ろうとしない。その日の気温、湿度、風速などに応じて雲の移動は決まる。
自由である雲、だが時として雨を降らす雲になるかもしれない。誰も近づかない雲でもオレたちはその一部として役割を全うする。

それでも写真に収めてもらえるような雲でありたいなぁ。
[PR]

  by tkpsu | 2006-06-07 11:37 | @Japan

見えない部分の素晴らしさ

昨夜のカンブリヤ宮殿(テレ東系)は元・体育教師の原田氏を招いての熱弁であった。
中学の陸上部を日本一にするという無理な目標をわずか3年間で実現できたのは、「目標シート」があったからだ。そこには、最高の目標、中間の目標、今できる目標を記す。一日一日達成できる会談を自ら設定し、その手段も考えさせる。少し会談を踏み外したら、修正したり、別の会談を案内する。

このシートの最大の特徴は、「家庭」という欄があること。学校で陸上の練習をするほか、家でも家事、選択、掃除等を率先して手伝うことを意識させているのだ。当然、コーチにしてみれば見えない部分である。これがいかに大事かは、やってみた者にしかわからない。


寡黙である事は私の美学である。


こう胸を張って言える時分が来るのだろうか。
[PR]

  by tkpsu | 2006-06-06 11:19 | @Japan

毎日バスケのことを考えている

この時期、身近な学院ではインターハイの予選、ほわいのでは普段の練習と尾瀬、B-Sqでは練習と駒沢、そして海の向こうではNBAのPlayoffsから目が離せないくなっている。
普段のオレの1日は、NBAの結果のチェックから始まる。
んで、学院行くなら学院でバスケ。ほわいのならほわいの。B-SqならB-Sqでバスケをする。
心身ともに疲れ切った状態で帰宅し、シャワー&洗濯を済ませ寝るような流れだ。
もしバスケがないなら、中野坂上でのバイトを入れるだろう。
今確実に言えることは、オレの生活はバスケを中心にして回っているってこと。

でも、これは今年1年間、大学4年生の1年間、大学生活最後の1年間限定の条件である。
今年っきりなんだから、そんな生活リズムでもご勘弁をw
今すっごく楽しいんです、充実しているんです。

今日も学院の練習後に2年生のガードの奴と2時間半1on1をし続けた。
本当に楽しい。
お腹も空いてきて、疲れもするが何よりも、リングがする底にあることが嬉しい。
警備員さんに再三帰宅を促す警告を受けた。オレが現役の頃にも経験した光景だった。走馬灯のように蘇った瞬間だった。

来年のことをふと考えてしまう。
オレはどれだけリングに囲まれた時間を過ごすことができるのだろうか。
本当なら毎日でもリムを観ていたい。
どうなる2007年。
[PR]

  by tkpsu | 2006-05-26 00:12 | @Japan

土曜の出来事

さて、学院の練習を早めに切り上げ、大手町へ向かった。
父が会社の表彰式で大阪から上京してきていた。そして就職祝いを兼ねた食事を一緒にしようというのが、今回のもう一つの目的でもある。

社会の大先輩である父へ質問をする機会はこれを逃すとそう訪れない。父が何を考え、新入社員の最初の数年間を過ごしたのか知りたかった。
父が伝えたキーワードは、「親しさと強さ」
新しい社会・環境での人間関係を上手く保つために「聞く」ことが求められ、同期から頭一つ抜けるために「主張する」ことを心掛けた、という。
「恵まれた上司とその選び方」
オレ自身も面接中にしきりに云っていたこと。常に刺激ある環境、憧れる上司が身近にいる環境を求めたい。オレの考えや意見、夢を真剣に受け止めてくれる上司かどうか判断しなえればならない、と父は口をはさむ。

父が最も気にしていたのは、オレが「超・ラッキーボーイ」だったこと。社会で必ず挫折する時が訪れるだろう。その時に乗り越えられるか。
確かにこれまでそれほど山場を経験した覚えはない。挫折と直面することなく今に至っている。これではいけないとは思っている。だから、自分に敢えて厳しい環境・課題を与えてきたつもりだ。
父に言わせると、まさにそれが危険だという。
細心の注意を払って行こうと思うが、当然「萎縮」してしまうのが一番怖い。というか、情けない。
だから、注意しながら発揮できる「勇気」を身につけたい。

時間にして、およそ1時間ちょっとだったろう。それでも、限られた時間の中でとても充実した瞬間を過ごせたと思う。そして、この日の食事を終えて改めて思ったことは、
・やっぱりアメリカ留学を目指すこと
・早く働きたいこと=優れた環境を早く味わいたい
・自分らしく居続けること


最近、父が大きく見える。
オレが小さい頃には抱かなかった感想だ。
[PR]

  by tkpsu | 2006-05-20 20:48 | @Japan

六本木→表参道→代官山

ここ3日間で主要ショッピング・スポットを巡った。
アンテナすんごい張り巡らせていた。
歩くの楽しい、人見るの楽しい、ショップ見つけるの楽しい、店員さんと会話するの楽しい。そんな一時が何よりも楽しい。
やっぱ、買い物はいい。
昨日、代官山でパンツをゲット。これをまさに衝動買いと云うのだろう。新宿へ戻り、タワレコでレミオロメンのNewアルバム「HORIZON」をたまたまゲット。なんかこの日は全てが順調でした。
その後、留学仲間と新宿のcocolo cafeへ。中は、入り口が小さいものの奥まである広い造り。雰囲気も、朝明も料理も満足でした。ただここの住所が新宿2丁目なんですけどねw。

そして、最近のもう一つのマイブームは【 カフェ探し 】。
発見したのは、
テレ朝のそばに一つ=Cafe Frangipani、
渋谷に3つ=Cafe High Rollers, qwalunca cafe, attic room、
表参道に3つ=Lotus Cafe, Cafe Madu, Ducafe。
(おまけとして新宿に2つ=cocolo cafe, Cafe Hoegaarden)
これらの幾つかには行ってみたが、どれもイイ感じ。それでも行ってないのもあるから、今度入ってみようと思う。
場所など知りたい人はお声を!一緒に行ってもイイ人もねw

今日のB-Sqの練習で「4 out」の動きを教えた。やってみて分かったが、これ使えます。すごく実戦向きであることを確信した。学院生よ、自信を持ちなさい。
[PR]

  by tkpsu | 2006-05-18 20:47 | @Japan

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE